2017年2月4日(土) 祈り祈られる

2017/02/04
聖光教会 夕の礼拝お話
マルコによる福音書9章17節〜33節

祈り祈られる。
教会にいますと、言葉の端々に「お祈りしています」という言葉を耳にします。
「お祈りしています」というのは、何をお祈りしているのでしょうか。

病のうちにある方には「良くなる様にお祈りしております。」でしょうか。
困っている人には「困りごとがなくなります様に」でしょうか。

「イエス・キリストの御名を通してお祈りをお献げします。」と神様にお祈りをお献げしています。
日本の文化風習の中で生活していますと、私自身も仏教徒の家庭で育ち、親戚関係には神道もいますので、物心ついたときからごくごく普通に神社に願い事を叶えるお願いをし、お寺に行ってお墓参りでは先祖供養とともに、先祖のご加護があるようにとお経を唱える習慣が身についています。

いずれにしても、願い事を聞き入れてくれる様にお願いすることが求められていた様に感じます。
先日、Facebookの知り合いが面白い投稿をしていました。
「神社でお参りするときに、自分の住所をつぶやくって話を聞きました。」とのことで、とても疑問に感じられてのことです。
住所そのものは行政の都合で変わってしまうものですから、その都度神様への報告はどうするのか。や、神様に対する礼儀の様なもので、どこどこの誰それが来ましたと参拝するんじゃないか。とか。

似た様な話があり、「初詣の御賽銭は、「五円だと御縁がある」「十円は遠縁に通じる」などの俗説があるが、ある神職が「神様は、日本の貨幣制度が円になるずっと前から人々を救ってらっしゃいますので、関係ありません」と答えていたのが最高にクールだった。」
という話しです。

住所の話しにしても、お賽銭の話しにしても、その中心に「私」というのがある様に感じます。
私の行いに対して、神様が応答するという関係です。

私たちの行いに対して神様が期待通りに応えてくるのであれば、こんなに御利益(ごりやく)があって、役に立つ神様は自分にとってとても有益です。そして、その延長には、自己利益のみならず、他者の不利益も願う様になっていってしまうのも良くわかります。
そして、信仰とは全く離れて行ってしまい、憎しみや争いというのが起きてきてしまいます。

では、私たちは何をどのように祈れば良いのでしょうか。
同じ質問が聖書に書かれており、弟子たちがイエスに聞くことによって、イエスは、今、私たちが唱えている主の祈りにあたるものを教えてくださいました。

主の祈りに於いても、また、他の祈りに於いても共通しているのは「私の願いを聞き入れてください」ではなく、「御心に適うように」と、神様と私の関係において「神様から与えられている愛を感じ、受け取り、応答する私たち」というのが求められています。
今読みましたマルコによる福音書9章23節でも「できれば」と言うか。とイエスに指摘されております。

「神様の存在を受け入れ、信じ、その愛を受け入れる」さらには「イエス・キリスト」を信じるといういくつもの信じることがあり、日本の文化風習の中で生きていると、とても信じがたい事柄が多く現れてきます。

信仰をもつということは、今、ない状態からすると、自分にとって「なにかひとつのものが増える」ということかも知れません。人によっては負担がひとつ増える、毎週教会に関わっている、もしくはそれ以上に教会に関わっている人にとっては、ひとつどころが、いくつもの負担が増えてしまうのかも知れません。

それは教会という目に見える建物や組織の問題であり、信仰の問題ではないのです。
信仰というのは私たち一人ひとりを豊かにし、自由にするものです。

そこには、神様の愛によってこの世に生き、そして生かされております。
祈りによることによって、私たちはその信仰の道を歩んでおります。

そこに初めて「お祈りしております」という言葉の意味が見えてきます。
私たちが他者のことを思い、神様に心を向けて祈るとき、
信仰にたち、御心を信じることによって、いまの状況が見えてくるのかも知れません。

一人でも多くの人々に想いを寄せ、神様に心を向けて祈ってまいりたいと思います。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

2017年1月28日(土) 紫布のリディア

2017/01/28
聖光教会 夕の礼拝お話

マルコによる福音書7章1節〜23節

「外から人の体に入るものは、人を汚すことが出来ないことが分からないのか。」とイエスは群衆に言われました。ユダヤ教の食物規定では、汚れたものを食してはいけないという決まりがありました。
汚れたものを食すると言うことは、食した人自身が汚れてしまうと言う教えです。「それは人の心に入るのではなく、腹の中に入り、そして外に出される」と。
ユダヤ教の食物規定を批判しています。

そして、「人から出て来るものこそ、人を汚す。中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。」とイエスは言われます。

食物規定の批判ですが、それとともに、人を汚すものは「人から出てくるのだ」と言われました。

「胸に手を当てて思い返しましょう」という表現がございます。
胸に手を当ててみても思い返すと言うことは、早々沢山あるとも思えません。
何かの拍子に思い出すことの方が多いのではないでしょうか。

私たちは人から出てくる「行動や仕草、会話や表情」でその心模様を相手に表しているのだと思います。
そして、残念なことに、悪い思いや到らない思いというのも「行動や仕草、会話や表情」で相手に伝わってしまいます。

悪い思いや到らない思いの時こそ、不用意に相手に伝わってしまうものです。

私が最初に洗礼の名親となり教父となったのが、22歳ぐらいだったと思います。
高校生の女性でした。彼女は同級生たち何名かと教会に通っていて、洗礼を受けることに決められたのです。
洗礼を受けるにあたり、教父母が必要と知り、私と教会生活が長いご婦人の2名で名親を引き受けました。

洗礼名は彼女自らが見つけ、探してきた「リディア」です。使徒言行録に登場する「紫布の商いをする女性」です。彼女がどのような理由でこの名前をつけたかは存じ上げませんが、聖書には1カ所のみに出てくる女性です。彼女は洗礼をうけたのち、しばらく教会に通っていましたが、じきに足が遠のいていきました。

そのころ、彼女の同級生たちや教会の青年たちは多くいて、毎週教会が賑やかだったことを思い出します。
その同級生の一人の方に、あるとき私の仕草が気になると言われました。何かなと聞いてみますと、「右手で胸をトントンと叩いているけど、なにか胸が苦しかったり、気になることがあるの?」と。
最初、言われていることが分からず、「なにそれ、分からないけど」と答えたのですが、しばらくして「ほらそれ」と言われ、「胸を打つ仕草」をしていました。

ちょうど、十字を切る習慣が身につき始めた頃で、十字を切る最後に、胸を数回叩くという仕草が癖になっていたのです。当時は、礼拝奉仕でお香を振っていましたので、お香を振る回数とほぼ同じ、2回を一組にして、3回ほど胸を叩いていました。

そのくせが、手慰みとともに、普段でもトントンと胸を叩いていたようです。
自分でも驚くと共に、トントンと叩くたびに「またやってる」とからかわれながら「いやいや、祈ってるんだよ」と、楽しい時を過ごしていました。

たしかに、毎週礼拝奉仕をして、十字を切り、その習慣が変なクセとして胸をトントンと叩いているというのは、ある見方をすれば、まじめなクリスチャンに映っていたのかも知れません。

しかし、バブルがはじけたとは言え、まだまだ青年層にはその実感がなく、比較的余裕を持って遊んでいた時期ですし、楽しいことに夢中になっている時期ですから、軽はずみな行動や言動というのも多々あります。
のちになって知ったのですが、リディアの洗礼名をいただいた彼女は、洗礼を受けることによって、新しい自分に生まれ変わるのだと信じていたようです。それ自体はその通りなのですが、もっと神秘的な、劇的な、実感を伴って自分が変わるのだと考えていたようです。
しかし、大人になって洗礼を受けた方ならご存じのとおり、洗礼そのもので、なにか実感を伴って自ら変化すると言うことは、とても少ないかと思います。

彼女は、大いに失望してしまったのです。そのようなことだというのは、当時は私も、もう一人のご婦人も全く知りませんでした。
そして、とどめを刺されるのですが、名親である私の言動が「とてもクリスチャンとして尊敬できない」という思いを抱いていたというのです。
教会を離れて随分たってから、当時の同級生からお伺いしたのです。

しかし、その同級生も、私の言動の「何が」というのはわからないと言うのです。直接なにか傷つけたり、拒絶したりということではなく、その私の行動や仕草が、彼女の思っていたキリスト者と重ならなかったのだと思います。

洗礼にいたるまでの彼女の心模様はよく知りません。また、洗礼によって人生が全く変わってしまうと思われていたということも、キリスト者が品行方正なひとだということも、どのような関係の中で考えてしまったのかも分かりません。もちろん、当時の洗礼準備がどのようなものだったのかも気になります。
しかし、だとしても、その原因のひとつに私の存在があるのです。

時は既に遅く、教会から離れて行ってしまいました。

この出来事は、彼女の洗礼から気づきまでずいぶん長い年月がありました。
その間も、十字を切るときに胸を叩くクセは相変わらずで、時に「聖職の懺悔じゃないんだから」と言われることもありましたが、十字を切るときに胸を叩く仕草は、無くなることはありませんでした。
リディアと出会い、結果的に傷つけ、離れて行ってしまった出来事は、私にとっての十字架のひとつです。

「人から出て来るものこそ、人を汚す。中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。」
意図して悪い思いを出すだけではなく、自らが自らによって汚れて行ってしまうこともあるのです。

普段に於いても、また礼拝に於いても、十字を切るときに胸を叩いています。
胸を叩くたびに、リディアを思い、私から出る言葉、私から出る行い、それが御心に適っているのだろうかと自問自答しています。

キリスト者として、御心に耳をすませて歩んでいきたいと思います。

 

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

戦って生きた「雨宮まみ」に誓う。

2016年11月26日 聖光教会 夕の礼拝 お話し

今読まれました、フィリピの信徒への手紙2章の小見出しには、キリストを模範とせよと書かれております。

3節以下に、
「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。」
と記されており、このような関係性のなかで、生きることが出来るようになれば、多くの人が救われるのではないかと思います。

「戦って生きる」

この場合の戦いとは、闘争や闘病などの闘うではなく「いくさ」と書く戦いです。

11月15日に作家「雨宮まみ」という女性がこの世を去りました。彼女はこの9月に40歳になったばかりでした。
彼女とは、2年以上にわたりテレビ番組の演者さんとスタッフという関係で、同じ時間を過ごしておりました。お友達になる訳でもなく、特に知り合いになる訳でもなく、時たま挨拶をして、少し会話をする程度であり、私の事はスタッフの一人にしか過ぎなかったと思います。

彼女の死生観というのが、私とほぼ共通しており、とても驚くと共に、どうして、あの時にちゃんと声を掛けて、せめて知り合いにでもなっておかなかったのだろうかという後悔をしております。

彼女は「生きる」ということに意味がないということをいつも思っていたのだと思います。
仕方なく生きている、自ら命を絶つことも出来ず、かといって家族が居るわけでもなく、自分のために生きている、じゃぁ、その自分とは生きる価値があるのだろうか。今、この世から去っても、だれも何も困ることはないじゃないか。と。

自分の人生の先のことなど、想像すら出来ないともいっています。長生き願望も全くありません。
私も同じです。私自身の死への恐怖というのが全く実感としてないのです。

そのような彼女が実は多くの女性達に勇気と希望を与えていたのですから、このような死生観も大切にしないといけないかなと思っております。

一緒に作っていたテレビ番組は「女性を解放する」というコンセプトの番組でした。
この社会にあって、男性からみた女性像を生きていかないと生きていけない様な雰囲気の中、取り立ててモテるわけでもなく、ちやほやされるわけでもなく、さらには女性集団の中でもヒエラルキーの下の方に位置づけられ、それでもかたち作られた女性像を求められるうちに「女子をこじらせて」しまった彼女自身が、雨宮まみ、ひいては「彼女自身そのまま」で意見を言い、話す事が出来、それを電波に乗せて社会に送り出すことが出来ることを、とても楽しんでいらっしゃいました。

この「女子をこじらせて」は2011年にWEB連載記事から書籍化されましたが、彼女の言葉、メッセージに、とても多くの女性達が共感し、励まされ、生きる希望を受け取っていました。

それだけ、社会的女性像というものが大きくのしかかり、自分を生きることよりも先に「女性」を生きることが求められているのだと思うと、いまもこの社会の中で苦しみ、悩んでいる方々にとって、彼女がこの世を去ってしまったことの大きさは、とても言葉では言い表せません。

決して小さくされているわけでもなく、虐げられているわけでもないのにもかかわらず、社会的女性性を知らないうちに提示され、それに生きようとして、こじらせてしまう。彼女はこの様な状況を受け容れることから始まり、それが言葉になりメッセージになったときに、彼女の言葉に多くの女性達が共感し勇気づけられました。

しかし、彼女は、この世から去ってしまいました。

同じような死生観をもち、同じように戦って生きていたのにもかかわらず、こちらは今生きていて、一方は40歳という彼女にとっての大きなターニングポイントで死を迎える。

私自身は、この戦いの生き方から戦線離脱をしました。

いくら戦っても戦っても、この世界を相手に勝つことが出来ない現実にぶつかり、さらに戦おうとするのですが、そのエネルギーが尽きてしまったのです。
死を迎えるしかありません。

たまたま、私には、家族がおり、キリスト教の信仰者でもあったために、エネルギーがなくなってしまったときに、それを受け容れてくれる環境というのがあったのだと思います。
これが、一人暮らしで家族が居るわけでもなく、戦うにもエネルギーが尽きてしまったら、選択の余地というのはなくなってしまうのだと思います。

そこには、何も無い世界だけが漠然と目の前に広がっているだけですから。

キリストの信仰者であっても、多くの方がたが、命を絶っていますので、決して「信仰が支えになるからキリストを信じなさい」という言い方はあたっているとは思いませんが、最後の支え、砦とでもいうのでしょうか、雨宮まみのように戦って生きてきた者にとっては、戦線ですでに大きなダメージを受けており、離脱したらすべての人生が否定されるような状況に陥りますので、信仰というものの大切さをあらためて感じております。

それは、私という一人の人間が、神との関係の中でのみ築くことの出来る関係だと思われます。

そして、その受け皿として、今日の聖書に書かれているように「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。」ということを実践している教会があり、そのように生きていることを実感し、このような生き方があるんだ、ということを多くの人にちゃんと伝わっていれば、戦線離脱したときに「おかえり」と迎えることが出来るのではないでしょうか。

このような生き方を疲れた人にさせるのではなく、受け容れる器としての私たちが、キリストに生きているのかということです。

私自身も、もう少し彼女に声を掛けることは出来なかったのだろうかと、後悔しています。
「イエス・キリストが主である」と公に宣べることを躊躇したのではないかとも思います。

キリストに倣い、キリストに生き、キリストを伝える者として、丁寧に歩んでいきたいと思います。

 

2016/11/26
聖光教会 夕の礼拝

Facebook にシェア
[`evernote` not found]