2016年9月25日 日曜学校 お話し

「2016年9月25日 日曜学校 お話し」

マタイによる福音書7章1節から

人を裁くな。裁くと言う言葉が出てきましたが、少し難しいですね。
裁くとは、正しいか正しくないかを人に対して行う事です。

例えば、あの人はあんなことをしている、あれダメなことななんだ、言ってやろう とか
この人はこんな悪いことをしている、ねぇねぇ、あの人、こんな悪いことをしているんだよ。とか

中には、本当に悪いことをしていることもあると思います。
でも、それ以上に、私たちが、かってに人のことを決めつけてしまうことが沢山あるんじゃないでしょうか。

その一つに、人のうわさ話をするというのがあります。
うわさ話は、今ここにいない人の話を、勝手な思い込みで、あることないことを話す事です。

ねぇねぇ、○○さんってさ、このあいだこんなことを言っていたらしいよ。
そうそう、それって、やだよねぇ、サイテーとか。

あいつのこういう所、嫌なんだよなぁ、そう思わない?
次からもう話すのやめようよ

数え上げたら切りがありません。
悪口を言ったり、笑いものにしたり。

そして、相手のことを「あの人はこういう人なんだ」と決めつけてしまうんです。

イエス様は「人を裁くな」とおっしゃっています。
それは、「あなた方も裁かれないためです」と言われています。

いま、だれかとうわさ話をして、だれかの悪口を言っていたとしましょう、もしかすると、すこし愉快な気持ちになるかも知れません。
しかし、自分がその場から離れたら、その人は、他のだれかと、私の悪口を言っているかも知れません。

人のことを思うとき、人には良いところが沢山あります。
一人ひとりがそれぞれ違う、良いところがあります。
悪いところを見つけることよりも、良いところを見つけて、お互いに認め合うことが出来れば、イエス様の話された「人を裁くな」というお約束が守れると思います。

イエス様とのお約束を心にとめて、礼拝を続けましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.