ママチャリがパワーアップ

 妻が使っているママチャリのタイヤが、ひび割れてきた。

 購入してから7年がすぎ、屋外で雨ざらしなので、当然といえば当然。

 前後に子どもを乗せ、前かごに荷物を積み、移動する。

 酷使しているのだから、ひび割れも起こる。

 最近、自転車熱に犯されている私は、タイヤの交換を行うことにした。

 まずは、タイヤを選択することから難儀なことになった。

 手っ取り早くホームセンターで同じ規格のものを安く買ってくれば何のことは無いのだが、

 上記のように、酷使されている使用状況と、自転車熱のため、ノーブランドの安物では納得がいかない。

 出来るだけ丈夫でしっかりしたもの、その上見た目も多少は気になる。

 WEBで探すと、規格がよくわからない。

 レーサータイプのタイヤ、マウンテンバイクのタイヤ、どれも似たような規格だが、どうも合わないらしい。タイヤサイズだけが同じでも、だめとのこと。

 いろいろと調べると、ブランドもので、そこそこ素敵で、ママチャリ用というのはそもそも存在があまり無いことが判る。

 ブリジストンか、パナレーサーの実用タイヤを購入して無難に交換するのが筋のようだ。

 が、自転車熱に犯されていると、思わぬところで見つかるものだ。

 どうも、少し昔の規格のタイヤが合うらしいことが判明。

 ランドナーといわれる小旅行用自転車に使われていた、少し太めの頑丈なタイヤが使えるらしい。

 早い話、ロードマンタイプのタイヤである。

 ランドナーとは、自転車の前、後ろ、サイドに荷物をごっそり積んで、旅行するタイプの自転車。

 すでに絶滅種となっていて、今時はマウンテンバイクにその座を奪われている。

 そのような自転車用のタイヤは、前後に子どもを乗せて、かごに荷物を載せるママチャリにぴったりではないか。

 元のタイヤより少し太くなり、しっかりした印象がある。

 色も黒一色から、アメクロと呼ばれるアメ色のラインが入ったものになる。

 緑の車体に、アメクロの太いタイヤ、このママチャリで旅行に行けそうな気になってくる。

 サドルは、セライタリアのGEL入りタイプなので乗り心地はとても良い。

 

 ママチャリにしてはいい感じに仕上がった。自己満足。

 うちの妻は、前後に子どもを乗せ、荷物を積み戸越銀座を颯爽と駆け抜けるのだろうか。

 それとも、前後に荷物を載せ、子ども旦那を置いて、ママチャリで家出をするかもしれない。

 この自転車なら、家出も不可能ではない。

 交換したタイヤ、「コル・デ・ラヴィ」と名前が付いており、

 キャッチフレーズは「忘れられない道がある。」

 パンフレットには、「自己実現への旅。良き相棒としての自転車」と書かれている。

 「忘れられない商店街がある、戸越銀座への旅、良き相棒は前後に乗せた子ども達。」

 妻よ、ママチャリだから、このくらいで妥協してくれ。

 

2 Responses

Write a Comment»
  1. うっしっし~!!

    夫がセッティングした自転車で家出・・・。ちょっと楽しそうじゃないですか!!

    甘いな、夫!

    キミの妻の母は、「奥沢の暴走おばさん」と呼ばれ、いつでもママチャリをかっ飛ばす人だよ。

    奥沢から、聖蹟桜ヶ丘まで自転車で行っちゃうんだから。

    妻は、手ぐすね引いて、家出のチャンスを狙っていますよ。ごようじん!

  2. うちの旦那の愛車はランドナー。

    かの昔、箱根までいったらしい。

    しかし、10年はほっぽらかし。

    なのに捨てられないらしい。

    昔は大切だからと室内に置いてあったらしいげっそり

    私にはさっぱりわからないよ、よさが。

    よっこはエライぴかぴか(新しい)

    凝り性な旦那を暖かく受け入れていて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です