Monthly Archives: 3月 2008

ママチャリがパワーアップ

 妻が使っているママチャリのタイヤが、ひび割れてきた。

 購入してから7年がすぎ、屋外で雨ざらしなので、当然といえば当然。

 前後に子どもを乗せ、前かごに荷物を積み、移動する。

 酷使しているのだから、ひび割れも起こる。

 最近、自転車熱に犯されている私は、タイヤの交換を行うことにした。

 まずは、タイヤを選択することから難儀なことになった。

 手っ取り早くホームセンターで同じ規格のものを安く買ってくれば何のことは無いのだが、

 上記のように、酷使されている使用状況と、自転車熱のため、ノーブランドの安物では納得がいかない。

 出来るだけ丈夫でしっかりしたもの、その上見た目も多少は気になる。

 WEBで探すと、規格がよくわからない。

 レーサータイプのタイヤ、マウンテンバイクのタイヤ、どれも似たような規格だが、どうも合わないらしい。タイヤサイズだけが同じでも、だめとのこと。

 いろいろと調べると、ブランドもので、そこそこ素敵で、ママチャリ用というのはそもそも存在があまり無いことが判る。

 ブリジストンか、パナレーサーの実用タイヤを購入して無難に交換するのが筋のようだ。

 が、自転車熱に犯されていると、思わぬところで見つかるものだ。

 どうも、少し昔の規格のタイヤが合うらしいことが判明。

 ランドナーといわれる小旅行用自転車に使われていた、少し太めの頑丈なタイヤが使えるらしい。

 早い話、ロードマンタイプのタイヤである。

 ランドナーとは、自転車の前、後ろ、サイドに荷物をごっそり積んで、旅行するタイプの自転車。

 すでに絶滅種となっていて、今時はマウンテンバイクにその座を奪われている。

 そのような自転車用のタイヤは、前後に子どもを乗せて、かごに荷物を載せるママチャリにぴったりではないか。

 元のタイヤより少し太くなり、しっかりした印象がある。

 色も黒一色から、アメクロと呼ばれるアメ色のラインが入ったものになる。

 緑の車体に、アメクロの太いタイヤ、このママチャリで旅行に行けそうな気になってくる。

 サドルは、セライタリアのGEL入りタイプなので乗り心地はとても良い。

 

 ママチャリにしてはいい感じに仕上がった。自己満足。

 うちの妻は、前後に子どもを乗せ、荷物を積み戸越銀座を颯爽と駆け抜けるのだろうか。

 それとも、前後に荷物を載せ、子ども旦那を置いて、ママチャリで家出をするかもしれない。

 この自転車なら、家出も不可能ではない。

 交換したタイヤ、「コル・デ・ラヴィ」と名前が付いており、

 キャッチフレーズは「忘れられない道がある。」

 パンフレットには、「自己実現への旅。良き相棒としての自転車」と書かれている。

 「忘れられない商店街がある、戸越銀座への旅、良き相棒は前後に乗せた子ども達。」

 妻よ、ママチャリだから、このくらいで妥協してくれ。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

青春は筋肉痛

 昨年から遅々として進んでいなかった、ロードマン(自転車)のレストア作業が、ようやく走れるようにまでなった。

 最大のネックは、ギヤレバーが入手できなかった事に尽きる。

 そのギヤレバーを、四国宇和島の自転車店で見つけ、(実際はインターネットだが、見つけるまで数ヶ月を要した)、やっと入手、本日午後、整備をした。

 ハンドルを取り付け、ブレーキを取り付け、ギヤレバーを取り付け、

 泥よけを取り付け、ブレーキワイヤーを張り、ギヤワイヤーを張り、チェーンを取り付ける。

 すべてが初めてのこと、調整方法も解らず、端から順番に調整をする。

 仮組が終わったところで、とりあえず試乗。

 「おおおぉ~」と思わず声を上げ、家にいた妻を、路上から大きな声で呼びだした。

 ちゃんとギヤーは変速するし、ブレーキもかかる。

 後は微調整をすれば、走ることは出来る。

 で、しばらく微調整をして、走れる状態にしたのが、この写真。

 これでも、交換しないと危険な部品が数点、磨いていないため取り付けていない部品が数点、ハンドル周りもきれいにテーピング。まだまだ完成は遠い。

 早速、数キロ走って、様子を見る、ついでに自転車屋も行き、タイヤの空気圧を調整する。

 約30分くらい走って家に帰ってきたら、体中が痛い。

 乗車ポジションがちゃんと合っていないことも災いして、腕、腰、ももが筋肉痛。

 ついでに、サドルもちゃんと合っていないようで、お尻も痛い。

 その上、息も上がっている。

 分解整備のために買った工具のために散財し、フレームの歪みを取るために散財し、

 部品購入で散財し、乗れるようになったら、筋肉痛。

 ああ、青春は、どこまでも簡単には戻ってこない。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]