Monthly Archives: 6月 2007

サッカー 4級審判員 になった!

 息子のサッカークラブで誘われて、4級審判員の講習会に参加してきた。

一日講習会で、午前中はルールブックとビデオを見ながら座講をする。

 その昔にサッカーをやっていたことはあったけど、ルールに精通していたわけではなく、講師の話のうち、7割ぐらいしか理解できない。

 サッカー用語もわからないことが多い。恥ずかしい話「タッチライン」すらその言葉を知らなかった。タッチラインとは、コートの長辺側の白線のこと。

 オフサイドについては、ビデオを見ながらわかりやすく解説があったので、頭ではよく理解できた。但し実践となると難しい。

「オフサイドポジションにいても、積極的にプレーに関わらなければオフサイドにならない。」

どこまでが積極的かどうか、それをどのタイミングで判断するか。非常に難しい。

午後は審判の身振りについての講義。フラッグを持って、上げ方、持ち方などの講義を受ける。

 45度上に上げるのは、結構難しいらしい。ボーイスカウトで手旗を振っていたので、難なくこなせるが、旗だけ45度だったり、手は正しいのに旗が後ろに倒れたりと、苦労している人がいた。

ライン上にボールを置いて、ボールを見ている位置(審判の立ち位置)によってインなのかアウトなのかがわからないという状況を確認した。

 ラインを超えていないとアウトにならないので、ラインに少しでも被っていればインなのです。

これも非常に難しい。実践ではボールは静止していないので、ぎりぎりのプレーをされると難しい判定を迫られてしまう。

 午前9時から、午後3時過ぎまでしっかりと講習を受け、いよいよテスト。

25問出題され、70点以上が合格。まぁ何とかなるだろうとタカをくくっていたら、その問題の難しいこと。講習で出てきていない内容が出題されたり、設問の趣旨がわからないものがあったりと、車の免許試験より難しかった。

 採点は隣同士で答案を交代して採点。幸い2問間違えただけで92点だったので合格でしたが、久しぶりに緊張したテストだった。

 これで4級審判員になった。

 聞いてなかったのですが、クラブには審判員が一人しかいなくて、今回私を含めて4名の保護者が審判員になったので、審判部を創設し部活を行うとのこと。

「息子たちがサッカーの練習をしている脇で、走り込みでもしますか」と冗談とも本気ともわからぬ会話をして解散しました。

 審判ユニフォームも必要なようです。趣味が一つ増えたと言うことでしょうか?

Facebook にシェア
[`evernote` not found]