2019年1月24日 説教論 演習説教

説教論の授業で演習として説教を行った。

聖霊降臨日に見立てて、聖餐式の中で説教を行うという体裁で原稿を用意して、実際に説教を行います。

説教演習後、担当教授によって講評を受けます。

以下説教原稿。

 

ヨハネによる福音書20:19-23

聖霊降臨日

先日、東京教区の主教按手式に参列してまいりました。主教按手式でしたので多くの方々が参列されており、昔からの友人たちと久しぶりに再会いたしました。こういう機会でもなければ、なかなか会うことが出来ない友人たちです。

私自身が神学生そして聖職候補生になってからお目にかかる方々もいらっしゃり、私の転身の様子に様々なご挨拶がありました。

その多くは、私の書いた文章が、管区事務所便りに掲載されたり、神学生後援会に掲載されたりして、少しばかり様子をご存じのようで、「結構ちゃんとしたことを書けるようになったのね」「いやぁそれなりに立派になったねぇ」と。そして「頑張ってね」「楽しみにしてます」と、応援のお言葉をいただきました。

口の悪い友人もいるものですから、私たち夫婦をよく知る旧知の女性からは「あんなダメ男で、どうしようもない男が、こんなに太って、立派になっちゃって、本当に最低の男だったんだから」と。ニコニコしながらも笑ってない目で、そして、とどめに「ちゃんとしなさいよ」と。
思わず「ちゃんとしてるってばぁ」と言い返してしまいましたが、悪い気はしませんでした。

若い頃のわたしを知っている方々、友人たちというものは、本当に遠慮なく話せるので、とても楽しい時間を過ごしてきました。
とは言っても、やっぱり、「赤ちゃんの時におむつを替えて上げたのよ」と言われるような感じで、なんとも言えないこそばゆさがあります。

主教按手式には、按手に先だち聖霊の恵み・働きを願う歌を歌い、按手に臨みます。
聖歌298番です。
「聖霊くだりて」で始まる歌です。

この歌を歌いながら自分の事を考えてしまいました。
いま、聖霊の恵みと働きを、会衆とともに求め、そして按手に挑む。
いずれかの日には、私自身もこの歌とともに聖職按手をうける日が来るのだろうかと。

按手という特別な恵みに対して聖霊を求め、その働きを願う。
いま会衆で歌っている私には、この聖霊の恵みはあるのだろうかと。

なにか選ばれた者だけが、その特別な恵みを受けるのではないかと、思っていたのです。

ところが、聖霊降臨日の福音書を読みますと、「弟子たちはユダヤ人たちを恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵を掛けていた」と聖霊を受ける弟子たちが出てきますが、この弟子たちが、イエスが選んだ12弟子だったとは書かれていません。

イエスの弟子たちは、12弟子以外にもたくさんいましたし、ユダヤ人を恐れていた弟子たちというのも、イエスが十字架刑で死を迎えた時に、イエスの弟子ではあったけれども、声を上げられなかった、声を上げなかった弟子たちがそれなりにいたわけです。

聖書にでてくる名もない弟子たち、彼らが、イエスの十字架刑での死の後、今度は自分たちがイエスと同じように十字架刑にかけられ殺されるのではないかと恐れていたのです。
また、直前の聖書箇所では、イエスが復活されたことが記されており、この弟子たちにもイエスが復活したという話しが伝わっていたかもしれません。

だとすると、もしイエスが復活したとすれば、イエスを裏切った弟子たちは、イエスに合わせる顔がないわけです。それ以上に、イエスから叱責を受けることも十分考えられます。

こんなに恐ろしいことはありません。どちらにしても恐ろしいことが起こるのではないかと戦々恐々としていたのでしょう。

そこへ、イエスが現れます。
「あなたがたに平和があるように」と。
そして、十字架刑の時に傷つけられた手と脇腹を見せるのです。

あの時、あの場所で見たイエスが、「あなたがたに平和があるように」と言って現れるのです。

そして、「父が私をお遣わしになったように、わたしもあなた方を遣わす」と。
さらに、息を吹きかけて「聖霊を受けなさい」と。

イエスは、恐れ隠れていた弟子たち、それも、名もなき弟子たちのところに来て、聖霊を与え、派遣するのです。

イエスの12弟子が、イエスの弟子になった経緯もそうですが、イエスの方から一方的に声を掛け、それにしたがって歩む12弟子が描かれております。

このイエスが弟子たちに現れたときも、イエスの方から一方的に関わってきています。
そして、イエスは弟子たちの裏切りについてはまったく言及することなく、「平和がありますように」と聖霊を与えて派遣させられるのです。

聖霊の恵みは、もしかすると特別な人のみ、選ばれた人のみに降り注ぐのだ、というのは少し違っていたようです。

イエスを裏切り、ユダヤ人たちの迫害をおそれて、その後も戸に鍵を閉めて閉じこもっていた弟子たちにも聖霊は与えられるのです。

そして、自分たちの裏切り、そののちの態度も含めて、イエスはとがめることなくゆるして下さっているのです。

聖霊の働きは、具体的に「これだ」というのはわからないわけですが、それでも、聖霊は今も働いていると私たちは告白しています。

聖霊の働きをどこに見いだすのかといつも考えていますが、目に見えるというか、体験出来るのが聖職按手のときの、聖霊の歌だと思っていたのです。

しかし、その時だけではなくて、いつも、つねに私たちには、イエスが弟子たちに吹き込まれた息のように、聖霊の働きがあるのではないでしょうか。

そして、その働きの中に、イエス・キリストを伝えることが求められているのだと思います。

私の友人たちが、掛けてきた言葉、口の悪い友人が多いので、チクチクと心に刺さる言葉でもありますが、その言葉の背景には、「いま、あなたはちゃんと神様の方を向いていますよ、他の方向に向かないようにね」という、私の昔の態度から比較して、神様のほうへちゃんと向いているということへの、赦しの言葉ではなかったのかと思います。

聖霊の働きは、私に働いたのではなく、私に声を掛けてきて下さった方々に働いていたのです。

そして、イエスと同じように、一方的に、私に対して「平和がありますように」と挨拶をしてきていたのです。

聖霊降臨日を迎えて、聖霊の働きってなんだろうと思っていましたが、このように、イエスに遣わされた誰かを通して、私たちに働かれる恵みなのだと思います。

そして、私たちもまた、イエスに遣わされた名も無き弟子たちの一人なのです。

出会った人と話す時、その言葉には私たちを通して働かれる、聖霊の恵みが伴っているのかもしれません。
そして、その言葉からキリストの愛が、知らず知らずに相手に伝わっているのかもしれません。

そこにキリストの愛が伴っていれば、赦し赦される関係になることでしょう。

聖霊ってなんだろうと、思った時には、イエスから一方的に吹きかけられた息によって、すでに私たちは聖霊を受けていて、私たちは赦し赦される関係を作ることが求められているんだ、ということを思い起こすと良いのかもしれません。

このあと平和の挨拶があります、イエスが弟子たちに現れたときに言われた言葉と同じ言葉です。
聖霊の働きというものを気に掛けながら聖餐式を続けてまいりましょう。

 

以上、説教原稿おしまい。

実際の演習では、この原稿を下地に、話し言葉に換えながら説教を行っています。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

2017年2月11日(土) バルティマイを愛する

2017/02/11
聖光教会 夕の礼拝お話
マルコによる福音書10章46節〜52節

本日の聖書箇所には「盲人バルティマイをいやす」とタイトルが付けられています。
目の見えないバルティマイを、イエス様が癒される話しです。

しかし、いやしの話しよりも、バルティマイが叫んでイエスに憐れみを願ったときに、多くの人々がバルティマイを叱りつけたと書かれていることが気になります。

イエスが一行とともにエルサレムに向かっている途上の出来事です。一行とはイエスの弟子であり、イエスとその弟子たちとともに行動を共にしていた群衆です。

イエスを信じ、ともに行動をしていたメンバーなのですが、物乞いをする盲人バルティマイに対しては、冷たくあしらっているのです。

バルティマイは、ナザレのイエスが数々の奇跡を行い、いやしの力を持っていることをすでに知っていたのでしょう。「ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、「ダビデの子イエスよ、私を憐れんで下さい」と言い始めたの」ですから、まさか、自分の前をイエスが通るとは、こんな嬉しいことはありません。
このチャンスに、いやしてもらえるならば、いやして欲しかったのだと思います。

多くの人々は、叱りつけ、黙らせようとしました。
なぜでしょうか。

物乞いだからでしょうか、盲人だからでしょうか。
道ばたに座っていたからでしょうか。

イエスを「私たちの救い主なんだ」と信じるものにとって、その信じるという信仰は一体誰のものなのでしょうか。
イエスに従っている弟子たちにとって、その信仰は、弟子たちのものなのでしょうか。
さらに従っている群衆たちにとって、その信仰は、お互いが認め合った者同士のものなのでしょうか。

このことは、普段の私たちの日常でも多く起こっています。

排外的行動です。

アメリカに於いては、新しい大統領によって、排外政策が行われようとしています。
日本に於いては、韓国朝鮮人に対する排外行動が見受けられます。
また、中国を敵対勢力として認識している政治家もいます。

もっと身近な話しでは、教会そのものが、自分たち私たちとなじめない方々を排除する姿勢をとることがあります。

泣き叫ぶ赤ちゃんを受け入れられない。もう少し大きくなった子どもたちが、うろちょろするのが受け入れられない。自分の言うことを聞き入れてくれない若者たちを受け入れられない。
身体に障害があるために、じっとしていられなかったり、声を発してしまう方々を受け入れられない。

自分にとって都合のいい人しか受け入れられない。
この様な状況が常にあるのではないでしょうか。

イエスは、立ち止まってバルティマイを呼んでこさせました。
イエスが自らバルティマイの所へ行くのではなく、呼んでこさせたのです・
群衆が叱り黙らせようとしている状況に対して、群衆によってバルティマイを連れてこさせたのです。

イエスだから、救い主だから、神様だからバルティマイを受け入れることが出来る、そうではなく、人々によってバルティマイを受け入れるようにとも受け取れます。
特別な能力や技術が無くても、バルティマイを受け入れられるのかもしれません。

そして、バルティマイはイエスによっていやされ、目が見えるようになったと記されています。
「あなたの信仰があなたを救った」とイエスは言われました。

バルティマイの信仰は、孤独の中の信仰だったのかも知れません。目が見えず、道ばたで物乞いをする人生。この様な人生の中で、イエスのうわさを聞き、それを信じてずっと待っていたのでしょう。だからこそ、「ダビデの子イエスよ、私を憐れんで下さい」と言い始め、群衆に止められてもなお「ダビデの子イエスよ、私を憐れんで下さい」と叫び続けたのです。
イエスを信じていたのです。

目が開かれたバルティマイは、イエスに従ってついていくことになっています。
私たちは、群衆なんでしょうか、それとも、群衆の中からバルティマイに手を差し出す人々なのでしょうか、その後、仲間に加わったバルティマイ。

目が見えるようになったバルティマイだから受け入れることが出来たのでしょうか。
信仰によって立っていることが大切です。

イエスを信じる信仰によって、私たちは集められ、そして派遣されています。
信仰によって救われる。

クリスチャンとして、分け隔て無く、キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがある事を証していきたいと思います。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

2017年2月4日(土) 祈り祈られる

2017/02/04
聖光教会 夕の礼拝お話
マルコによる福音書9章17節〜33節

祈り祈られる。
教会にいますと、言葉の端々に「お祈りしています」という言葉を耳にします。
「お祈りしています」というのは、何をお祈りしているのでしょうか。

病のうちにある方には「良くなる様にお祈りしております。」でしょうか。
困っている人には「困りごとがなくなります様に」でしょうか。

「イエス・キリストの御名を通してお祈りをお献げします。」と神様にお祈りをお献げしています。
日本の文化風習の中で生活していますと、私自身も仏教徒の家庭で育ち、親戚関係には神道もいますので、物心ついたときからごくごく普通に神社に願い事を叶えるお願いをし、お寺に行ってお墓参りでは先祖供養とともに、先祖のご加護があるようにとお経を唱える習慣が身についています。

いずれにしても、願い事を聞き入れてくれる様にお願いすることが求められていた様に感じます。
先日、Facebookの知り合いが面白い投稿をしていました。
「神社でお参りするときに、自分の住所をつぶやくって話を聞きました。」とのことで、とても疑問に感じられてのことです。
住所そのものは行政の都合で変わってしまうものですから、その都度神様への報告はどうするのか。や、神様に対する礼儀の様なもので、どこどこの誰それが来ましたと参拝するんじゃないか。とか。

似た様な話があり、「初詣の御賽銭は、「五円だと御縁がある」「十円は遠縁に通じる」などの俗説があるが、ある神職が「神様は、日本の貨幣制度が円になるずっと前から人々を救ってらっしゃいますので、関係ありません」と答えていたのが最高にクールだった。」
という話しです。

住所の話しにしても、お賽銭の話しにしても、その中心に「私」というのがある様に感じます。
私の行いに対して、神様が応答するという関係です。

私たちの行いに対して神様が期待通りに応えてくるのであれば、こんなに御利益(ごりやく)があって、役に立つ神様は自分にとってとても有益です。そして、その延長には、自己利益のみならず、他者の不利益も願う様になっていってしまうのも良くわかります。
そして、信仰とは全く離れて行ってしまい、憎しみや争いというのが起きてきてしまいます。

では、私たちは何をどのように祈れば良いのでしょうか。
同じ質問が聖書に書かれており、弟子たちがイエスに聞くことによって、イエスは、今、私たちが唱えている主の祈りにあたるものを教えてくださいました。

主の祈りに於いても、また、他の祈りに於いても共通しているのは「私の願いを聞き入れてください」ではなく、「御心に適うように」と、神様と私の関係において「神様から与えられている愛を感じ、受け取り、応答する私たち」というのが求められています。
今読みましたマルコによる福音書9章23節でも「できれば」と言うか。とイエスに指摘されております。

「神様の存在を受け入れ、信じ、その愛を受け入れる」さらには「イエス・キリスト」を信じるといういくつもの信じることがあり、日本の文化風習の中で生きていると、とても信じがたい事柄が多く現れてきます。

信仰をもつということは、今、ない状態からすると、自分にとって「なにかひとつのものが増える」ということかも知れません。人によっては負担がひとつ増える、毎週教会に関わっている、もしくはそれ以上に教会に関わっている人にとっては、ひとつどころが、いくつもの負担が増えてしまうのかも知れません。

それは教会という目に見える建物や組織の問題であり、信仰の問題ではないのです。
信仰というのは私たち一人ひとりを豊かにし、自由にするものです。

そこには、神様の愛によってこの世に生き、そして生かされております。
祈りによることによって、私たちはその信仰の道を歩んでおります。

そこに初めて「お祈りしております」という言葉の意味が見えてきます。
私たちが他者のことを思い、神様に心を向けて祈るとき、
信仰にたち、御心を信じることによって、いまの状況が見えてくるのかも知れません。

一人でも多くの人々に想いを寄せ、神様に心を向けて祈ってまいりたいと思います。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]