戦って生きた「雨宮まみ」に誓う。

2016年11月26日 聖光教会 夕の礼拝 お話し

今読まれました、フィリピの信徒への手紙2章の小見出しには、キリストを模範とせよと書かれております。

3節以下に、
「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。」
と記されており、このような関係性のなかで、生きることが出来るようになれば、多くの人が救われるのではないかと思います。

「戦って生きる」

この場合の戦いとは、闘争や闘病などの闘うではなく「いくさ」と書く戦いです。

11月15日に作家「雨宮まみ」という女性がこの世を去りました。彼女はこの9月に40歳になったばかりでした。
彼女とは、2年以上にわたりテレビ番組の演者さんとスタッフという関係で、同じ時間を過ごしておりました。お友達になる訳でもなく、特に知り合いになる訳でもなく、時たま挨拶をして、少し会話をする程度であり、私の事はスタッフの一人にしか過ぎなかったと思います。

彼女の死生観というのが、私とほぼ共通しており、とても驚くと共に、どうして、あの時にちゃんと声を掛けて、せめて知り合いにでもなっておかなかったのだろうかという後悔をしております。

彼女は「生きる」ということに意味がないということをいつも思っていたのだと思います。
仕方なく生きている、自ら命を絶つことも出来ず、かといって家族が居るわけでもなく、自分のために生きている、じゃぁ、その自分とは生きる価値があるのだろうか。今、この世から去っても、だれも何も困ることはないじゃないか。と。

自分の人生の先のことなど、想像すら出来ないともいっています。長生き願望も全くありません。
私も同じです。私自身の死への恐怖というのが全く実感としてないのです。

そのような彼女が実は多くの女性達に勇気と希望を与えていたのですから、このような死生観も大切にしないといけないかなと思っております。

一緒に作っていたテレビ番組は「女性を解放する」というコンセプトの番組でした。
この社会にあって、男性からみた女性像を生きていかないと生きていけない様な雰囲気の中、取り立ててモテるわけでもなく、ちやほやされるわけでもなく、さらには女性集団の中でもヒエラルキーの下の方に位置づけられ、それでもかたち作られた女性像を求められるうちに「女子をこじらせて」しまった彼女自身が、雨宮まみ、ひいては「彼女自身そのまま」で意見を言い、話す事が出来、それを電波に乗せて社会に送り出すことが出来ることを、とても楽しんでいらっしゃいました。

この「女子をこじらせて」は2011年にWEB連載記事から書籍化されましたが、彼女の言葉、メッセージに、とても多くの女性達が共感し、励まされ、生きる希望を受け取っていました。

それだけ、社会的女性像というものが大きくのしかかり、自分を生きることよりも先に「女性」を生きることが求められているのだと思うと、いまもこの社会の中で苦しみ、悩んでいる方々にとって、彼女がこの世を去ってしまったことの大きさは、とても言葉では言い表せません。

決して小さくされているわけでもなく、虐げられているわけでもないのにもかかわらず、社会的女性性を知らないうちに提示され、それに生きようとして、こじらせてしまう。彼女はこの様な状況を受け容れることから始まり、それが言葉になりメッセージになったときに、彼女の言葉に多くの女性達が共感し勇気づけられました。

しかし、彼女は、この世から去ってしまいました。

同じような死生観をもち、同じように戦って生きていたのにもかかわらず、こちらは今生きていて、一方は40歳という彼女にとっての大きなターニングポイントで死を迎える。

私自身は、この戦いの生き方から戦線離脱をしました。

いくら戦っても戦っても、この世界を相手に勝つことが出来ない現実にぶつかり、さらに戦おうとするのですが、そのエネルギーが尽きてしまったのです。
死を迎えるしかありません。

たまたま、私には、家族がおり、キリスト教の信仰者でもあったために、エネルギーがなくなってしまったときに、それを受け容れてくれる環境というのがあったのだと思います。
これが、一人暮らしで家族が居るわけでもなく、戦うにもエネルギーが尽きてしまったら、選択の余地というのはなくなってしまうのだと思います。

そこには、何も無い世界だけが漠然と目の前に広がっているだけですから。

キリストの信仰者であっても、多くの方がたが、命を絶っていますので、決して「信仰が支えになるからキリストを信じなさい」という言い方はあたっているとは思いませんが、最後の支え、砦とでもいうのでしょうか、雨宮まみのように戦って生きてきた者にとっては、戦線ですでに大きなダメージを受けており、離脱したらすべての人生が否定されるような状況に陥りますので、信仰というものの大切さをあらためて感じております。

それは、私という一人の人間が、神との関係の中でのみ築くことの出来る関係だと思われます。

そして、その受け皿として、今日の聖書に書かれているように「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。」ということを実践している教会があり、そのように生きていることを実感し、このような生き方があるんだ、ということを多くの人にちゃんと伝わっていれば、戦線離脱したときに「おかえり」と迎えることが出来るのではないでしょうか。

このような生き方を疲れた人にさせるのではなく、受け容れる器としての私たちが、キリストに生きているのかということです。

私自身も、もう少し彼女に声を掛けることは出来なかったのだろうかと、後悔しています。
「イエス・キリストが主である」と公に宣べることを躊躇したのではないかとも思います。

キリストに倣い、キリストに生き、キリストを伝える者として、丁寧に歩んでいきたいと思います。

 

2016/11/26
聖光教会 夕の礼拝

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

神戸聖ミカエル教会 8月28日(日) 夕の礼拝 奨励

「神戸聖ミカエル教会 8月28日(日) 夕の礼拝 奨励」

昨日今日と行われたキャサリン堀江輝美子さんの葬儀。神戸聖ミカエル教会実習の最後の奉仕がこのご葬儀でした。堀江輝美子さんとはお亡くなりになってからの出会いでしたが、この出会いが、私とキリスト教との出会いを思い出させるものだとは思いもよりませんでした。

小学4年生の3学期から受験戦争に参加させられ、良くわからないまま毎日夜遅くまで進学塾に通っていたことを思い出します。どこの中学校を受験するのかは、偏差値でおおよそ決められ、大人の都合や、どこの大学に進学するのかが前提での中学校選びが行われていました。
しかし、そのような自分の意思が反映されない仕組みに反発を覚え、受験した中学校の一つは、全く行く気がないうえに、合格ラインだったこともあり、受験には行きましたが、白紙でテストを提出しました。

自分で行きたいと思った学校は、自由と自主性を重んじていて、さらには、当時私が大好きだった女優の薬師丸ひろ子さんが大学生で在学していた学校だったので、校風も合う上、好きな女性にも会えると言うことで、受験することにしました。学校の偏差値は決して高くなく、親も含めて周りからは随分反対されたことを思い出します。

実際には、自由と自主性は看板だけであり、管理教育と不自由な学校生活が続き、1年と1ヶ月で、登校拒否をして、そのまま学校を辞めてしまいました。
あまり良い思い出があるわけでもなく、そういう意味でも心の傷なのかも知れません。
成人してから、心の傷を癒すために、数回ほど知り合いと学校に行ってみたことがあり、校内を歩いてみたりして、原体験を振り返るような事をしてみたことがあります。

今日の葬儀で歌われた「うるわしの白百合」は、中学校での原体験を思い起こさせ、さらにはキリスト教に出会ったことを思い出させる歌になるとは、昨日の通夜式まで想像もしていませんでした。
通夜式で「うるわしの白百合」が流れた途端に、遺族の方々はまだ涙を流していないのにもかかわらず、私が先に涙を流してしまいました。13歳に一気に連れ戻され、歌うことすら出来ず、聖書朗読のために気持ちを整えることに必死でした。

中退した中学校の音楽の授業は、合唱のみ行われており、合唱スタイルで全員が立って、賛美歌を四部合唱で歌うというのが音楽の授業でした。
週1回の礼拝の時間もありましたが、礼拝自体は良くわからない睡眠時間だったような記憶があります。
その音楽の時間では、四部合唱で賛美歌を完成させることが授業ですので、一曲の賛美歌を飽きるほど歌うことになります。ハレルヤコーラスは、それこそ体で覚えるほど歌いました。

入学してすぐの頃、合唱スタイルの音楽の授業に驚き、さらに賛美歌が歌われることにさらに驚いたものです。賛美歌を沢山歌うのですが、「うるわしの白百合」と「緑も深き」はとても気に入って、口ずさむほど好きだった事を思い出しました。

「緑も深き」は聖歌集にもあり、聖公会でも良く歌われているので、自分自身を振り返るような曲とはならなかったのでしょう。「うるわしの白百合」は聖歌集に含まれていないので、余程のことがない限り聞くことがありません。

おとといの木曜日に堀江輝美子さんの亡くなられた病室に伺い、愛唱聖歌を伺ったときに出てきた曲が「うるわしの白百合」でした。思わず、私は口ずさんで「この曲ですよね」と応答していました。
それから一日中「うるわしの白百合」が頭の中でずっと鳴り続けました。
あの頃、この歌を良く歌っていたなぁ、よく口ずさんでいたなぁとぼやぁっと思い出しながら。
まだ、この頃はキリスト教には興味があるわけでもなく、十字架が掲げてある講堂にいっても、なにも思わなかったことを思い出します。

その後、14歳でアルバイトを始めたり、一日中テレビやラジオ、新聞や本に費やしていたり、コンピューターや、コンピューターミュージックにハマったりと、学校に行っていない分、好きなことを好きなだけやっていたように思います。

数年後の17歳の時に、家のすぐ目の前にある日本聖公会の三光教会になんとなく行きたくなったのです。クリスチャンで生きていきたいという、何の根拠もなく、それ自体になんの意味も無く、キリスト教も知らないまま、クリスチャンで生きたいという、今思えば、謎の行動ですが、ただそれだけでした。
随分経ってから、なんで17歳の時に教会に行きたくなったのかなぁと考える事があり、いろいろ思い起こしていくと、中学校で出会ったキリスト教が、どうも始まりじゃないかと思われるのです。
自分が否定していた中学校が、自分の信仰のルーツだとすると、これはとてもつらい現実です。
とはいえやはり事実なので、「中学校がキリスト教主義だったから、たぶん、なにか知らないうちに影響を受けていたのかもね」と、軽く流していました。

聖職志願をし、神学生になるときに、「聖職をめざすのなら、過去の自分との和解が大切です」とはなむけの言葉を下さった司祭がいらっしゃいました。
これは困ったなぁと思ったものです。

いろいろと面倒くさい、自分の歩んできた道を振り返るなんて、出来ればしたくないことです。
しかし、昨秋の体験入学の際に、44年分の過去を振り返る作業をしました。それはとてもつらく、きつい作業でした。
妻にフォローしてもらいながら、過去についての気持ちの整理をしていきました。

そのふり返りの中で、驚くことがありました。つらく悲しい出来事や、思い出したくない事柄の一つ一つが、いまの自分にはどうも必要としているのではないかと。
「過去の出来事は変えることは出来ないけれど、過去の意味を変えることは出来る」という言葉があります。セミナー系でよく使われる言葉ですが、確かに意味を変えることが出来るんだということを実感したのです。

このことは、イエス・キリストの死と復活がまさしくこのとおりではないかと思われるのです。
キリストが十字架につけられ殺されてしまう。この出来事を変えることは出来ませんが、イエス・キリストの復活によって、十字架のキリストの意味が変わってくるのです。

「うるわしの白百合」の歌詞の意味は、今の今までよく知らずに歌っていました。
この曲はイースターの時に良く歌われる、イエス・キリストの復活を歌っている歌なんですね。

聖職志願をするにあたり、「過去の自分との和解」というテーマを与えられ、今までの自分について振り返るとき、まだまだ、忘れようとしている事柄に出会います。もしくは、突然に過去の自分と出会い頭にぶつかることがあるとでも言うのでしょうか、突然目の前に表れることがあります。
神様は、堀江輝美子さんを通して、唐突に過去の自分を見せつけてきました。それも通夜式で。
今に生きるキリストを思うとき、まさに天に召されようとしている人を通してまで、キリストは働かれているということを体験した出来事でした。
堀江輝美子さんの魂の平安を覚え、イエス・キリストの働きに感謝します。

 

*キャサリン堀江輝美子さんのご家族より、お名前の掲載許可を得ております。

 

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

日本聖公会 神戸教区 中高生大会 8月17日(水) 朝の礼拝 証し

「日本聖公会 神戸教区 中高生大会 8月17日(水) 朝の礼拝 証し」

中高生大会とは
日本聖公会神戸教区の中高生たちが自ら企画運営するサマーキャンプ。今年で53回目。
毎年テーマを決めて、テーマに沿ったディスカッションを学年別・縦割りグループで行い親睦を深める。
ほかに、球技大会・大運動会・バーベキュー・キャンプファイヤー・伝統の肝試しなどが行われる3泊4日の大イベント。このキャンプを通して教区内の親睦が深められ、多くの聖職者が輩出されている。

第53回の今年のテーマは「#らしさ」でした。


「らしさ」というものは誰が決めるのでしょうか。
私は、孤独の世界で生きていると思っています。どういうことかと言いますと、多くの人たちが生きている「普通の世界」とは別に、私が生きているのは「普通の世界の外側」と言う場所で一人でポツンと立っている感じです。

そしてそれは、「普通の世界」とは違う場所から「普通の世界」をいつも外側から見ている感じです。電車に乗っていても、教室で席に座っていても、だれかと食事に行っても、私一人が「普通の世界」の外側から「普通の世界」を見ていて、たまに、普通の世界の人たちと会話をしているという感じです。

それが私にとっての「普通の世界」であり、多くの人たちがみんなで楽しそうだったり、ワクワクだったり、苦しそうだったり、一生懸命周りの目を気にして生きていることが、良く理解できません。

「普通の世界」の常識というものが良く理解できないのです。理解できないと言うよりも、なぜ、みんなで同じような事をしたり、些細なことでおこったり、いかったり、憎んだりするのかがわからないのです。この様な世界観は私だけではなく、子どもの時の家庭環境が原因で、普通の世界とは別の感覚をもって生きている人たち、というのがそれなりに居ると言うことが最近わかってきたそうです。

そのためかどうかわかりませんが、大学・高校・中学ともに行っていないので、友達という関係も良くわかりません。ナイスガイというタイプの人生規範から見事に外れています。それでも素敵な女性と出会い、家族と共に生活できているのは神様のなせる技なのでしょう。

今から8年前に心が壊れかけてしまい、どうにも生きていくことが難しくなってしまうことがありました。その理由は職場関係にあったのですが、私に対して、私には理解できない振る舞いを求められたり、私にとってつらい発言や行動を求められたりしたことが原因でした。お客様はみなさん喜んで下さり、期待をされているのに、その期待を裏切るような振る舞いや行動を求められていたのです。

同じような事柄が聖書にも出てきます。ルカによる福音書第10章38節からの、マルタとマリアの話です。イエス様と弟子たちがマルタとマリアの姉妹の家を訪れたとき、二人とも大喜びでイエス様一行をもてなす話しです。お姉さんのマルタはおもてなしのために一生懸命働き、その準備に大変だったのでしょう。ところが妹のマリアは一生懸命に働くこともなく、イエス様の足下に座って、イエス様の話を聞いていたのです。

イエス様が尋ねてくると言うこんなハッピーなことはないのにも関わらず、このお姉さんのマルタは、妹のマリアの態度にイライラし始めて、イエス様に不満をぶつけてしまいます。「主よ、私の姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何とも思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください」マルタはイエス様がマリアに注意してくれることを期待したのでしょう。しかしイエス様は「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要な事はただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」と応えました。

この話しの大切なことは、イエス様は不満をのべたマルタを批判していないと言うことです。2回もマルタ、マルタと呼びかけて、マリアは良い方を選んだんだよと、多くのことに思い悩んで心を乱してしまったら、せっかくマルタ自身が働いて奉仕している意味が、自己満足になってしまい、イエス様のため神様のために働いているのではなくなってしまいますよと。

さて、今朝読まれましたエフェソへの信徒への手紙第4章16節には「キリストにより、体全体は、あらゆる節々が補い合うことによってしっかり組み合わされ、結び合わされて、おのおのの部分は分に応じて働いて体を成長させ、自ら愛によって造り上げられてゆくのです。」と書かれています。分に応じて働くことが大切なのです。

このことに私自身が気がついたとき、他人の行いや行動に対して、不満や不平を持つことから開放されて、「そういうこともあるよなぁ」「その人なりに何か考えがあるんだろうなぁ」と、不満や不平を持つことがすっかり少なくなりました。

このようにマルタのような見方で他人の事を見てしまうと、相手を自分の都合の良いようにしようとしてしまいます。「あなたのためを思って言っているのよ」「あなたにとって良い事だと思うのよ」とか。
マルタはイエス様に訴えたから「マルタ、マルタ」といさめられたのですが、私たちはイエス様が目の前に居ないために、その本人であるマリアに対して、つい、「マリア、あなたも働きなさい、あなたのためを思って言っているのよ」と口から出そうになってしまいます。

しかし、神様は私たちを神様に似せて作られたのです、その上で一人ひとりを違う人として作られ、その一人ひとり違う私たちを愛してくださっています。人の目を気にして、空気を読んで、自分の思いとは違う働きをしていたら、せっかく神様が一人ひとり違う存在としてこの世に生まれさせてくれた意味がなくなってしまいます。

「らしさ」というものを考えるとき、周りの目や他人の思いに惑わされることなく、自分が、そのままの自分で良いんだ。そして、自分がそのままの自分で良いんだったら、他人もそのままのあなたのままで良いんだ、神様はそういう一人ひとりを愛してくださっているんだと、信じることによって、キリストの平和が実現していくのだと思います。

神様が私たち一人ひとりを違う人としてこの世に生まれさせてくださった、ということの意味を考えながら、中高生大会のテーマ「#らしさ」について思い巡らしていきたいと思います。
父と子と聖霊によって、アーメン。


大会旗

大会旗

 

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]