2019年1月24日 説教論 演習説教

説教論の授業で演習として説教を行った。

聖霊降臨日に見立てて、聖餐式の中で説教を行うという体裁で原稿を用意して、実際に説教を行います。

説教演習後、担当教授によって講評を受けます。

以下説教原稿。

 

ヨハネによる福音書20:19-23

聖霊降臨日

先日、東京教区の主教按手式に参列してまいりました。主教按手式でしたので多くの方々が参列されており、昔からの友人たちと久しぶりに再会いたしました。こういう機会でもなければ、なかなか会うことが出来ない友人たちです。

私自身が神学生そして聖職候補生になってからお目にかかる方々もいらっしゃり、私の転身の様子に様々なご挨拶がありました。

その多くは、私の書いた文章が、管区事務所便りに掲載されたり、神学生後援会に掲載されたりして、少しばかり様子をご存じのようで、「結構ちゃんとしたことを書けるようになったのね」「いやぁそれなりに立派になったねぇ」と。そして「頑張ってね」「楽しみにしてます」と、応援のお言葉をいただきました。

口の悪い友人もいるものですから、私たち夫婦をよく知る旧知の女性からは「あんなダメ男で、どうしようもない男が、こんなに太って、立派になっちゃって、本当に最低の男だったんだから」と。ニコニコしながらも笑ってない目で、そして、とどめに「ちゃんとしなさいよ」と。
思わず「ちゃんとしてるってばぁ」と言い返してしまいましたが、悪い気はしませんでした。

若い頃のわたしを知っている方々、友人たちというものは、本当に遠慮なく話せるので、とても楽しい時間を過ごしてきました。
とは言っても、やっぱり、「赤ちゃんの時におむつを替えて上げたのよ」と言われるような感じで、なんとも言えないこそばゆさがあります。

主教按手式には、按手に先だち聖霊の恵み・働きを願う歌を歌い、按手に臨みます。
聖歌298番です。
「聖霊くだりて」で始まる歌です。

この歌を歌いながら自分の事を考えてしまいました。
いま、聖霊の恵みと働きを、会衆とともに求め、そして按手に挑む。
いずれかの日には、私自身もこの歌とともに聖職按手をうける日が来るのだろうかと。

按手という特別な恵みに対して聖霊を求め、その働きを願う。
いま会衆で歌っている私には、この聖霊の恵みはあるのだろうかと。

なにか選ばれた者だけが、その特別な恵みを受けるのではないかと、思っていたのです。

ところが、聖霊降臨日の福音書を読みますと、「弟子たちはユダヤ人たちを恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵を掛けていた」と聖霊を受ける弟子たちが出てきますが、この弟子たちが、イエスが選んだ12弟子だったとは書かれていません。

イエスの弟子たちは、12弟子以外にもたくさんいましたし、ユダヤ人を恐れていた弟子たちというのも、イエスが十字架刑で死を迎えた時に、イエスの弟子ではあったけれども、声を上げられなかった、声を上げなかった弟子たちがそれなりにいたわけです。

聖書にでてくる名もない弟子たち、彼らが、イエスの十字架刑での死の後、今度は自分たちがイエスと同じように十字架刑にかけられ殺されるのではないかと恐れていたのです。
また、直前の聖書箇所では、イエスが復活されたことが記されており、この弟子たちにもイエスが復活したという話しが伝わっていたかもしれません。

だとすると、もしイエスが復活したとすれば、イエスを裏切った弟子たちは、イエスに合わせる顔がないわけです。それ以上に、イエスから叱責を受けることも十分考えられます。

こんなに恐ろしいことはありません。どちらにしても恐ろしいことが起こるのではないかと戦々恐々としていたのでしょう。

そこへ、イエスが現れます。
「あなたがたに平和があるように」と。
そして、十字架刑の時に傷つけられた手と脇腹を見せるのです。

あの時、あの場所で見たイエスが、「あなたがたに平和があるように」と言って現れるのです。

そして、「父が私をお遣わしになったように、わたしもあなた方を遣わす」と。
さらに、息を吹きかけて「聖霊を受けなさい」と。

イエスは、恐れ隠れていた弟子たち、それも、名もなき弟子たちのところに来て、聖霊を与え、派遣するのです。

イエスの12弟子が、イエスの弟子になった経緯もそうですが、イエスの方から一方的に声を掛け、それにしたがって歩む12弟子が描かれております。

このイエスが弟子たちに現れたときも、イエスの方から一方的に関わってきています。
そして、イエスは弟子たちの裏切りについてはまったく言及することなく、「平和がありますように」と聖霊を与えて派遣させられるのです。

聖霊の恵みは、もしかすると特別な人のみ、選ばれた人のみに降り注ぐのだ、というのは少し違っていたようです。

イエスを裏切り、ユダヤ人たちの迫害をおそれて、その後も戸に鍵を閉めて閉じこもっていた弟子たちにも聖霊は与えられるのです。

そして、自分たちの裏切り、そののちの態度も含めて、イエスはとがめることなくゆるして下さっているのです。

聖霊の働きは、具体的に「これだ」というのはわからないわけですが、それでも、聖霊は今も働いていると私たちは告白しています。

聖霊の働きをどこに見いだすのかといつも考えていますが、目に見えるというか、体験出来るのが聖職按手のときの、聖霊の歌だと思っていたのです。

しかし、その時だけではなくて、いつも、つねに私たちには、イエスが弟子たちに吹き込まれた息のように、聖霊の働きがあるのではないでしょうか。

そして、その働きの中に、イエス・キリストを伝えることが求められているのだと思います。

私の友人たちが、掛けてきた言葉、口の悪い友人が多いので、チクチクと心に刺さる言葉でもありますが、その言葉の背景には、「いま、あなたはちゃんと神様の方を向いていますよ、他の方向に向かないようにね」という、私の昔の態度から比較して、神様のほうへちゃんと向いているということへの、赦しの言葉ではなかったのかと思います。

聖霊の働きは、私に働いたのではなく、私に声を掛けてきて下さった方々に働いていたのです。

そして、イエスと同じように、一方的に、私に対して「平和がありますように」と挨拶をしてきていたのです。

聖霊降臨日を迎えて、聖霊の働きってなんだろうと思っていましたが、このように、イエスに遣わされた誰かを通して、私たちに働かれる恵みなのだと思います。

そして、私たちもまた、イエスに遣わされた名も無き弟子たちの一人なのです。

出会った人と話す時、その言葉には私たちを通して働かれる、聖霊の恵みが伴っているのかもしれません。
そして、その言葉からキリストの愛が、知らず知らずに相手に伝わっているのかもしれません。

そこにキリストの愛が伴っていれば、赦し赦される関係になることでしょう。

聖霊ってなんだろうと、思った時には、イエスから一方的に吹きかけられた息によって、すでに私たちは聖霊を受けていて、私たちは赦し赦される関係を作ることが求められているんだ、ということを思い起こすと良いのかもしれません。

このあと平和の挨拶があります、イエスが弟子たちに現れたときに言われた言葉と同じ言葉です。
聖霊の働きというものを気に掛けながら聖餐式を続けてまいりましょう。

 

以上、説教原稿おしまい。

実際の演習では、この原稿を下地に、話し言葉に換えながら説教を行っています。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

2017年6月11日 京都復活教会・説教実習

2017年6月11日 三位一体主日・聖霊降臨後第一主日
京都復活教会
説教実習

本日は、三位一体主日でございます。

「さんみいったい」とも言われますが、祈祷書には「さんいいったい」と書かれております。
以前、教会で「さんいいったい」と言いましたら、間違っていると注意され「さんみいったい」が正しいんだという方がいらっしゃいました。
昔使っておりました文語の祈祷書を見てみましても、「さんいいったい」という言葉が使われておりました。戦前の祈祷書でも「さんいいったい」となっております。

きちっと調べ切れていませんが、どうもこれは言語的表現の問題なようです。
「観音様」は「かんのんさま」と読み、「かんおんさま」とは一般的には読みません。
同じように「さんい」は「さんみ」と前の「ん」に影響を受けて「さんみいったい」と発話するのが、言語的にはよろしいようです。
パソコンの入力でも、「さんいいったい」と入力すると「さんみいったいの誤読」と注意されます。
とはいえ、聖公会の祈祷書には「さんいいったい」と書かれておりますので、その「い」について、少し考えてみたいと思います。

まずは、教会の暦について、振り返ってみましょう。
昨年の11月27日が降臨節第1主日でした。教会の暦の始まりです。そしてクリスマスを迎えイエス様の誕生をお祝いしました。
1月1日はイエス命名日、そして1月6日は顕現日、そして主イエス洗礼日、さらに3月1日から大斎節に入りまして、4月14日金曜日、この日がイエス様が十字架に付けられ殺される受苦日でした。
三日目の4月16日に復活日を迎え、そして5月25日にイエス様が天に昇られる昇天日、そして、先週がイエス昇天後に、聖霊が下って来たことを記念する主日でした。
イエス様の生涯とともに教会は暦を刻んで礼拝を守っております。

先週は聖霊降臨を迎え、私たちの時代、教会の時代と呼ばれる時代を歩む季節です。このさき12月2日土曜日までずっと続きます。
これは、イエス様が昇天され聖霊が下ってきてから、今、2017年までの期間を考えれば、教会暦ではおよそ6ヶ月間ですから、あっという間の期間ですが、実際には、変化の少ない緑色の季節、長い長い半年間です。

いま簡単に説明いたしました教会暦は、聖書に基づき、イエス様の生涯や、その周辺出来事に結びついていましたが、本日の三位一体主日は、その直接の根拠は聖書には特にあるわけではありません。「三位一体というのはこういうものだ」と明言されているところは聖書には無いのです。
「父と子と聖霊」という存在が表現されているのです。

教会の暦の次は、三位一体を礼拝で意識し始めたのはいつからなのだろうか、と、すこし歴史を振り返ってみたいと思います。

この三位一体をたたえるミサは、8世紀頃のベネディクト修道院に見られるそうです。その後、イギリスにおいては1162年に一般的祝日になり、ローマでは1334年に公式の祝日になったそうです。まだ宗教改革前の出来事です。

この三位一体ですが、私自身、なんとなく、ぼんやりとわかっているような、わかっていないような、そんな信仰生活を送ってきました。
父と子と聖霊が一つの神だというのは、言葉としては良く理解しています。
そういうものだからそういうものなんだと。
たぶん、これで私たちの信仰は問題無いと思います。

祈祷書に書かれております教会問答をお読みいただくと良くわかるのですが、「父と子と聖霊の聖なる三位一体の神を信じることです」と、私たちは、信じることが求められています。
「三位一体とはどういうことなんですか?」とはここでは問われていません。
この信じることというのはとても大切で、私たちの信仰は「信じること」に重きがおかれているのだと思います。
どういうことかと言いますと「どのように信じているのか?」「証しをしないとその信仰は認められません」とはどこにも書かれていないのです。

「父と子と聖霊の聖なる三位一体の神を信じる」ことが大切なのです。

しかし、この三位一体の神を、教会の礼拝として守り始めたのが8世紀頃からだとすると、ずいぶん後からのような気がします。

それ以前はどうだったのかと言いますと、そもそも、この三位一体というものを理解することが難しく、多くの聖職たちが、三位一体を考え、理解し、色々な考え方が出てきて、教会が混乱する歴史があります。

いわゆる、異端論争です。
この異端論争の決着は、私のこの話が終わった後に唱えます「ニケヤ信経」が確定することによって一つの決着がつきます。
451年のカルケドン会議で今の三位一体が落ち着きました。

もう一度全体を眺めてみましょう。
旧約の時代が終わり、イエスの時代が始まります。イエスが十字架に付けられ、殺され、三日目に復活します。そして、イエスが昇天し、先週の日曜日に聖霊が降りました。
その後の時代において、福音記者たちが福音書を記します。パウロも多くの書簡を残します。
そして、様々な三位一体の理解を行うようになります。まだ、三位一体の神の理解が進んでいませんでした。

そして、325年のニカイヤ公会議と、451年のカルケドン会議を経て、ニカイヤ信条が三位一体の神を明らかにしました。
その後、8世紀以降からこの三位一体の神を意識した礼拝が始まるのです。

いよいよ三位一体とはどういうことなのかというお話しです。

「神」はすべての始まりなので、特にご説明は要らないかと思います。
神の存在は無条件にありきです。
その神によって私たち人間が造られている。
私たち人間は、神によって創造されたものとして存在しています。
この世界、そのものが神によって創造されたものです。

では、神の子である「イエス・キリストは、神によってつくられたのか。」と考えますと、ニケヤ信経には「造られず生まれ」と書かれております。
イエス・キリストは神の被造物では無いということがここで宣言されております。
「世々の先に父から生まれた独り子」と書かれております。
ヨハネ福音書の冒頭に、「初めに言葉があった、言葉は神と共にあった。」「言葉は肉となって私たちの間に宿られた」と書かれております。

先ほど読まれました創世記でも「神は言われた『光あれ。』」と、まだ人がつくられる前に、神は言を発しています。
言の相手が存在していないなか、すでに言が存在しています

神があり、神と共に初めから言葉があり、霊がある。この3つが最初からあります。

そして、「私たちを救うために天から降り、聖霊によっておとめマリヤから肉体を受け、人となり」と、言葉は肉となって、救い主として人となります。
つくられたのではなく「人となる」という表現で表されます。

三つが初めからあり、その三つの存在、これを三つの位格と言いますが、三つの位格をもって三位一体の神と私たちは理解します。
位格と言うことを言い表すために、三位一体と言っているとも考えられます。

さて、この様なことを、知ったのは神学校に入ってからのことです。正確には、昨年の10月頃の授業から、理解し始めました。
父と子と聖霊が一つの神だというのは、言葉としては良く理解しています。と言いましたが、では、それがどういうことなのかを知らなかったのです。
もっと言えば、ニケヤ信経をいつも唱えていながら、この様なことが書かれていて、はっきりと三位一体の神について私自身が告白し宣言していることに気がついていなかったのです。

このことを表明しているのは、ニケヤ信経だけではありません、この後の感謝聖別においても、このことが書かれ、唱えられています。「み子は、父の生きたみ言です」と。後ほど出てきます。
また、「聖霊によっておとめマリヤから肉体を受け人となり」そして「聖霊は命の与え主」と。そして、陪餐後、一番最後に一緒に唱える箇所においては、「聖霊によって私たちをこの世に使わし、み旨を行う者とならせてください」と、聖霊の働きを期待しています。

この聖餐式を通して、三位一体の神を賛美しイエスの生涯を記念し、私たちがみ旨を行う者として、この世界で働くことを宣言しているのです。

 

先週の教会委員会の冒頭に、教会委員の方が開会の祈りを捧げました。
その祈りの言葉に、小さな感動と喜びを感じたことをお伝えしたいと思います。

一字一句は正確ではありません、間違っていると思いますが、おおよその意味を受け取っていただければと思います。
「この教会に、一人でも多くの若い人たちが来られるように、私たちが考えて、働けるように導いてください」
という祈りを持って教会委員会が始まりました。

ずいぶん昔に、「教会委員会は長くて、つまらなくて、議論がグルグル回って、本当にどうしようも無い会議だ」と愚痴をこぼしたことがあります。実際に、そのような教会はいくつもあります。建設的議論が出来ない状態です。
その時に、ある方が「教会委員会は、夢を語るところなんだよ、宮田君」とおっしゃって下さった方がいらっしゃいました。

その時は、「とはいっても現実的には非建設的だから難しいでしょ」と思ったものです。

しかし、その後に教会委員として、実際に教会運営に関わるようになり「夢を語るところだ」という思いを持って、夢を語り始めると、最初はいぶかしく思われていた方々も、少しずつ夢を語るようになり、教会の将来を語るようになってきました。

教会の将来は、明るい未来が待っているかと言えば、なかなか先が見えないというイメージが近いのかもしれません。
しかし、夢を語ることによって、どうすればその夢が実現するのか、それは夢なのか希望なのか、それとも、単なる妄想なのか、色々と思い巡らすことになります。

そして、その語る言葉の一つ一つに、イエスだったらどのように考えるだろう、イエスだったらどのように発言するだろう、と思い巡らします。

それでも、なかなか進まないときは、「もしかすると、この人の発言はイエスの言葉なのかも知れない」と、「もし、この発言がイエスの言葉だとしたら、どのように受け止めよう。」と考えるようになります。

祈りに用いられる言葉に「主の御心にかなうように」や「主のみ旨に叶うように」と、その主体は主であることを望み、主によって遣わされている私たちを意識して祈りをし、話し合いが始まります。

いま、私たちが発する言葉や行動が、主の御心に適っているのだろうかと意識しながら生活をし、それによって、相手に対しては、「この人の発言や行動は、イエス・キリストにならっているんだ」というところまで行けたら、こんなに素敵なことはありません。
現実には、なかなか難しいわけですが。

「一人でも多くの若い人たちが来られるように、私たちが考え働けるように導いて下さい」という祈りにおいて、今日のマタイによる福音書の28章20節の一番最後の句に「いつもあなた方と共にいる」とイエスがおっしゃったように、私たちは、常にキリストと、ともにいるんだということを改めて確認したいと思います。

私たちは、洗礼を受けて信仰生活を送っている人も、洗礼をまだ受けていないけれども、キリストの枝となり、キリストの信仰生活を送っている人も、ともに集まり、ともに礼拝に参列し、ともに信仰生活を送っています。

イエスによって弟子が派遣されたように、私たちも、イエス・キリストによって派遣されている弟子たちの末裔です。

本日の使徒書をもう一度読んで、おわりに致します。
コリントの信徒への手紙二 13章11節から

終わりに、兄弟たち、喜びなさい。
完全な者になりなさい。
励まし合いなさい。
思いを一つにしなさい。
平和を保ちなさい。
そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。
聖なる口づけによって互いに挨拶を交わしなさい。
すべての聖なる者があなたがたによろしくとのことです。
主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。

イエス様とともに、聖餐式を続けましょう。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ウイリアムス神学館 1年次必須書籍と参考書

ウイリアムス神学館1年次で使う教科書と参考書

絶版や入手不可の書籍が教科書になっているので、収集するのが困難です。

現在入手困難で必要とされている書籍

  • 1938 年日本聖公会祈祷書 (教会に保管されていれば頂戴するしかない)
  • 1959 年日本聖公会祈祷書 (教会に保管されていれば頂戴するしかない)
  • 『改正増補 日本聖公会祈祷書解説』、日本聖公会管区事務所、1994 年
  • A.リチャードソン『キリスト教教理入門』S.H.パウルス訳、日本聖公会出版部、1968年
    ウイリアムス神学館に在庫があれば。
  • 速水敏彦『新約聖書 わたしのアングル』聖公会出版、1985年
  • 菊地榮三・菊地伸二『キリスト教史』教文館、2005 年
  • 詩篇注解 (リーフ・バイブル・コンメンタリーシリーズ)

 

以下の書籍は必須です。
古本でも十分ですが、書き込みがないものが良いです。

  • 1990 年日本聖公会祈祷書』(2013 年 改訂第 2 版第 1 刷)
    現行の祈祷書なので、管区事務所に問い合わせ。03(5228)3171
  • 速水敏彦『新約聖書 わたしのアングル』聖公会出版、1985年
  • J.G. メイチェン著『新約聖書ギリシャ語原典入門』田辺滋訳、新生宣教団、2000 年
  • 原口尚彰著、『新約聖書概説』教文館、2004 年
  • 今道友信『西洋哲学史』講談社(講談社学術文庫)、1987 年
  • 勝村弘也著『旧約聖書に学ぶ』日本キリスト教団出版局、1993 年

 

以下の図書は、手元に無いと何かと不自由する書籍
学校の図書館にある書籍なので、図書館の利用でも構わない。

  • 新約聖書 岩波書店 新約聖書翻訳委員会 2004
    聖書研究授業で活用します。授業ではコピーも利用しています。
  • 旧約聖書概説 (1980年) (信徒のための聖書講解ー旧約〈第20巻〉)
    授業「旧約入門」の内容をよりよく理解するために参考になります。

以下の注解書は常時使います。

  • 新約聖書注解―新共同訳 (1)
  • 新約聖書注解―新共同訳 (2)
  • 新共同訳 旧約聖書注解〈1〉創世記―エステル記
  • 新共同訳 旧約聖書注解〈2〉―ヨブ記 エゼキエル書
  • 新共同訳 旧約聖書注解3・続編注解

さらにあると便利な書籍

  • キリスト教大事典 改訂新版
    風の便りだと、新版を作っているらしいが、発売未定の様子
  • ギリシア語 新約聖書釈義事典[全3巻セット縮刷版]
  • 大貫隆・山内眞監修『新版 総説 新約聖書』日本基督教団出版局、2003 年
  • 新版 総説 旧約聖書
  • 聖書人物おもしろ図鑑 旧約編
    聖書内容試験対策に手元にあると良い。
  • 聖書人物おもしろ図鑑 新約編
    聖書内容試験対策に手元にあると良い。
  • 旧約聖書に強くなる本
    聖書内容試験対策に手元にあると良い。
Facebook にシェア
[`evernote` not found]