osxからsamba経由でファイルを書き込むと、パーミッションが指定できない。

CentoOS6.5 に sambaが入っています。

そのsambaにosxで接続してファイルを保存しても、パーミッションが644に固定されてしまう。

create maskだの
force create mask
だの
色々と試して見ても変化なし、、、


unix extensions = no
をglobalに追加すればOKということで、追記して再起動したら、設定した値で保存できた。

出典元
http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.5/htmldocs/manpages-3/smb.conf.5.html

unix extensions (G)

この真偽値パラメーターは、Samba が HP 社によって定義された CIFS の UNIX拡張を利用するかどうかを制御する。 これらの拡張は、UNIX クライアントから UNIX サーバーに対して接続する際に有用な CIFS を有効にし、 シンボリックリンクやハードリンクなどを利用可能にする。 これらの拡張により、Samba は UNIX の CIFS クライアントに対して、 シンボリックリンクやハードリンクといった機能を提供することが可能となる。

既定値: unix extensions = yes

というわけで、osxからsambaにつないで、かつゴニョゴニョやっている方は、これで解決いたします。

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes