Category: ネットワーク

rsync 使い方

rsync を使って、差分コピー
rsync -avz source destination
単純にコピーだけならこれで良い。

ちなみにsshを使ったサーバー間の差分コピーも出来る
その1
rsync -avz –password-file=/etc/rsync.password rsync://user@192.168.0.1/source/ /destination/

その2
rsync -avz user@192.168.0.1:/source/ /destination/

-v, –verbose 転送情報を詳しく表示
-q, –quiet 転送情報を表示しない
-c, –checksum 常にチェックサムを行う
-a, –archive アーカイブモード(-rlptgoD オプションと同義)
-r, –recursive ディレクトリで再帰的に実行する
-R, –relative 相対パス名を使う
-b, –backup バックアップを作成する (デフォルトで ~ が付く)
–suffix=SUFFIX バックアップのサフィックスを変更
-u, –update アップデートのみ許可 (上書き禁止)
-l, –links ソフトリンクを維持する
-L, –copy-links ファイルのようにソフトリンクを扱う
–copy-unsafe-links 送信側ツリー外のリンクをコピー
–safe-links 受信側ツリー外のリンクを無視
-H, –hard-links ハードリンクを維持する
-p, –perms パーミッションを維持する
-o, –owner オーナーを維持する (root のみ)
-g, –group グループを維持する
-D, –devices デバイスを維持する (root のみ)
-t, –times タイムスタンプを維持する
-S, –sparse 密度の低いファイルを効率的に扱う
-n, –dry-run 実行時の動作だけを表示
-W, –whole-file rsync アルゴリズムを使わない
-x, –one-file-system 再帰的に実行された時にファイルシステムの境界を横断しない
-B, –block-size=SIZE rsync アルゴリズムのチェックサムブロックサイズの制御(default 700)
-e, –rsh=COMMAND rsh の代替を指定
–rsync-path=PATH リモートのマシーンで rsync のコピーへのパスを指定
-C, –cvs-exclude システム間で転送したくない広範囲のファイルを除外(CVSの方法と同じ)
–delete 送信側にないファイルを削除
–delete-excluded 受信側にある exclud ファイルも削除
–partial 転送途中のファイルを保存します
–force ディレクトリが空でなくても削除
–numeric-ids ユーザとグループの id 番号を転送して、転送後にマッピング
–timeout=TIME IO タイムアウトを設定(秒)
-I, –ignore-times タイムスタンプとファイルサイズのチェックをしない
–size-only タイムスタンプのチェックをしないで、ファイルサイズのチェックだけをする
-T –temp-dir=DIR tmp ファイルのディレクトリを指定
–compare-dest=DIR 受信側のファイルと比較するための追加ディレクトリ
-z, –compress 受信ファイルを圧縮compress file data
–exclude=PATTERN パターン一致するファイルを除外
–exclude-from=FILE ファイルに記述されたパターンと一致するファイルを除外
–include=PATTERN パターン一致するファイルを除外しない
–include-from=FILE ファイルに記述されたパターンと一致するファイルを除外しない
–version rsync のバージョンを表示する
–daemon rsync をデーモンとして走らせる
–config=FILE 別の rsyncd.conf ファイルを指定
–port=PORT 別の rsync ポート番号を指定
–stats rsync アルゴリズムの転送効率を表示
–progress 転送中の情報を表示
–log-format=FORMAT ログフォーマットを指定
–password-file=FILE ファイルからパスワードを得る
-h, –help このヘルプを表示する

光ファイバーサービスの提供終了

 契約しているプロバイダーから「旧テプコひかり」のサービス提供終了のお知らせが届いた。
調べてみると、「旧テプコひかり」を利用しているプロバイダーは、すべて終了するようだ。
終了時期は2011年9月とのこと、再来年のことなので、慌てる必要はない。

 契約変更を余儀なくされるわけだが、今後の対応については、追って連絡するとのこと、取り急ぎ「終了」の通知を行っただけだ。

代替案が示されていないのは、一抹の不安が残る。

「旧テプコひかり」は品質の良いサービスだ。
 ・回線占有型
 ・ゲートウェイなし
 ・プロバイダ側の制限なし
 これらのどこが良いかといえば、

「回線占有型」
 100Mbpsを他人とシェアしなくても良い。
 数百mを超える、大きなファイルを転送するのに、高速で転送できる。
 特に、LinuxのインストールDVDイメージをダウンロードするのには、特に威力を発揮する。
 CentOS5.4だと3.7GBもある。このサイズでも、先方のサーバーの回線が早ければ、10分弱である。
 速い回線を利用しているサーバーは、ftp.riken.jp

「ゲートウエイなし」
 ゲートウエイとは、いわゆるブロードバンドルーターともいう。
 これがあるのと無いのでは、まるっきり違う。

 昨年、プロバイダーの代理店が訪問してきて、「KDDIひかりone」への乗り換えを提案してきた。
 キャンペーン中と言う事で料金が安くなるとのこと、ゲートウエイを設置しなくても使えることを条件に、契約変更をした。
 ところが、工事完了後、ゲートウエイが設置され、その上、ゲートウエイが無いと接続できないとのこと。工事業者もずさんで、接続方法がわからないまま帰っていった。
 プロバイダー側から、代理店に確認をとり、上記条件で契約したことを確認の上、もとの回線への再工事を行った。
 代理店も工事業者も、仕組みを全く理解していなかった。

 ゲートウエイがあることによって、いくつかの問題がある。
 ネットワークの制御を自らできない。
 できないどころか、ゲートウエイの制御が、プロバイダー側からできてしまう。
 その上、詳細な設定がまるっきりできない。
 ネットワークテストを行ったり、サーバー関係のテストを行ったり、VPNの設定など、現状利用しているサービスが細かく設定できない。

 「プロバイダ側の制限なし」
 これは、上記のゲートウエイの問題と同じだと思っている。
 ルータを自ら設置し、自ら設定しているので、プロバイダー側で制限を行っていれば、利用できないサービスが、回線側なのか、ゲートウエイなのかが切り分けできる。
 5年以上使っていて、使えないサービスに出会うことがなかった。
 事実上、プロバイダー側の制限が無いと考えて良いと思う。

これらの条件を備えた、光ファイバーサービスが提供されるかどうか、不安が残る。

同じタイミングで、NTTの光回線独占について、総務省のタスクフォースが会合を開いたというニュースが掲載されている。
http://www.asahi.com/business/update/1211/TKY200912100481.html
NTTの光回線のシェアは7割を超えている。

電力系がそれに続くわけだが、この電力系の一部が、消えてしまうわけで、KDDIがダメだと、残る選択肢は、NTTになってしまう。

回線共有型の光、その上、独占的企業。

できることならば、今までと同じサービスを提供出来る、NTT以外の選択肢を用意して欲しいと思う。

 
 
 

WordPress Themes