RaspberryPi で ライン入力・録音

RaspberryPi を使って、PAでまとめられた音声を自動録音したい。

 

 

*必要なもの

USBオーディオインターフェース

他のUSBオーディオインターフェースでも使えると思いますが、手持ちのUSBインターフェースは、上記のものです。

単純にシェルスクリプトを仕込んでおいて、cronで呼び出して録音を開始し、設定時間後に録音停止

 

シェルスクリプト
ファイル名「record_mp3.sh」と想定

———-
#!/bin/sh
SERVER_URL=”http://*****.com//RecordData/”

#録音中表示用赤色LED点灯
echo 23 > /sys/class/gpio/export
echo out > /sys/class/gpio/gpio23/direction
echo 1 > /sys/class/gpio/gpio23/value

#USBオーディオデバイスの初期設定
#オーディオデバイスによって要不要がある
#/usr/bin/amixer -c 1 sset  Line Capture cap
#/usr/bin/amixer -c 1 sset  Line Capture  19

#録音データ保存ディレクトリへチェンジ
cd /home/record

#録音ファイル名の文字列を作成
DATE=`date ‘+%Y%m%d%H%M%S’`
FILENAMEMP=”.mp3″
FILENAME=$DATE$FILENAMEMP

#録音開始時のメール文字列作成
DATE_STR=`date ‘+%Y/%m/%d %H:%M:%S’`
MAIL_STR=”\nStart Recording \n”

#録音開始時メール配信
echo $MAIL_STR$DATE_STR |/usr/bin/mail -s “RaspberryPi Start Recording” -aFrom:RaspberryPi@******.com ******@******.com

#録音開始
AUDIODEV=plughw:1,0 rec –buffer 67000 $FILENAME trim 0 $1

#録音終了時、rsyncでサーバーへアップロード
/usr/bin/rsync -avP /home/record/ ******@******.com:/home/www/RecordData/

#録音データのうち、60日以上前の録音データを削除する
find /home/record/ -mtime +60|xargs -i% rm -f %

##録音中表示用赤色LED消灯
echo 0 > /sys/class/gpio/gpio23/value

#録音終了時のメール文字列作成
DATE_STR=`date ‘+%Y/%m/%d %H:%M:%S’`
MAIL_STR=”\nEnd Recording \n”
RECORDING_FILENAME=”\n\n”$SERVER_URL$FILENAME”\n\n”

#録音終了時メール配信
echo $MAIL_STR$DATE_STR$RECORDING_FILENAME |/usr/bin/mail -s “RaspberryPi End Recording” -aFrom:RaspberryPi@******.com ******@******.com

——————–

cron の設定

#recording
# Sunday service
28 10   * * 7 root /usr/local/bin/record_mp3.sh 7200

#Sutday CheckRecording
10 22   * * 6 root /usr/local/bin/record_mp3.sh 10

#Christmas
28 10   25 12 * root /usr/local/bin/record_mp3.sh 7200
58 18   24 12 * root /usr/local/bin/record_mp3.sh 7200
#1.1
28 10   1 1 * root /usr/local/bin/record_mp3.sh 7200

————–

テスト時の様子

テスト時の様子

録音時、LED点灯

録音時、LED点灯

参考にしたサイト

橋本商会
http://shokai.org/blog/archives/7914

Raspberry Piで Audio の録音
http://qiita.com/setsulla/items/c08a6d8fcdddc83c54c5

 

osxからsamba経由でファイルを書き込むと、パーミッションが指定できない。

CentoOS6.5 に sambaが入っています。

そのsambaにosxで接続してファイルを保存しても、パーミッションが644に固定されてしまう。

create maskだの
force create mask
だの
色々と試して見ても変化なし、、、


unix extensions = no
をglobalに追加すればOKということで、追記して再起動したら、設定した値で保存できた。

出典元
http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.5/htmldocs/manpages-3/smb.conf.5.html

unix extensions (G)

この真偽値パラメーターは、Samba が HP 社によって定義された CIFS の UNIX拡張を利用するかどうかを制御する。 これらの拡張は、UNIX クライアントから UNIX サーバーに対して接続する際に有用な CIFS を有効にし、 シンボリックリンクやハードリンクなどを利用可能にする。 これらの拡張により、Samba は UNIX の CIFS クライアントに対して、 シンボリックリンクやハードリンクといった機能を提供することが可能となる。

既定値: unix extensions = yes

というわけで、osxからsambaにつないで、かつゴニョゴニョやっている方は、これで解決いたします。

 

見えなくなったファイルを復活させるソフト

表題がイマイチのような気がする。
要するに、削除したファイルや、何らかの理由で読み取れなくなってしまったメモリーカードから、データを探して復元するソフトウエア。

TestDisk Photorec
http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download

ダウンロードして起動させればコマンドプロンプトが出てきて、後は指示通りに保存先を選択して、終わるのを待つ。
フォーマットしてしまったり、フォーマットが必要だと言われたメモリーカードでも、うまくすれば復元できる。

ギガジンのサイトに使い方が説明されていました。
http://gigazine.net/news/20070720_photorec/

 

Lenovo ThinkPad T42 Rescue and Recovery の パスワードを解除する

Lenovo ThinkPad T42 Rescue and Recovery の パスワードを解除する。

このパソコンをリカバリーしようとしたら、リカバリプログラムにパスワードが設定されていた。
元々自分の物ではないために、パスワードは判らない。
変更する手段も特に用意されていない。

元のパスワードが判れば変更も可能だが、その元のパスワードが判らないのである。

いろいろ調べてみると、インストールされているIBMToolsが残っていれば、初期化できることが判った。

C:\>cd C:\IBMTOOLS\utils\support
上記のディレクトリへ移動する。

C:\IBMTOOLS\utils\support>python
「python」と入力して、pythonを起動する。

>>> import setPassword
現在のパスワードを読み込む。

>>> setPassword.set(”,”)
空のパスワードを書き込む。
「0」と結果が返ってくるはず。

>>> ^Z
[Ctrl]+[c]で終了する。

この操作でRescue and Recovery の パスワードは解除できた。

液晶モニターがこんなに安くなっている。

液晶モニターがこんなに安くなっている。
様々な要因があると思うが、とにかく安い。
そして性能も決して悪くない。
ハイビジョン動画を見たり、3Dゲームをバリバリする必要のないビジネスユースでは、本当に十分。

一昔前のビデオチップを搭載しているパソコンは、ワイド液晶が表示できない。
ワイド液晶もビックリするくらい安くなっているので、買い換えと同時にワイドにしても良いのだけど、ビデオカードが別途必要になる。

お客様の使用方法と投資効果を考えたら4:3で十分と言うことで、下記のモデルを選択した。
このモニター、DVIとアナログの2系統入力が可能なので、後々リユースもしやすいかと思う。

デジカメも現像が必要だと思う。

ニコンD80を使っている。買い換えを検討するほど困っていないので、まだしばらくは現役でいるだろう。

それまではミノルタのαSweetDegitalを1年弱使っていた。αSweetはとにかく眠い写真しか写らなかった。現像をするなんて考えてもいなかったから、本体の設定を色々と試してみて、綺麗な写真になるように調整して使っていたが、不満は解消出来なかった。

そしてD80。概して言い得ることだが、デジカメの写真はどれも白っちゃけて写る。
特に人肌が真っ白に写り、死体を撮影しているような写真まで出来てしまう。
フラッシュを使うと特に顕著だ。

そこでRAW撮影したデータを使って現像処理に手を出し始めた。

使っているソフトは、市川ソフトラボラトリーのSILKYPIX。

まずはD80で撮影したRAW画像。

RAW画像

D80のRAW画像

D80がJPEGに変更した画像。

D80が処理したJPEG

何となく白っぽいと言うか、くすんでいるというか。撮影技術の問題も大いにあるかと思う。

次にSILKYPIXで現像した画像。
SILKYPIXが推奨するカラーバランスと露出で自動設定の結果。

SILKYPIXの自動設定で現像

これでも十分綺麗に現像できていると思う。
しかし、フィルムカメラで撮影して紙焼きしていたときは、もっと赤味のある写真だったと記憶している。人肌をもっと赤くしたい。
そこで、カラー調整をして、その他の細かい調整をして現像したのが下の写真。

自家現像した写真

写真の色味は、個人お好みがあるので、「ほら、この方が綺麗でしょ」と言うわけには行かないが、他人からいただくデジカメ写真は、人肌が本当に真っ白で綺麗じゃない。

せめて自分が撮り、他人にも差し上げる写真は、自分なりに綺麗な写真を差し上げたいと思っているし、自分が見ても綺麗だと思う写真を残していきたい。

このような色味を見つけて、どの写真もこのような感じに仕上げるためのノウハウは、結構時間を要した。また、撮影の度に現像処理をしないと使えないというのも不自由を感じている。

既に何年も現像処理をしているからルーチンワークになっているけど、初心者が作業するとなると、本当に大変な作業だと思う。

ブログからツイッターへのテスト、続き

テスト。

Ustreamの配信環境について

いろいろと調べているけれど、とりあえず覚え書きとして。

WebcamMax
複数のカメラを利用してピクチャーインピクチャーやエフェクトを掛けることが出来る、仮想ビデオドライバソフト。自宅では3台のWEBcamでPinPが可能だった。

ManyCam
複数のカメラを切り換えたり、エフェクトを掛けることが出来る、ピクチャーインピクチャーは出来ない。仮想ビデオドライバ

UstreamProducer
Ustream製の配信ソフト。Free版はカメラの切り換えが出来るが、ピクチャーインピクチャーが出来ない。有料版だとピクチャーインピクチャーが可能になる。

AdobeFlashMediaLiveEncoder
Ustreamサーバーへ向けて配信できる、配信ソフト。
このソフトへ映像と音声を流し込んで利用する。

KueIt
PC用のサンプラー
キー一つでタイムラグなしで発音する。
MIDIキーボードも接続できるので、AKAIのLPD8を接続すると、なんとスタートのみならず、ボリュームの操作もダイアルで操作できる。

USBカメラ
WebcamMax
AdobeFlashMediaLiveEncoder
の順番で繋いでいき、配信するのが今のところ安定している。
あとは、音声の配信だが、仮想オーディオデバイスの良い物が見つからない。
Macだとサウンドフラワー・レディオキャストという組み合わせで使えるが、Windowsだとまだ解決方法が見つからない。

KueItがうまく配信に使えれば、Windowsでも結構良いところまで使える。
マシンパワーは必要で、ひ弱なノートパソコンだとCPUが常に100%になって、画面がなめらかに配信できない。

更に研究は続く。

バーコードリーダー

バーコードリーダーを探してみたら、安くて十分使える機種が安く販売されている。
数年前までは1万円を超えていた上、安い機種は機能や読みとれるバーコードの種類も限られていた。しかし、今は6千円前後で、実用に耐えうるバーコードリーダが売られている。

もちろん実用に耐えると言っても、ヘビーユースでは問題があるだろう。
しかし、最安値のバーコードリーダでも設定変更が可能で、改行コードの有無設定や、多くのバーコードの読みとりが可能である。

そして、amazonが安い価格で販売している。

店舗販売は悲しくなってくる状況ではあるが、品質の差がなければ、やはり安い価格に流れてしまうのだろう。紹介した商品は、以前購入して試したことがあり、何ら問題なく利用できた。

Felica Lite カードを購入した

FelicaLiteカードを購入した。
昨年には発表されていたが、販売が始まったのがつい最近、そのうえ業務用のため個別販売は基本的にされていない。そんな中1枚から販売している会社を見つけたので早速注文してみた。

felicaカード(左)とFelica lite カード(右)

普通の生カードが届いた。中のFelicaチップが違うだけで、外側は今までと同じ。
早速IDmを読みとってみたが、通常のFelicaと同じく、一意のIDmが取得できた。
通常のFelicaが、1枚あたり1500円前後、このFelicaLiteは1枚400円。

一意のIDmを使って、ユーザー認証程度に使うには、FelicaLiteで十分である。
FelicaLiteシールも今後出荷されるとのこと。シールになればもっと気楽に使えるようになるだろう。

開発キットも、AdobeAIR・AdobeFlash対応版だと無償で利用できる。

ネイティブアプリを作るには、有償版の開発キットか、ユーザが開発したフリーのライブラリを使うしかなかった。これは今後も変わらないのだろう。しかしAdobeAIR・AdobeFlashならば、比較的容易にアプリが作れ、動作環境の縛りも少ないとなれば、こちらの選択の方が賢いのかもしれない。


ソニー Felica
http://www.sony.co.jp/Products/felica/index.html

Felicaカードの販売サイト
http://godhand.ocnk.net/

Felicalib フリーのFelicaライブラリ
http://felicalib.tmurakam.org/index.html

WordPress Themes