壁からクリスマスツリー


11月30日からアドヴェントに入った。
そろそろクリスマス準備・・・。
結婚して8年。初めてクリスマスツリーを飾った。
ごく一般的な、150センチのツリーに電飾。
でも、飾り方が「一般的」じゃない!
フツー、土台の上にツリーが乗っているじゃないですか。
ウチの場合、壁に貼り付けてあるんです!!

夫曰く、「『木』の状態だと邪魔になるでしょ。壁についてれば、
そんなにスペース取らないじゃん」とのこと。
ま、いいか。
ツリーを飾ったら、三男は
「ハッバーデーツーユー!」(Happy birthday to you)
と歌っていた。クリスマスは、イエス様の誕生日だから、
間違っちゃいないけど、ちょっと違う・・・。
夜になると、少しの間、電飾をつけて楽しんでいる。
キレイでいいなぁって、ちょっと現実逃避・・・。
昼間に見ると、壁に浮いているツリーは少し、中途半端。
それを見て、おバカ夫婦の会話。
「もうひとつ、小さいツリーを飾って、森みたいにしよっか。」(夫)
「え〜。だったら、クリスマスクリブがいいんじゃない?」(妻)
*「クリスマスクリブ」はイエス生誕の場面のお人形です。
「ウチ、クリブあったっけ?」(夫)
「人形はあるんだけどね。小屋はないよ。」(妻)
「あ、ウチ、杉板あったよね。焼き杉の小屋でも作ろうか。」(夫)
「あのさ〜。飾りの小屋を作る前に2階の天井作ってよね!」(妻)
チャンチャン!!
そう。未だウチはリフォーム進行中(3年越し)・・・。
ほとんど物置となっている2階の北側の部屋は、まだ屋根裏の防寒材が見えたまま・・・。
天井が張られていない。
子どもが大きくなると、使い勝手も変わるから、きっと、一生「リフォーム中」かも。

緊急地震速報

品川ケーブルテレビに加入した。
裏のお宅が立て直した直後から、映りが悪くなり、裏のお宅のアンテナからテレビを受信していたのだけれど、それでもあまり直らなかったこともあるし、地デジになってしまうし、今まで加入していたWowowをあまり見なくなってしまっていたこともあるし、そちらを解約して、品川ケーブルテレビにした。
 先週木曜日、その工事があり、ケーブル設置の外工事と、ブースターの設置、ついでに「緊急地震速報受信機」もつけた。
当初2時間で工事が終わる予定だったが、屋根にあがる工事があるのに、バンにはしごを積んだだけで来ていたため、ゴンドラのついた工事用車両を待つことになってしまい、3時間かかってしまった。
最後に「緊急地震速報受信機」(ながい・・・。)のテストをしてくれたのだが、「震度6 18秒前・・10、9、8、7、6、5、4、3、2、1」って言われるとちょっとコワイ。パニックになってしまいそう・・・。学校から帰っていた長男に、「こうやっていわれたら、どうする?」と聞くと、「う〜ん。ソファのマットの下に隠れる」と答えてた。
テーブルでは、イスが倒れ込んできそうだし、マットにくるまっていれば、もし、電灯が落ちてきたりしても、保護してくれそうだから、とかなりまっとうな返事だった。

ところが、翌日、長男が熱を出して学校を休み、たまたま休みを取っていた夫と家にいた。私が帰ると、
「今日、地震があったんだよ」という。
「震度2って、機械が言っていて、そしたら少しゆれた!」
と言う。うわぁ、ちゃんと震度2でも知らせてくれるんだ。なんて思っていたら、翌土曜日。
朝、出勤前に、耳鼻科の予約をしたりバタバタしていると、何か音がする。良く聞いてみると、「緊急地震速報受信機」がブーブーと警報音を出している。あわてて「テレビ消して!」ともっと良く聞こえるようにすると、「地震が来ます。震度2。30秒前」と言っていた。そして10秒前からのカウントダウン・・・。声がしなくなって一呼吸あったあと、グラグラと揺れ始めた!!けっこう長いこと揺れていたように思う。
揺れが治まり、「テレビ!NHK!」と夫が促しこともがテレビをつけると、すでに岩手・宮城地震の速報が流れていた。震度6。東京は震度3だった。
 地震のニュースを見ると、「緊急地震速報受信機」、バカに出来ないな、と思う。
でも、「震度6。30秒前」なんて言われたら、どうするだろう・・・。それこそ、長男のように、マットにくるまるのが良いのかも。
あと、懐中電灯、ラジオなど、グッズを集めるのが趣味である夫がいるから、防災用品には事欠かないけど、それが、バラバラに散っているのは意味がない。かも・・・。

ゴーオンジャーごっこ

次男の「マイブーム」は「戦隊もの」。毎週録画した「ゴーオンジャー」は、毎日のように繰り返し見ている。保育園でも、お友達と「ごっこ」遊びをするらしい。昨日は、迎えに行くと、青っぽい柄の風呂敷をマントにして「マジレンジャーごっこ」をしていた。「マジレンジャー」は3年も前のものだから、記憶にないはず。でも、衣装にマントがあるのは「マジレンジャー」なのだそうで、「おれ、マジブルー!!」と張り切っていた。(確か、マジブルーは女の子だったはず・・・)
家でも、「おれ、ゴーオンレッド!!!」と2年前の「ボウケンジャー」のときに買ったおもちゃを持って、兄ちゃんに「それは、ボウケンジャーのだよ!」とつっこまれながらも、ノリノリでごっこ遊びをしている。
奇しくも、うちは5人家族。しかも、今回の「ゴーオンジャー」の編成もオトコ4人のオンナ1人。そーなると、次男の中では、「おれ、エスミ ソウスケで、ゴーオンレッド。ママは、サキで、ゴーオンイエロー。」と勝手に役割が決まってくる。そして、父さんはレン・ゴーオンブルー。長男はグンペイ・ゴーオンブラック。三男がハント・ゴーオングリーンとなるらしい。
その遊びが始まると、「よし!変身だ!!サキ」と言いながら私のところへ来て、変身の仕方のレクチャーが始まる。「こっちの手がこうで、こっちにこうやってやるでと(しょ)。こうやりながら、『ゴーオンイエロー!』っていうんだよ」とか、「ママは、サキだから、『そーだね。ソウスケ』って言ってね。」など、こちらが料理をしていようが、三男の紙パンツをはかせるのに苦労していようがおかまいなし。
はっきりと、「ゴーオンジャーごっこ」をしているとわかっていれば良いけれど、たまに、突然、「レンは?」なんて聞かれると、ビックリする。でも、「レン?父さんは仕事に行ったよ」と言うと納得している。あくまでも役にこだわらなくてもいいらしい。
長男は「マジレンジャー」の時に「戦隊もの」にはまった。少し遅いデビューだったと思う。最初の子だから、なるべくそういったものを見せず、ディズニーのものを良く見せていた。あと、「天使にラブソングを」にはまり、「I will follow him.」と歌っているのを「アロハロヒ〜」と歌っていたこともあった。その長男も小学校にはいると、「戦隊もの」から卒業したようだ。でも、今はまっているのは「ポケモン」。あんまりレベルは変わらないかも。
三男が小学校に入るまであと5年。その間はきっと、私は「○○イエロー」とか「△△ピンク」とかにさせられるのだろう。

あ〜はるやすみ!!

昨日、終了式を終え、長男は今日から春休み。
夏休みと違い、宿題がない!こちらも、少し、のんびり気分。
ただし!!こちらは仕事だ。となると、すまいるスクール(学童保育みないなところ。学校内にある)に行くことになるのでお弁当がいる。朝からせっせと夫の分もふくめ、二人分のお弁当を作り、下の子たちの世話をしていると、長男は、「せっかくのお休みなのに、すまいる なんか行きたくない!」と言い出した。しかも、火曜日はサッカーの練習があるのに、それも行かない!とのこと。どうするのか聞くと、「留守番してる!」という。
ちょっと不安を残しつつも、お弁当も作ってあるし、ママの携帯の番号も知っているし、なんとかするだろう、と置いて仕事に来た。すると・・・・。
1時間もしないうちに電話が来た!最初は、
「耳で計る体温計で体温を測ったら、3.3度だったけど、どうなってるの?」というもの・・・。
「それね、カバーは三男くんがかじったでしょ、だから、正確じゃないの。」と安心させる。多分、3.3度ではなく、33度なのだろう。
また、1時間もしないうちに次の電話。
「父さんのコンピュータが勝手にうごくんだけど」というもの。
父さんは、仕事場から家のコンピュータを動かせるようにしているから、そのためだと説明する・・・。まだお昼まえだというのに「もう、お弁当食べちゃったよ」と言い出す。「もう?!」と驚くと、「10時53分に食べ始めて11時4分には終わったよ」となぜか細かく教えてくれた・・・。夕方、お腹が空くんだろうなと思いつつ、また電話をかけてくるだろうから、いいか、とも思う。
案の定、1時頃次の電話。
「コンピューターのゲームやってもいい?」というもの。
お約束にしていた、算数のプリントとチャレンジもやったというので、1時間だけならいいよ、とOKする。
次にかかってきたのは、3時頃。
「もう一度ゲームをしたい」というもの。
お約束にしていたものをもう1度したら良いよ、と話す。
なんだか、仕事にならん!!
と、書いていたそばから電話。
「さっき、電話を切った瞬間に電話がなったけど、すぐにきれちゃった。もしかすると、ドラえもんのDSソフトが当たったのかもしれなかったのに!!」というもの。
21日に放送されたドラえもんで、最後に問題が出て、正解者の中から100名にDSソフトが当たるプレゼントがあった。それは、当選者には電話がかかってくるらしいのだが、それもあって、今日は出かけたくなかったらしい。

これから、約2週間。どう切り抜けようか・・・・。

ママ語録?

こどものおもしろい言葉、だけでなく、自分でもやらかしてしまうことが、しばしばある。

昨日の夜のこと。
長男はとにかく、宿題が嫌い。かんたんなプリントの場合、文字はヘロヘロだが、1分で終わらせる・・・。そうもいかない漢字テストの練習。これが彼にとっては何より、嫌な時間。ヘタをするとやらずに寝る時間を迎え、やっぱりヘロヘロな字でおわらせてしまう。なので、下の二人をほったらかし、一緒に机に向かうようにした。
昨日は1年生の間に習った字のまとめ。やっぱりいい加減に書いているので、書き順が違ったり、間違えたりしていた。
「百」の字のとき、「白」を書いてから「一」を書いた。
「え〜。書き順ちがうでしょ。この「一」が一番上」
と言ってしまった。
「??」長男と顔を見合わせ大爆笑!
「どの順番で書いたって「一」は一番上だよ!」
ともちろん、つっこまれた。
「そーだよね!言いたかったのは、「一」を書いてから「百」を書くんだよって・・・」
と言いかけ、またもや大爆笑。
「違う!「一」かいてから、「白」だった!」

こんなママのもと、勉強を続けていく子どもたちに明日はあるのか?!

楽しい(?!)ひなまつり

しつこいようだけれど、うちにはオトコばかり・・・。
「ひなまつり」はやっぱり、関係ない・・・。
彼らにとって興味があるのは、「ひなあられ」のみ。
人形をかざろうと、テーブルに花をかざろうと、ちらしずし(今年は母の手作り)を用意しようと、いっこうに介さない。結局、飾ってあった折り紙のおひな様は、無くされてしまうし、ひなあられを開ければ、鳥のヒナ状態で、皿をつっつきあい、しまいにこぼしてしまうので、被害ばっかりだった。
「ひなまつり発表会」では、大泣きだし・・・。
リビングの棚の戸に、黒板塗料がぬってある。ハロウィンの時や、クリスマスには、それに合った絵を描いていた。
長男は、「3月の行事ってなんかあったっけ?」と言い出した。「ひなまつり。もう終わっちゃったけどね」と答えた。

ま、次の「行事」、「イースター」は是非是非楽しく過ごしたいものだ。黒板も「イースターの絵を描く!」とうちの長男画伯は張り切っているし、準備に取りかかろう!

ひなまつり発表会

今日、保育園の「発表会」があった。近くの文化センターを借りて、この1年でできるようになったこと(乳児クラス)の発表や、劇、合奏(幼児クラス)の発表などがある。
去年は、長男の卒園が間近だったし、感慨深いものがあったが、今年も、「涙の発表会」だった!!(なぜ?)

挨拶、5歳児クラスの歌から始まり、まずは、0歳児クラスの三男。
保育士たちに手を引かれて舞台に登場。舞台にチョコンと座り込むと、保育士が名前を呼び、それぞれ、かわいく手を挙げていく。そこまではよかったけれど、次に「げんこつ山のたぬきさん」。三男は、きょろきょろと舞台から客席を見渡しているだけ・・・。一応、やっている子もいたけれど、けっこう、みな、すまして座っていた。
泣いてしまうかも・・・。と心配していた三男のほうが無事に終わった。

ところが・・・・。次男が登場する直前、次男の泣き声らしきものが聞こえてきた・・・・。
やっぱり、保育士たちに連れられて出てきた次男は大泣き!!
上を仰いで「マ〜マ いぃ〜」(泣くときの口癖)と号泣している。慌てて舞台に近づいて声をかけても聞こえていない。結局、他の子たちが手遊びと、ちょっとした動作のものをし、退場していくまで、号泣し続けた・・・・。終わって舞台そでに迎えに行くとまだ泣いている・・・。しばらくロビーで落ち着かせた。どうも、本番直前に、ほっぺたをぶつけてしまい、それがきっかけで、泣き続けてしまったらしい・・・。
最終的に1番めだっていたけど・・・。

終わってしまえば、何のことも無く、他の園児の出し物を楽しそうに見て、お土産をいただいて帰ってきた・・・。

昨日の3兄弟

長男。

いつも、連絡帳には「明日の時間割」「もちもの」「宿題」「ひとこと」を書いてくる。それを見て、宿題や持ち物をチェックするのだが、昨日は27日分のあとが空白だった。
「今日は連絡帳に何も書かなかったの?」と聞くと、
「あ、一番後ろに書いちゃった」とのこと・・・。
まだ、半分も使っていなかったのに、いきなり最終ページに書いている・・・・。

次男。(これは、今朝のこと)

父さんが、ヘッドホンを使わせてくれた。ニコニコしながら聞いている。その間に、三男が次男が大事にしている、「チャレンジ」でもらった、おもちゃをさわりはじめた。
「三男くんが使っているよ。いいの?」と聞くと、
「それはね、子供用だからいいんだよ」とのたまわった・・・。

三男

後追いの激しい三男。夕食後にママがトイレに行くと、ついてきた。ドアの外で泣いていたが、ママがドアを開けようとするとおさえてくる。
「開けて」と頼んでみても、ドアをしめてしまい、閉じこめられてしまった。しばらくしたら、離れていくかな、と思い、何も言わないで待ったら、速攻、
「マ〜マ!!いぃ〜!!」と泣き出した。
ドアを開けると飛びついてきた。
「お前が閉じこめたんじゃい!!」とつっこんでおいた。

鉄ヲタ

最近、鉄道ブームだが、家にはそれをよろこぶヤツが二人いる。
一人は、夫。小学生の時からの「鉄ヲタ」だそうで、家には「鉄道ジャーナル」だの、「鉄道ファン」などという雑誌がころがっている。それを持ってきて私に読め!とせがむのが、三男!!
おいおい、1歳半のキミに、「この車両は〜」なんて、性能のことをはなしたって、わかんのか?と思うのだが、雑誌を見つけてると、嬉しそうに持ってきて、写真を眺めては、「コレハ?」と繰り返す・・・。しかたなく、すべてに「電車!」と答えているが、遺伝子ってコワイ・・・。
2月最初の日曜日、大雪が降る中、そんな二人と、長男の利害関係が一致し、我が家は一家でランドマークタワーへでかけた。
長男の目的は、「ポケモンセンター横浜」。夫と三男は「鉄道模型展」。
出かけよう!となってから、着替えをしたり、準備をしたりで30分。ようやく外に出ると、雪の中に足をつっこんだ!とかで靴下をもう一度履き替えたり、やっぱり、タオルがいるよね、とかでもう30分。そこまでで私は疲れてしまった・・・。
ランドマークタワーにつき、まずは、次男の長靴とズボンを探す・・・。GAPでズボンは見つかったものの、いきなり\4800-。イタイ出費だ!!でも、長靴ってあまり売っていないらしく、なかなか見つからない。お腹が空いていたので、軽いランチをとり、長男は、DSソフトに目的のポケモンをゲットして(母は書いていて、意味が良くわかっていない・・・)鉄道模型展へ。
会場に入ると、大雪なのに最終日ということで、かなりの人だかり。恐るべし「鉄ヲタ」!
三男はもう、大興奮で、「でんちゃ〜!!!」「カンカンカン(どうも、線路のことらしい)」と叫びまくり、かぶりつきで様々な箱庭に電車が走っていくのを眺めていた・・・。
次男は、まあ、何となく楽しいからいいや、みたいな感じだったが、疲れてきたのか、その後、「抱っこ!」をくりかえし、最後にようやくLLBeanで赤いステキな長靴を購入し、帰路についた。帰りの電車の中でも、三男は電車がすれ違うたびに「でんちゃ!」を繰り返し、大声をだして、ママを困らせた。

「鉄ヲタ」って、遺伝なのかしらん?でも、長男、次男はそれほど興味を持っていない。顔も一番父さん似の三男だけが、寝てもさめても「電車Love!!」と言った感じだ。
「ヲタク」って、ちょっと行きすぎてしまうとコワイ気がする。どうなんだろう?今から心配してもしょうがないか。

インフルエンザ!!

先週末、三男が鼻かぜをひいた。
土曜日、父さんがお医者さんに連れて行き、「熱が出て、食欲がなくなるかも」といわれたらしい。
ところが、三男は鼻水はひどいものの、食欲旺盛で、熱なんかちっともでず、元気いっぱい!!
と、思っていたら、日曜日、次男が調子わるくなってきた。まさに、熱が出て、食欲がない・・・。
月曜日受診すると、「インフルエンザです」とのこと。タミフルが処方された!
その日から2日ほどはぐったりしていた。でも、早くにタミフルを飲んだからか、ウィルスが弱かったのか、水曜日の午後には元気になった。
でも、甘ったれは強くなり、何かと言うと「抱っこ!」を繰り返していた。それに納得がいかないのが、三男。いつもは、自分を抱っこしてくれるはずのママが、次男を抱っこしている。ヤケになって、次男をたたいていた・・・。次男もやり返す・・・。
一番大変なパターンだ・・・。
金曜日、朝受診して、「治癒証明書」をもらい、保育園へ行く。でも、時間が遅かったこと、甘ったれが強くなっていたことで、お別れが大変だった。門にしがみついて、「ヤダ〜!!」と泣いていた。よっぽど、連れて出勤しようかと考えたけれど、無理させてもよくないので、先生に何とかなだめてもらった。
ところが、夕方迎えに行くと、「熱が37.8度ある」とのこと!逆に無理させてしまったのだろうか??
今日の土曜日、私は仕事が忙しく、夫に任せていった。すると、11時ごろから3時過ぎまで寝ていたらしい。私が帰ってきても、だるそうにしていた。そして、また、8時ごろから寝ている。熱で体力を消耗してしまっている様子。
また、のんびりと週末を過ごすことになりそう。