地震とストレス・・・

3.11の地震当日は、仕事場にいた。
東京タワーのさきっぽが曲がってしまったことに驚いた。
家族が車で迎えに来てくれたのだが、普段20分の道のりが3時間半かかった。
その日以来、毎日、緊急地震速報は流れている。
もうじき2歳になる四男は、「ジチン ドンドン」としゃべっている。
「地震、震度2。20秒後」をまねているのだろう。

そんな中、次男は卒園した。
地震の翌週だったのだが、かなりばたばたとした中で迎えてしまった。
でも、というより、だからこそ、泣けてきた。
長男がいたから、いやがることなく保育園に行き、2つ下に弟がいるために何かと
後回しになってきていたように思う。
その上、震災のため、謝恩会を延期、思い出遠足は中止・・・。
今、給食には牛乳が出ていないらしい。「牛乳、命!」の次男なのに・・・。

我が家でも、牛乳が手に入りにくいのは堪える。朝、出勤時間を遅らせ、
「お一人様1本ずつ」の牛乳を夫と買いに行く。

三男は、かなりストレスがたまっている。その矛先は四男に向かう・・・。
ただ四男が見ていたというだけで四男を突き飛ばしたり、たたいたり・・・。

長男も、先週は「頭が痛い」と言いだした。診察を受けると「ストレスね」とのこと。

でも、見かけでなく誰よりもストレスをためているのは夫かもしれない。
阪神・淡路の震災の時、ボランティアを長期で行い、「被災地」の現場をしっている。
ボランティアとしてでなくても、現地に行きたいと思っているはずだけれど、私たちが
いるために、自由になるお金と時間がない。
かといって、今時、情報は溢れんばかりに押し寄せる。
その上原発。
子供を守るために、かなり多くの情報を集め、消化しようとしている。
ストレスになるのは、仕方ない。

私?幸いにも、あまり「知りたがり屋」ではないし、倍になった仕事量と
まとわりついてくる子どもたちのおかげで、地震によるストレスはないハズ。
私くらいは、脳天気にしていないと。

Like a singing… Like a dancing…

「不惑」へのカウントダウン


39歳になった。
「不惑」まであと1年・・・。
それにしても、誕生日当日も、
「早くご飯食べなさい!!」
「遅刻しないで学校行け!!」
「野菜も食べなさい!!」
「(お風呂からあがったら)裸のまま遊ぶな!!」
などなど、怒鳴りっぱなし・・・。
子供に振り回されてばかりで、「不惑」など遠すぎる・・・。

洗濯機の排水パイプが破け、修理するのに、子どもたちを実家に預け、
パイプを買いに島忠へ、誕生日デート??
その後他の買い物に、商店街へ出かけたら、大崎の教会の信徒さんに会い、立ち話。
その後八百屋さんで再会したら、「誕生日でしょう?」とその場でイチゴを買っていただく!
実家から帰ってきた二男・三男はプレゼントを作ってくれていた。
次男はおひな様と包み。三男はりぼんと箱。

中身は・・・。
お財布とお札!!
お札は10000 だったり、5000 だったり。
中には0005 というのもあった。
お金じゃないのかな?
三男は絵も描いてくれた。
「ひまわり」だそう。
あったか〜い気持ちになった。

最近のブーム??

あつ〜い!!
8月もそろそろ終わりに近づいているって言うのに!

この年まで、ビールをおいしいと思うことがなかった。
25を越えたあたりで一口目を「おいしい」と感じることがあっても、
その後、そのおいしさは続かなかった。
だからこそ、あまり「飲みたい」って思うことがなかった。

ところが、この暑さからか、ストレスがたまっているのか、
ココのところ、ビールがおいしい。
子どもたちが寝てしまった夜中、夫と「真夜中ビール」。
これが、けっこう心地良い。

あれぇ?ずっと味覚だけは子どものまま、だったんだけどな・・・。

体力に問題が・・・。

すごーく久しぶりに更新する。
前に書いたのは11月だから、その間、正月があり、
38歳になり、4男の保育園決定があり、進級・入園があり、
4男は1歳になり、父さんは39歳になり、3男は4歳になった。

仕事をして、帰れば父さんが食事の準備はしてくれている。
洗濯物も父さん担当。お風呂も結構な割合で父さんが4人を入れてくれている。

それなのに・・・。子どもたちを寝かしつけると自分も寝てしまう。
その後に起きて何かすることが出来ない。
3男までは、仕事と家事ほとんどが私の担当だった。
子どもを寝かしつけてから、終電あたりで帰ってくる父さんの食事に
つきあうこともできた。
今は、かなり負担は減っているはずなのに、できない。

寄る年波には勝てないって現実。キビシー!

いつのまに・・・?!


8月28日、長男は9歳になった。
私自身、「ママ歴9年」ということだ。
いつのまに・・・?!
Babyが生まれたことで、まだまだ「赤ちゃんのママ」
気分でいたけれど、
写真を見ると、まざまざと「1少年のママ」であることがわかる。
「年をとった」と言ってしまえばそれまでだけど、「年月の積み重ね」というだけじゃすまない試行錯誤がある。
特に長男は、「初めて」ということ「異性」ということ、
そして「自分自身の鏡」であることが一番強く感じ取られるので、彼が成長していくことは、
そのまま私が母親として成長していくこととイコールだと感じている。

さて、私はどんな「ママ」に成長したというのだろう?
毎日、怒鳴ったり、わめいたり、泣いたり・・・。頑張りが空回りすることも多い。
子どもたちが最近毎日「ママ、かわいいよ」なんて言ってくれると、逆に
「気をつかわせているのかな」と思ってしまう・・・。
もちろん、子どもたちも私の顔色を伺っているだけでなく、掛け値なく
そう感じているときもあるはず。

あと10年もすると、全員が今の長男を越えていく。
楽しみのような・・・恐いような・・・。

おまつり

9月12日と13日、お祭りがあった。
今回、土曜日は私も夫も仕事、日曜日には友人のお子さんの洗礼があり、子ども1.2.3は
夫の妹に見てもらった。
日曜の午後、1はお友達と過ごしていたので、2・3を連れて子ども神輿に加わった。
そして、夕方、神社の縁日をひやかしに家族で行った。

私が小学生のころも、お祭りの縁日は楽しみだった。
やきそば、水あめ、ソースせんべい、わたがし・・・。
ほとんどを、ただひやかして歩いた。
ビーチボール大のヨーヨー、ガラスのアクセサリー、おままごと道具・・・。
そういえば、最近は見ない。

今は、おまつりって楽しいのがわかっているだけに、けっこうやっかい・・・。
何しろ、山車を引くとものすごい量のお菓子の袋をくれる。
それが3人分。家中がお菓子だらけ・・・。
そして、子どもたちがゲットしてくるものは、エアガンだったり、小さなガラス玉だったり、
おもちゃのヌンチャク・・・。
寝返りを打つようになり、なんでも口にいれたがる赤ん坊がいるなかでは、かなり困る!!
しかも、今どき、1回が500円くらいするから、小学生など、平気で2・3千円を使い切ってくる。

あー。しばらく、飽きるまでは、ちょっとイライラ・・・。

あ〜なつやすみ!!!

9月に入り、新学期が始まった。
まだ、3日目だと夏休み気分が少し抜けていない・・・。

産休明けすぐであったこともあり、「夏休み」は、8月26日から3日間いただいた。
長男はそろそろ夏休みも終わりかけていたが、毎日遊んでいるのを見て、
次男が「夏休み」に憧れを持っていたので、無理クリ「夏休み」をとった。
月曜日が休みなので、結果、31日まで子供たちは夏休みとなった。

ただ、3ヵ月半の赤ん坊を連れてどこかに行くのもキツイし、夫は仕事が重なっていたので、
お出かけは10月に弟の結婚式で松山に行くのを楽しみに、家でダラダラと過ごした。

すると、二人の保育園児も、朝から晩まで、せま〜いリビングにプラレールを広げて遊んだり、
小学生に混じって外で遊んだり、とにかく遊び放題だった。
三男はある1日など、2度も鼻血をだした。次男は毎日夕食を食べ終わるのと同時、
もしくは食べながら寝てしまっていた・・・。
しかも、鉄ヲタの父は子供たちが作ったプラレールを夜な夜な増強するしまつ・・・。
足の踏み場がない!!!

次男・三男は遊んでいるだけで良い。でも、長男には宿題がある・・・。
8月2週目ごろ、夫が長男の宿題については担当する。といいだしたので、
「やりなさい」と言いたいのをかなり我慢した。

ところが、30日夜の時点で残っている宿題。
・読書感想文
・自由研究
・新聞(絵日記の代わりのようなもの)
・1行日記
・リコーダーの練習

「・・・・・」

1日でどうする??!!

31日も夫は仕事で動けない・・・。
台風で外に遊びに行くわけにも行かず、4人とも家にいる中で、宿題にとりかかる。
きっと、血管切れ掛かっていたに違いない。と思うほど、イライラした。
長男には「焦り」というものが無い!!
本人にそれぞれどれだけの時間がかかるか見積もらせると、
新聞に3時間、自由研究に5時間、読書感想文に2時間・・・。
すでに時間はお昼だったりする・・・。
下の弟たちが遊んでいる中、自分だけ宿題をするのは乗り気でないことは十分理解できる。
でも、提出は翌日。せめて、もう2・3日前から慌ててほしかったけれど、その気配すらなかった。
しかたなく、下の二人も勉強の時間にしてみる・・・。

結局・・・。新聞・1行日記はやらないまま、自由研究は、以前、仕事場に遊びに来たとき、
あまっていたダンボールとゴミ袋でつくった「ホバークラフト」に、ポテトチップスの
箱をくっつけた「船」(?)を作った。
でも、1日、宿題は明日でも良いらしい、と持っていかなかった。
夫は、ようやく、「じゃあ、「ホバークラフト」の原理だとかをレポートにすればいい」
と言っていたが、結局、そのまま翌日持って行った・・・。

「休み」とは言え、自分の休める時間など、ほとんど無かった。
仕事に行っている時のほうが、ゆっくりできる・・・。

これから、休みも終わり通常のペースに。って思っている矢先に、「秋の連休」とやらが
やってくる・・・。

自分のために休める日はくるのか・・・??

答えはひとつ?

ちょっと前から、長男の算数のことで、気になっていることがある。
夏休みのドリルの答え合わせをしていた。そのページは「水のかさについて」。
問1はかっこを埋めなさいというもの。
?1リットル=( )デシリットル
?1リットル=( )ミリリットル
問2は水のかさを答えなさい。とあり、図が書いてある。
?1リットルの容器が3個。
?1リットルの容器2個と1デシリットルの容器3個
?100ミリリットルの容器5個
答えは、ちゃんと解答の本がついている。
問1はもちろん、?が10。?が1000。
問題は問2。解答の本には?3リットル。?2リットル3デシリットル。?500ミリリットル。
としか書いていない。
長男は?を5デシリットルと答えている。
さて・・・・。
もちろん、間違いではない。
問1で変換させる問題を解いているのだから、変換したことに無理はない。
でも、解答には答えが1つしかない。
ちょっと、納得がいかなかった・・・。

もう1つ。
これは、7月に授業参観があり、算数の授業を見せてもらったときのこと。
その時の課題は「距離と道のり」。
黒板には大きな地図が張ってあり、同じプリントを生徒たちは見ながら授業する。
地図には、Aさんの家。小学校。駅。図書館などがある。地図の下の方(南?)には川が流れている。
赤ん坊の授乳で遅れていったのだが、その間に大まかな説明はあったらしい。
先生:「じゃあ、Aさんの家と図書館の距離はどこかわかるかな?○さん、黒板の地図で指してみて。」
○さん:「これです」(直線距離を指し示す)
生徒達:「いいで〜す」
先生:「そうですね。じゃ、今度は道のりはどうなりますか?△くん、この棒でさしてみて」
△くん:「ここから、こういって・・・」と、彼は途中少しはずれた駅を通って行く道を指した。
生徒達:「ちがいま〜す」
先生:「うん。ちょっと違うね。わかる人」
結局、他の子が最短で行けるコースを示し、正解となった。

私自身、「距離と道のり」は同じように小学校では習った。
距離=直線距離。道のり=地図上の道の中で最短で行けるコース。だった。
でも、いつからか、「道のりだって距離じゃん」ということに気づいた。

それでいいのだろうか?図書館に行くのに、駅に寄っていったとしても、「道のり」だ。
授業参観のときも、ある男の子は、
「俺だったら、この川を通っていく。地図に無いとこに橋があるかもしれないし」と言い出した。
それを担任は、「あるかどうかわからないから、ダメ」と一蹴していた。
算数の時間には、「想像」は必要ないらしい。
「個性を伸ばす」とか、「想像性を豊かに」とか言う話は夢物語か・・・。
これから先、答えが一つではない物事にたくさん出会う。
たとえば、歴史・・・。どの方面から見るかによって、内容は大きく変わってくる。
それを学校はどう教えるのか。そして、私たち親がどう考えるか・・・。
頭の痛い問題だ・・・。

やっちゃった・・・。

夏です。毎日暑いです。
子どもが4人、一人はまだ動かないことをさっ引いても、部屋の温度があがります・・・。

長男は夏休みに入り、毎日、宿題そっちのけで遊んでいます。
もちろん、プールは毎日あります。
保育園でも、毎日のようにプールや水遊びをします。
ですから、毎晩、水着を洗って翌朝までにかわくよう、部屋内に干しておきます。

昨晩も、10時ごろに四男に授乳、兄ちゃん達をねかしつけたら自分も寝てしまい、
12時頃起き出して、次の授乳までまだ1時間くらいあるから、と洗濯を始めました。
洗濯物を干し終わり、翌朝のために着替え3セットと保育園チームのプールバッグ用に2セット
着替えを用意し、持っていくものもセット。
それでも寝ているので、ブログを見たりしていると3時前!!
朝はラジオ体操に行くから6時に起きなくてはならないので、四男の体を動かして起こし、
おっぱいをあげてから就寝。
で今朝、三男は行かないと言うので、長男と次男だけ連れてラジオ体操へ。
帰ってくると、起きたら兄ちゃん達がいなくて、
「ホントは行きたかったのに!!」と三男ぶんむくれ・・・。
そこから朝食の準備、四男のおっぱい、保育園の連絡帳の準備をして、9時過ぎ、保育園チームは慌てて出発。
長男は11時からなので、ゆっくり水着を準備しようと物干しを見ると、
次男・三男の水着と帽子が!!!
やっちゃった・・・。
プールバッグには着替えとタオルしか入っていません・・・。

怒られそう・・・。

サンキュー

先週月曜日から、4度目の産休に入った。
5月11日が予定日だから、臨月ギリギリからの産休開始になったが、
産休に入って、仕事をしなくていいはずなのに、とっても忙しい。というか、
やることが山積み!!!
先週木曜日あたりは、疲れすぎてしまったほど・・・。
その前の木曜日までは、「逆子」のため、帝王切開の予定で、手術日が
4月28日に決まっていたのだけれど、親孝行の子で、直前に戻ってくれたので、
逆に予定は立たなくなった。
何しろ、上3人とも、6日から15日ほど早かった。
いつ陣痛が来てもおかしくない状況で、入院準備も終わっておらず、
新学期なので、子どもの新しいものへの名前付け、提出書類・・・。
その上で、すっさまじく散らかっている部屋のお片づけ。
フゥ・・・。