サッカー4級審判員の資格を取った。


 息子のサッカークラブで誘われて、4級審判員の講習会に参加してきた。
一日講習会で、午前中はルールブックとビデオを見ながら座講をする。

 その昔にサッカーをやっていたことはあったけど、ルールに精通していたわけではなく、講師の話のうち、7割ぐらいしか理解できない。

 サッカー用語もわからないことが多い。恥ずかしい話「タッチライン」すらその言葉を知らなかった。タッチラインとは、コートの長辺側の白線のこと。
 オフサイドについては、ビデオを見ながらわかりやすく解説があったので、頭ではよく理解できた。但し実践となると難しい。

「オフサイドポジションにいても、積極的にプレーに関わらなければオフサイドにならない。」
どこまでが積極的かどうか、それをどのタイミングで判断するか。非常に難しい。

 午後は審判の身振りについての講義。フラッグを持って、上げ方、持ち方などの講義を受ける。
45度上に上げるのは、結構難しいらしい。ボーイスカウトで手旗を振っていたので、難なくこなせるが、旗だけ45度だったり、手は正しいのに旗が後ろに倒れたりと、苦労している人がいた。

ライン上にボールを置いて、ボールを見ている位置(審判の立ち位置)によってインなのかアウトなのかがわからないという状況も確認。

 ラインを超えていないとアウトにならないので、ラインに少しでも被っていればインなのです。
これも非常に難しい。実践ではボールは静止していないので、ぎりぎりのプレーをされると難しい判定を迫られてしまう。

 午前9時から、午後3時過ぎまでしっかりと講習を受け、いよいよテスト。
25問出題され、70点以上が合格。まぁ何とかなるだろうとタカをくくっていたら、その問題の難しいこと。講習で出てきていない内容が出題されたり、設問の趣旨がわからないものがあったりと、車の免許試験より難しかった。

 採点は隣同士で答案を交代して採点。幸い2問間違えただけで92点だったので合格でしたが、久しぶりに緊張したテストだった。

 聞いてなかったのですが、クラブには審判員が一人しかいなくて、今回私を含めて4名の保護者が審判員になったので、審判部を創設し部活を行うとのこと。
「息子たちがサッカーの練習をしている脇で、走り込みでもしますか」と冗談とも本気ともわからぬ会話をして解散しました。

 審判ユニフォームも必要なようです。いや、他にも腕時計2個だの、メガネはスポーツタイプだの、ブランドものホイッスルなど、必要な装備が色々あるようです。ホイッスルはボーイスカウトので良いですかとは、とても聞けませんでした。

これって、趣味が一つ増えたと言うことでしょうか?

ウルトラマン


お父ちゃんが夏休みなので、長男と次男と3人で、南町田のグランベリーモールに新しくできた映画館でウルトラマンを観てきました。
平日だけあって、館内はガラガラ、長男と次男と共に、とてものんびりと観ることが出来ました。
 そのウルトラマン、主役はウルトラマンメビウスの筈なのですが、脇役で出ているウルトラ兄弟達の方が、お父さん世代には主役に映るような内容でした。

 そのウルトラ兄弟達、ウルトラマン、帰ってきたウルトラマン、セブン、エースとそれぞれの地球での姿、ハヤタ、郷英樹、モロボシダン、北斗と南の北斗のキャラクター設定が完璧で、彼らの一言一言が心に響き、40年という時の重みを感じます。
 ウルトラマンの姿での演技も、信じられないくらいすばらしかったのです。
怪獣と戦い、力つきていくシーンでは、過去の戦いで頑張っていたシーンがスローモーションで映し出され、回想シーンと老体にむち打って戦うウルトラマン達の表情が何とも言えずすばらしく、お父ちゃんは涙が止まりませんでした。
 表情が無いはずのウルトラマンたちが、顔で演技しているのです。ほんと、感情移入しているとはいえ、ウルトラマンの演技に感動してしまいました。
 隣に座っていたお父ちゃんも、初めは「子どもについてきて、仕方なくつき合ってるんだぜ」という空気を醸し出していましたが、佳境に入ってきたら、身を乗り出してスクリーンに見入っていました。
 DVDが発売されたら間違いなく買います。

映画の後はフードコロシアムへ、こちらも今年出来たばかりのレストラン。
中華焼きそばと、キッズピザとハートランドビールで遅い昼食を食べ、その後グランベリーモールでウインドウショッピング。

 すでに14時を過ぎているので、ご近所のセレブ風(田園都市線なもので)奥様と幼稚園児と乳児がわんさかと溢れかえっていました。
 幼稚園帰りに、下の子と共に幼稚園ママ達とカフェでくつろぐというのが、定番の遊び方になっているようです。

 お父ちゃんはモンベルショップで、財布とカトラリーセットとザックカバーを買い、子ども達は機関車トーマスの遊具で遊び、一通り遊んだところで、玉川高島屋へ。

 文房具の伊東屋へ行き、ハロウィンの飾りを作るために色画用紙を物色、色と厚みが期待していたものと違い、いろいろと悩んだけど、きれいな色画用紙を購入。
 息子とお母ちゃんで素敵な飾りが出来ることを期待しています。

 最後に自由が丘へ行きここでお母ちゃんと合流。ニコちゃんマークの入ったカトラリーを買いに「OUTLET」へ、ついでにゆで卵の食器、エッグスタンドを5人分購入。
 息子達にエッグスタンドの使い方を教えてあげようと思っていたら、お母ちゃんも使ったことがないことが判明、おいしい半熟卵を作って、食べ方を練習しないと、、、
 とは言っても、エッグスタンドが出て来るレストランで食事をしたことがありません、どなたかエッグスタンドの出て来るレストランを教えてください。

渡辺美里


 今年も行って来ました、渡辺美里の野外コンサート。
昨年までは、西武球場で行われていましたが、今年は山中湖!
それにしても山中湖までコンサートに足を運ぶなんて、自分でも驚きです。
 昨年は、長男と一緒に行って、長男は、きれいなお姉さんのところへ行っては「ミサトー!」と声を張り上げていました。
 今年は、長男は保育園のお泊まり保育の日程と重なり、2歳の次男とはるばる山中湖へ行くことになりました。
 
 昔、15歳の時に行った西武球場では、きれいで、すてきなお姉さん達がたくさんいた気がするのですが、今は、「チョイヤバ」もしくは「もうあきらめています」という体型のおじさんおばさんがほとんど、若い人と言えば、連れてこられてしまった小学生達。
僕もその一人なんだと思うと、「はぁ」と、ため息をついてしまいます。 

 それにしても、山中湖に9000人も人を集めて、コンサートを開けるなんて、すでにオールド歌手と思われている節がありますが、すごいです。

 初恋は薬師丸ひろ子、そして渡辺美里。
いまだにどちらもスキなんです。妻には申し訳ないですが、、、

渡辺美里

 渡辺美里は、すでに昔の人となろうとしている感がありますが、僕の中では相変わらず現役です。
 2年前から、息子と二人で西武ドームのコンサートに再び行き始めました。
 20年以上前に、第一回目の西武球場コンサートに行ったときは、まだ15歳でした。
 あれから20年経ち、まさか息子と一緒にそのコンサートに行くとは思ってもいませんでしたが、3歳の息子を連れて参加してきました。
 その西武球場でのコンサートも昨年で最終回を迎え、「あぁ、青春が終わったんだなぁ」と感慨にふけっていたのですが、なんと今年は、心機一転、山中湖でコンサートが行われることになりました。
 息子に聞いてみたところ、「行きたい」という返事が来たので、チケットを買ってしまいました。
 青春は息子とともに再びやってきます。
 しかし、お腹のお肉は、、、、、、

 夏は、今年も渡辺美里と共にやってきます。