怪獣の遠吠え

四男は、4ヶ月になり、たくさん声が出るようになった。
「ウキャー」「アー」「ひぃ〜」
やっぱり、怪獣のよう・・・。
遠吠えするのは彼だけではない・・・。
次男もよく吠えている。
朝、起き抜けに「ウォ〜」と叫ぶこともしばしば。
最近は、父さんまでそれを真似て吠えている。いわく、
「目、覚めるよ」 だそう・・・。
この前、長男と三男は早くに起きて、すでに朝食を終えていたので、
次男を起こしに行った。
「朝だよ。起きて」
「う、う〜ん」と起きてくると、
「か・た・く・り・こ!!!」
と叫んだ。
「なに?!」と思わず噴きだしながら聞くと、
「ん?なんとなく、でてきた」
ですって!
片栗粉?どうしてだろう・・・?
なぞは、なぞのまま・・・。

食前感謝のお祈り

ウチは、父さんとママ、それから長男がクリスチャン。
父さんもママも、クリスチャン家庭で育ったのではなく、成長してから洗礼を受けたので、
子どもたちにも自分で選んで欲しいと思っている。
でも、出来うる限り、日曜日には礼拝に参列したいし、食事の前にはお祈りをする。
最近は、子どもたちが担当している。
以前は、長男だけしか出来なかったが、次男もちゃんとお祈りが言えるようになった。

すると、おしゃべりでは誰にも負けない三男。
ある日、兄ちゃん達がお祈り前にぐずぐずしているスキにお祈りを始めた。

「てんのかみさまのいうとおり!アーメン。いただきます」

あまりに簡潔で、完璧でおかしかった。
最もらしく、感謝や懺悔を長々とするより、よっぽど、響く気がする。
何もかも、「天の神様の言うとおり」なんだから・・・。

かたつむり に めだか ??

3歳になった三男は、顔や電車好きも父親似だけれど、
「おしゃべり」なところもそっくり。
黙って遊んでいた次男と比べると、うるさい!っていうくらいしゃべり続けている。
しかも、けっこう論理的。
「だからさぁ、○○なんだよね」なぁんて一人前な事を言う。

でも、食べこぼして服を汚し、
「あ〜あ。よぼれちゃった。」
なんて言ったりする。

この前は、てんとうむしがテレビの画面に映ると、
「でんでんむしむし かたつむり〜♪」と歌い出した。聞いていると、
「お〜まえの め〜だか は どこにある〜♪」と歌っている。
「めだま だよ。」と教えても、
「いいの!」と、てんとうむしを見たり「てんとうむし」という言葉を聞くと、
かたつむり の めだか を探している・・・。

ダジャレ

ちょっと前のこと。

次男の連絡帳に
  お散歩の途中、「しおりちゃんにシオリ、買ってあげるんだ」
  とダジャレを言っていて、思わず笑ってしまいました。
と言うコメントがあった。

それを見て、「しおりちゃんにシオリ、買ってあげたの?」
と次男に聞くと、
「あ、それ?ジャダレだよ、ジャダレ!」
と言っていました。
ママは、「ジャダレ」に大笑いしました。

また違う日。
翌日法事があり、その後親族で食事をお寿司やさんですることになっていました。
夫が、「明日は、お寿司やさんに行くよ」
というと、三男は、
「おつちやさん?おつちやさんに‘つっちー’(父さんの友人のニックネーム)いるよ」
と言い出しました!!
3歳前にして、このダジャレ!!
これまた、ビックリでした・・・。

『かごめかごめ』の「あ」

おとといの晩だったか、次男を寝かしつけていると、目をつむっていたのに、ふっと目を開け、
「ママ、『かごめかごめ』の「あ」と「あいうえお」の「あ」はいっしょだよね。」
と言い出した!
「ちょっと、待って。『かごめかごめ』の「あ」って何?」
突拍子も無い言葉に、どう返事をしていいのかわからず、聞きなおした。
「♪か〜ごめ、かごめ。か〜ごの な〜かの と〜り〜は。うしろのしょうめん だ〜れ♪って言うでしょ。そのときに、たとえば、おれの後ろに来た人が「あ」って言うの!」
と説明してくれた。
きっと、保育園で遊んだんだろう。で、ただ、「うしろのしょうめん だ〜れ」と言ったんじゃオニにはわからないから、「あ」と声を発して、ヒントにしたんだろうと想像がついた。
「うん。『かごめかごめ』の「あ」は、「あいうえお」の「あ」だね。」
と返事をすると、満足したのかまた黙って、そのうち眠ってしまった。

いま、次男はひらがなを、猛烈な勢いで覚え始めている。次男が産まれたとき、まだ4歳になっていなかった長男は、すでに自分の名前と、次男の名前を書くことが出来ていたから、それに比べると、かなり遅い。
でも、2月から始まった「シンケンジャー」の影響で、「火」「水」「木」「土」「天」の5文字を覚えた。さらに、カレンダーに同じ文字があったため、「日」「月」「金」も気になっている。

子どもの成長って、ホントにその子の個性だ。早くから覚える子もいれば、興味を持ち始めるのは遅いけれど、覚え始めたらすごいスピードで覚えてしまう子もいる。
覚え始めるのが早くても、覚えるスピードが速くても、「ウチの子、すごいかも?」なんて思ってしまう。でも、結局どこかの時点で帳尻があって、「ハタチすぎれば・・・」ってことになるんだろうな。

ペッカンコン(三男)

三男も、だいぶ会話が成り立つようになってきた。
でも、「赤ちゃん言葉」が多くて、翻訳に困る。以前紹介したのは序の口。
多分、私にしか通じていない言葉もいくつか・・・。
「べーわ」=「電話」
「やいやいなー」=「電ライナー(仮面ライダー電王に出てきた電車)」
ないしは「仮面ライダー電王」そのもの。
「わお」=「父さん」

遊んでいた電ライナーのおもちゃを兄ちゃんがとりあげたりすると、「やいやいなー!!」と言って泣き出したりする。最初は意味がわからず、「何がほしいの?」ときいても、「にぃにぃ、やいやいなー!」と泣き続けたりして、こちらも困った。
電話は、携帯も受話器も「べーわ」。私の携帯を見つけると、「ママ の べーわ」と持ってきてくれたりする。
お風呂場に、濡れるとタイルにくっつくスポンジのおもちゃがある。それは、魚の形のものと、アルファベットなのだが、彼にとっては「C」と「G」も「べーわ」になる!受話器の形にみえるらしい・・・。
「父さん」が「わお」になるのは次男の影響。次男は「父さん」を「たお」と呼んでいた。ん?呼んでいる。たまにちゃんと「父さん」と呼んでいるけれど、普段は「たお」だ。
「たお」ならば、「タ行」だから当たらずとも遠からずって感じだけれど(そうか?)「わお」になってしまうと原型をとどめない!何にビックリしてるんだろう?って感じ??

で、最近彼のお気に入りの行動は「ペッカンコン」。多分、「ぺったんこ」と言いたいのだろうと思う。シールを見つければ、ニコニコと「ペッカンコン!!」とどこへでも貼り付けている・・・。
昨日の夜、三男のほっぺたが赤くなっていた。「何をしたのかな?」と聞いてみると、嬉しそうに「ペッカンコン た」(ぺったんこ した)と答えた。「何をペッカンコンしたの?」と聞くと「マーマーの!」と答える。見ると私のリップスティックが転がっていたので、それで描いたらしい。以前、次男にされたのを覚えていたのだろうか・・・?
お風呂に入ったら無事に消えたが、そのすぐそばで、次男も赤いほっぺをしていた。「三男は、ママのクチベニで描いちゃったみたいだけど、キミもしたの?」と聞くと「なんにもしてないよ」とのこと。「ほっぺ赤いけど?」と言うと、鏡で確認し、「知らん!」と一言。どうも、冬には毎日なっていた、真っ赤なほっぺに久々になっただけのようだった。

日々、三人ともそれぞれに成長していっているんだな、と感じる。それに私がついていけていない。頑張らないと!

時制

時制。中学や、高校、そして今に至っても、この「時制」には悩まされる。現在形・過去形・未来形・現在進行形・・・はては、過去完了進行形なんて、いつ終わっているんだか、続いているんだかわからない!!ってものまであった。
これは、英語の話。
今、もう一つ「時制」に悩まされている。それは、「子どもの時制」。
たぶん、生まれたての赤ちゃんにとっては「現在形」ないしは「現在進行形」しかありえないのだろう。それが、日々を重ねて行くに連れて、「過去」が生まれてくる。
長男が小さかった頃、ある日、初めてその日保育園であったことを語ってくれ、「彼にも「過去」が生まれたんだ」と感動したことを覚えている。
でも、最初はあくまでも「現在」と「過去」そのうち「未来」も増えるけれど、まさにその3つのくくりしかない。小学校にあがるちょっと前になってようやく、「昨日」とか「おととい」とか「あさって」とか「1週間後」という時間の流れがでてくる。だからこそ、小学1年生の長男が「進化」とは、「自分のひぃひぃひぃひぃ・・・・おばあちゃんが海のムシだった」ということになる。まだ、時間の単位に「歴史」が出てこない。

ここまでは、なが〜い前置き。

おとといの話。夕方、長男を学校に迎えに行ってから、保育園に迎えに行った。3人を連れて帰っていると、次男の新任の保育士が帰るところだったので、「これが、うちの3Boys全員集合です」と挨拶をした。
昨日は長男は先に家に帰ったので、保育園からは次男と三男だけだった。
その夜、次男が「せんせいに会ったよね」と言い出した。「え、いつ?」とうかつにも聞いてしまった。「保育園から来たとき!」「あ、昨日のこと?」これまた、うかつにも時期を断定してしまった。「違う、今日だよ!!」と言い張る次男。「え〜。昨日、にぃにぃと一緒に帰ってきたとき、先生にあったんじゃない?」さらに上塗り。「今日だもん!」と次男。あげくのはてに、
「誓いはちゃんと守ってよね!!」
と全く持って脈略のない怒られ方をしてしまった・・・。
まだ、「今日」だろうと「昨日」だろうと、「過去」は「過去」でしかない次男にはむずかしかったのかも。と反省した。でも、私はいったい何を誓ったんだろう・・・?

ことば の 成長

昨日の晩、長男がカルピスを飲みたいと、冷蔵庫から出して入れていた。すかさず、三男も
兄ちゃんに入れてもらっていた。次男は少し離れたところにいたので、しばらく気づかなかったが、テーブルのところに来たとき、
「あ、おれも カルピス 飲みたい」
とフツーに言ってのけた。
「ん?いま何て言った?」とわざととぼけると、
「カルピス!」(ルは限りなくリに近い発音だったが)
「ちゃんと言えたね」とほめると、
「だって、もう ぱんだぐみ(3歳児クラス)だもん!」と言っていた。
ちゃんと言えるようになったのは嬉しかったけれど、もう「カピリス!」は聞けないのかと思うと少し寂しくなった。

ところが、夜、ねしなに、
「おれさ、りすぐみ(1歳児クラス)のときと、うさぎぐみ(2歳児クラス)のときは『カピリス』って言ってたんだよね。でも、もうぱんだぐみ になったから、『カピリス』って言えるようになったんだ」と言い出した!
「ん??もっかい言ってみて?」
「カピリス。 あれ??」
笑ってしまった。
いいよ。急いで大人にならなくて!まだ、「カピリス」で十分。ちょっとほっとした。

いま、無口だった次男にくらべて、すっごいおしゃべりな三男も、赤ちゃん言葉がどんどん増えている。
「かんかんちぇん」=新幹線
「ぱんぱんぱん」=アンパンマン
「しゃい」=ください
「にゅうにゅ」=牛乳
くちぐせは「やぁよぉ」。口をとんがらせて言うので、なおおもしろい。

すでに赤ちゃん言葉は卒業した長男がおもしろくないかと言えば、嘘になる。
少し前、図工の課題が時間内に終わらなかったらしく、
「ぼくさ、『生き残り勉強』になっちゃった」
と言っていた。
う〜ん!生存競争は激しい?!

で、ママも相変わらず言い間違えたりしているので、ママにも
ことば の 成長 が必要かも?
 

G’s Show!!

最近、次男がおもしろい!!

マンガ顔の次男くん。「ゴーオンジャー」にはまり、ハードディスクに録画したものを見ながら、お尻ふりふり歌うのは毎度のこと、今度は自作の歌まで登場!!

ステージはお風呂場。だから衣装はナシ!!
右手を握り拳にしてマイクを持ったつもり。そして、やっぱり、お尻ふりふり、
「いますぐ には〜  できない〜」
と歌い出した。
何が??!!のつっこみを入れる暇なく、
「もうすぐ には〜  でかける まえ だよ〜」
ますます???と思ったら、
「ダン ダ ダン!!」(右手の拳を突き上げ、顔も斜めに、目は上目遣いでポーズ!!!!)
終わり。

もちろん、私と長男は大爆笑!!

調子に乗った次男は何度も繰り返していた。

進化

7歳になる長男は、アニメ「ポケットモンスター」の影響で、「進化」とは、「成長」もしくは「変身」と勘違いしている。「僕はサルから進化したんでしょ?」とある日言い出した。
そこで、国立科学博物館へ家族そろって出かけてきた。
以前、学校の創立記念日に、「ロボット博」を見るためにそこへ行ったのだが、そのとき、パンフレットをもらい、自分に必要なのは、そこの「地球館」へ行くことだと気づいたのだった。
地下3階から地上3階まで様々な展示がある中、恐竜の骨を見たり、それこそ、生物の進化をたどる展示を見、屋上で休憩した後、2階の科学実験の体験ルームで、ある場所で手をたたくと、輪っかがスッと上へ飛び上がる装置(磁力による作用らしいけれど、詳しいことは・・・、行ってみて下さい!)に夢中になり、半日を過ごし、帰り際、「進化ってわかった?」と聞くと、「うん!僕の、ひぃひぃひぃひぃ・・・おばあちゃんは、海の虫だったんでしょ」と言っていた。
わかっているのか、どうなのか・・・・。時間の感覚というのが、まだまだ成長途中なのだから、無理も無いけれど・・・。