次男、入院!!

「アタマジラミ」の収束の際、保育園から、医者のお墨付きをもらってくるように言われていた。
証明書のようなものがあるわけではないが、医者からOKがでないと、タオルの洗濯が続いてしまう・・・。

ということで、3人とも診ていただくために、家族みんなで小児科を訪れた。「病気」でもないのに、時間を割いていただくのはもうしわけなかったけれど、3人とも診ていただき、Okをいただいた。
で、ついでに、「おたふくかぜ」をしていない、父さん、長男、三男の予防接種の予約をして帰ってきた。

その、予防接種を週明けに控えた日曜日、旗の台の教会に行った後、夫の実家にお邪魔して、ひとしきり遊んで帰ろうとすると、次男が眠そうにしている。しかも、顔がむくんでいた。父さんは何か、用事があってこられなかったので、途中に寝られてしまうと大変なので、急ぎ、家に帰った。
ところが、夕食のころ、やはりボーっとしているので、熱を測ると、38度ある!!で、やはり、耳の下あたりが腫れている。
翌朝、次男だけ連れて小児科を受診。でも、原因はわからない。とのことだった。そこから、ずっと食事ものどを通らず、首を押さえてあげないと、寝返りを打つことすらできず、熱も、39度前後のまま、下がらず・・・。そんな状態で2日が経ち、また、小児科を受診すると、それまでわからなかった、発疹が全身に見られた。すると、「すぐに、昭和医大に行ってください」とのこと。
初診が受け付けてもらえる11時までに、後30分。大慌てで、父さんと3人、小児科に行った。
尿検査・血液検査をし、点滴もすることになった。
次男は、初めて血を採られ、針からチューブがつながっている状態に、パニックを起こし、1時間くらい大泣きし、チューブをはずそうと大暴れをし、挙句に抱っこしていた私に噛みつこうとした・・・。ようやく落ち着いたころ、結果が出て、即入院が決定した。

病名は「川崎病」。血管に炎症が起こる原因不明の病気で、ほっておくと、心臓の血管にコブができてしまい、狭心症や、心筋梗塞などを起こしやすくしてしまうらしい。
症状は
1.高熱が5日以上続く
2.耳の下のリンパ腺が腫れる
3.手足が赤くなり、硬くなる。
4.目が充血する
5.舌・唇が赤くなる
6.全身に発疹がでる。
というもののうち5つ以上あてはまれば、川崎病と診断される。

付き添いをしてもしなくても良いとのことだったが、パニックを起こしたこと、一人きりでのお泊りはしたことがなかったこと、などを考え、しばらくは付き添うことにした。
そこから、親会議。私は翌日、産婦人科の検診を控え、夫は、急ぎの仕事を抱えていた。三男は保育園だから休みはどうとでもなるものの、長男は学校がある。
誰が、いつ、どこにいたらよいのかを検討し、戸越の家、旗の台の夫の実家、奥沢の私の実家、病院の4箇所で、考えなければならなかった。それは、「家庭内人事」といった感じだった。
家族全員で、人事異動を続け、入院生活をのりきったのだけれど、長くなったので、その、詳しい話はまた、今度。

『かごめかごめ』の「あ」

おとといの晩だったか、次男を寝かしつけていると、目をつむっていたのに、ふっと目を開け、
「ママ、『かごめかごめ』の「あ」と「あいうえお」の「あ」はいっしょだよね。」
と言い出した!
「ちょっと、待って。『かごめかごめ』の「あ」って何?」
突拍子も無い言葉に、どう返事をしていいのかわからず、聞きなおした。
「♪か〜ごめ、かごめ。か〜ごの な〜かの と〜り〜は。うしろのしょうめん だ〜れ♪って言うでしょ。そのときに、たとえば、おれの後ろに来た人が「あ」って言うの!」
と説明してくれた。
きっと、保育園で遊んだんだろう。で、ただ、「うしろのしょうめん だ〜れ」と言ったんじゃオニにはわからないから、「あ」と声を発して、ヒントにしたんだろうと想像がついた。
「うん。『かごめかごめ』の「あ」は、「あいうえお」の「あ」だね。」
と返事をすると、満足したのかまた黙って、そのうち眠ってしまった。

いま、次男はひらがなを、猛烈な勢いで覚え始めている。次男が産まれたとき、まだ4歳になっていなかった長男は、すでに自分の名前と、次男の名前を書くことが出来ていたから、それに比べると、かなり遅い。
でも、2月から始まった「シンケンジャー」の影響で、「火」「水」「木」「土」「天」の5文字を覚えた。さらに、カレンダーに同じ文字があったため、「日」「月」「金」も気になっている。

子どもの成長って、ホントにその子の個性だ。早くから覚える子もいれば、興味を持ち始めるのは遅いけれど、覚え始めたらすごいスピードで覚えてしまう子もいる。
覚え始めるのが早くても、覚えるスピードが速くても、「ウチの子、すごいかも?」なんて思ってしまう。でも、結局どこかの時点で帳尻があって、「ハタチすぎれば・・・」ってことになるんだろうな。

アタマジラミ

我が家の2009年は、この「アタマジラミ」騒動から幕が開けた。
元旦、のんびり起きてきた次男。「あたま、かいい」とボリボリ掻いている。父さんがよ〜く頭を調べてみると、たまごのついている髪の毛を発見!
確か、去年から、保育園で「アタマジラミ」が出ているので、髪の長い女の子が、ブラシを使う場合には自分用のものを家から持ってくるように、との達しが出ていた。女の子のいない我が家には関係の無いこと、と勝手に思い込んでいたけれど・・・。
慌てて、父さんは梳き櫛と専用シャンプーを買いに元旦早々、ドラッグストアに駆け込んだ・・・。
最初は次男だけだったけれど、長男にもうつっていた。
それから・・・・。毎日シーツやら、枕カバーの洗濯!
保育園が始まってからは、下二人、三男には見つからなかったものの、毎日、次男は1枚、三男は2枚のバスタオルの持ち帰り・・・。雨が降らなくって良かった・・・。
3日に一度、シャンプーをし、毎日梳き櫛で髪をとき、騒ぎは2週間ほどで収まった。
私が子どものころ、夏にアタマジラミが流行ったことがあった。プールによってうつるとされていた。
でも、本来「アタマジラミ」に時期は関係なく、また、頭を洗うことが足りない、というわけではないらしい。誰にでも起こりうることらしい。

ようやく、毎日3枚余計なバスタオルを洗濯しなくてはならない生活から開放された!と思った矢先、もっと、大変なことが我が家に起こるのである・・・。

てんてこ舞!??

また、書かずに2ヶ月が経ってしまった・・・。
とにかく、ハチャメチャな年明けだった。

それぞれの詳しいことは、また、ゆっくり書くとして、何が起こったかと言うと、
1.次男・長男のアタマジラミ
2.次男の入院
3.長男インフルエンザ
4.その他いくつかイベント
ということになるのだけれど、それ以前に
・父さん、ちょっと体調崩し、自宅で仕事をすることが多くなった。
・母さん、5月上旬出産予定で妊娠中。
という大前提がある・・・。
3月にはいって、ようやく落ち着けそうな状態になった。

私の産婦人科の主治医に、
「子どもが多ければ、それだけ、いろんなことが起こりますよ。でも、その分、
子どもから返ってくるものも大きいから」
と励まされたけれど、まさに、いろんなことが起こる。2009年は、それが一度にどっと来た感じ。
去年、私は「母親として」「妻として」の自分、果ては「自分自身の存在意義」そのものに自信をなくし、弱り果てたけれど、無事産まれて来れば4番目の子を妊娠し、それを受け入れる覚悟が出来た時点から、いろんなことを受け止める度胸がついたように思う。

これから、ウチはますます、てんてこまいになるだろう。でもそれを、「舞っちゃえ!」くらいの気持ちで受け入れられたらいい。
“Like a singing.” 鼻歌まじりでこなせたら、理想なんだけどな・・・。