クリスマス 2008


今年も、クリスマスはバタバタと過ぎていってしまった。
忙しかったような、忙しかったのではなかったような・・・。
でも、気づいたら終わってた。

21日に旗の台の教会で、子ども礼拝のクリスマス会があった。
今年のパジェントは、長男は3人の博士の一人、次男は「星」、三男は羊。
今年は次男にも一言せりふがある!!
でも、せりふより、3人の博士を導くために持った「星」が重く、フラフラしてしまうことのほうが気になった。
三男は、せっかく白い、耳のついた上着を着ていたのに、出番直前に「脱ぐ!!」と脱いでしまったので、フツーの格好で登場。やっぱり、羊たちは動き回っていて、あっちにいったり、こっちにいったり・・・。泣き出す子もいた。
礼拝の後、パーティー。今年、サンタさんは自転車に乗ってきた!!「あわてんぼう」でなく、「忘れんぼう」のサンタさんなのだそうで、ソリを忘れて、自転車になったとか。その上、みんなにプレゼントを配った後、プレゼントの入った袋を置いて行っちゃうし・・・。

24日は、3時まで仕事し、帰ってから慌てて準備をしてキャンドルサービスに間に合った。今年は暖かかったからか、すごい人だった。
巷では、11月ごろから「クリスマス」というと華やかに、にぎやかに飾られ、浮かれているけれど、果たして、イエスが生まれたときは、その真逆にあった。地元に帰るヨセフとマリアが、自分たちの家や親類の家にも、宿屋にも泊まれず、馬小屋に宿を取る、そういった絶望的な場にイエスは生まれてくる。そして、それを迎えようとする人々も、羊飼いなど、世間から外れた人たちだった。これは、何を意味するのか。暗闇の中の光、絶望の中の希望・・・。

深夜の礼拝は出ず、家に帰った。

翌25日は、長男は終業式。次男・三男は保育園でクリスマス会があるとのことで、夫と二人で大崎の教会に行った。
そして、夜、家族でディナーをした。
ローストチキンとマッシュポテト、コンソメスープというシンプルすぎるディナーだったけど、みんなでおいしくいただいた。食後は、夫が用意してくれていた上に、2つも頂き物のケーキがあったので、ケーキバイキング!

今年は、悩み、迷うことの多い年であったからこそ、「家族」という最小単位がとっても大事に思えるようになった。先行きの見えない状況ではあるけれど、家族と笑いながら過ごせること、「暗闇の中の光」という言葉が響いたクリスマスだった。

真夜中に・・・

ある晩。
夫と、昼間録画したテレビ番組を見ようとしていたとき、
「ヒッヒッ」
と引きつった声が寝ている子どもたちの方から聞こえてきた。
甘ったれの三男が、ママのいないことに気づいて泣き始めたか。と思ったら、
声の主は、次男だった。
顔は、、、笑顔!
見ていると、
「ヒヒッヒヒッ・・・。ヒヒヒヒヒ・・・・。」
とだんだん笑い声が激しくなる。番組そっちのけで夫と次男を見ていたら、
「アハハハハハハ!!」
と大笑い。でも、寝てる・・・。そして
「あぁ〜、おもしろっ!」
 シ〜ン・・・・・・・
この間、そしてその後も、起きるでもなければ、目を開けることすらない。
夫と二人、お腹が筋肉痛になるくらい笑った。

翌朝、
「昨日、楽しい夢を見た?」
と聞いてみた。最初は「??」とわからなかったようだが、どうやら、
『おもしろいテレビ番組を見ている夢』を見た様子。
よっぽど、おもしろかったんだろうな。

壁からクリスマスツリー


11月30日からアドヴェントに入った。
そろそろクリスマス準備・・・。
結婚して8年。初めてクリスマスツリーを飾った。
ごく一般的な、150センチのツリーに電飾。
でも、飾り方が「一般的」じゃない!
フツー、土台の上にツリーが乗っているじゃないですか。
ウチの場合、壁に貼り付けてあるんです!!

夫曰く、「『木』の状態だと邪魔になるでしょ。壁についてれば、
そんなにスペース取らないじゃん」とのこと。
ま、いいか。
ツリーを飾ったら、三男は
「ハッバーデーツーユー!」(Happy birthday to you)
と歌っていた。クリスマスは、イエス様の誕生日だから、
間違っちゃいないけど、ちょっと違う・・・。
夜になると、少しの間、電飾をつけて楽しんでいる。
キレイでいいなぁって、ちょっと現実逃避・・・。
昼間に見ると、壁に浮いているツリーは少し、中途半端。
それを見て、おバカ夫婦の会話。
「もうひとつ、小さいツリーを飾って、森みたいにしよっか。」(夫)
「え〜。だったら、クリスマスクリブがいいんじゃない?」(妻)
*「クリスマスクリブ」はイエス生誕の場面のお人形です。
「ウチ、クリブあったっけ?」(夫)
「人形はあるんだけどね。小屋はないよ。」(妻)
「あ、ウチ、杉板あったよね。焼き杉の小屋でも作ろうか。」(夫)
「あのさ〜。飾りの小屋を作る前に2階の天井作ってよね!」(妻)
チャンチャン!!
そう。未だウチはリフォーム進行中(3年越し)・・・。
ほとんど物置となっている2階の北側の部屋は、まだ屋根裏の防寒材が見えたまま・・・。
天井が張られていない。
子どもが大きくなると、使い勝手も変わるから、きっと、一生「リフォーム中」かも。

再開

ずっと、書かなかった。
というより、書けなかった。
どこまで書けて、どこから書いちゃいけないかわからなかった。
それくらい、いろんなことが、我が家に押し寄せた。
っていうよりも、私のココロが風邪ひいた。
ココロが風邪をひくと、物事の判断力がニブる。
でも、少しずつ、強くなってきている、って思えるようになった。

ホントは、教会の新年度開始だったおととい、とか、12月1日だった昨日から始めようと思っていたのに、そこは、私らしく(?)ワンテンポ遅れてしまった。
それでも、また、書き始めないと、ずっと書かないままになりそうで、キリの良い日を選ぶより、書ける、って思えるようになったことを大事にしようと思った・・・。

ま、風邪の原因はボチボチ、書いていくだろうし、相変わらず、3兄弟(こういうと、いっつも次男が「男4人だよ!」というので、長男の他に大きい長男がいることになっています)は、話題づくりに事欠かないので、のんびりと、書いていけたらいいな、と思っている・・・。