php のインストール

phpのインストール

./configure
–enable-mbstring
–enable-mbstr-euc-trans
–enable-mbregex
–with-apxs=/usr/local/apache/bin/apxs
–with-zlib
–enable-ftp
–with-pgsql
–enable-calendar
–with-gd
–with-png-dir
–with-zlib-dir
–with-freetype-dir
–with-jpeg-dir=/usr/local/lib
–enable-exif
–with-pear

make
make install

apacheの設定ファイルを変更する

追加
AddType application/x-httpd-php .php .html

ペッカンコン(三男)

三男も、だいぶ会話が成り立つようになってきた。
でも、「赤ちゃん言葉」が多くて、翻訳に困る。以前紹介したのは序の口。
多分、私にしか通じていない言葉もいくつか・・・。
「べーわ」=「電話」
「やいやいなー」=「電ライナー(仮面ライダー電王に出てきた電車)」
ないしは「仮面ライダー電王」そのもの。
「わお」=「父さん」

遊んでいた電ライナーのおもちゃを兄ちゃんがとりあげたりすると、「やいやいなー!!」と言って泣き出したりする。最初は意味がわからず、「何がほしいの?」ときいても、「にぃにぃ、やいやいなー!」と泣き続けたりして、こちらも困った。
電話は、携帯も受話器も「べーわ」。私の携帯を見つけると、「ママ の べーわ」と持ってきてくれたりする。
お風呂場に、濡れるとタイルにくっつくスポンジのおもちゃがある。それは、魚の形のものと、アルファベットなのだが、彼にとっては「C」と「G」も「べーわ」になる!受話器の形にみえるらしい・・・。
「父さん」が「わお」になるのは次男の影響。次男は「父さん」を「たお」と呼んでいた。ん?呼んでいる。たまにちゃんと「父さん」と呼んでいるけれど、普段は「たお」だ。
「たお」ならば、「タ行」だから当たらずとも遠からずって感じだけれど(そうか?)「わお」になってしまうと原型をとどめない!何にビックリしてるんだろう?って感じ??

で、最近彼のお気に入りの行動は「ペッカンコン」。多分、「ぺったんこ」と言いたいのだろうと思う。シールを見つければ、ニコニコと「ペッカンコン!!」とどこへでも貼り付けている・・・。
昨日の夜、三男のほっぺたが赤くなっていた。「何をしたのかな?」と聞いてみると、嬉しそうに「ペッカンコン た」(ぺったんこ した)と答えた。「何をペッカンコンしたの?」と聞くと「マーマーの!」と答える。見ると私のリップスティックが転がっていたので、それで描いたらしい。以前、次男にされたのを覚えていたのだろうか・・・?
お風呂に入ったら無事に消えたが、そのすぐそばで、次男も赤いほっぺをしていた。「三男は、ママのクチベニで描いちゃったみたいだけど、キミもしたの?」と聞くと「なんにもしてないよ」とのこと。「ほっぺ赤いけど?」と言うと、鏡で確認し、「知らん!」と一言。どうも、冬には毎日なっていた、真っ赤なほっぺに久々になっただけのようだった。

日々、三人ともそれぞれに成長していっているんだな、と感じる。それに私がついていけていない。頑張らないと!

時制

時制。中学や、高校、そして今に至っても、この「時制」には悩まされる。現在形・過去形・未来形・現在進行形・・・はては、過去完了進行形なんて、いつ終わっているんだか、続いているんだかわからない!!ってものまであった。
これは、英語の話。
今、もう一つ「時制」に悩まされている。それは、「子どもの時制」。
たぶん、生まれたての赤ちゃんにとっては「現在形」ないしは「現在進行形」しかありえないのだろう。それが、日々を重ねて行くに連れて、「過去」が生まれてくる。
長男が小さかった頃、ある日、初めてその日保育園であったことを語ってくれ、「彼にも「過去」が生まれたんだ」と感動したことを覚えている。
でも、最初はあくまでも「現在」と「過去」そのうち「未来」も増えるけれど、まさにその3つのくくりしかない。小学校にあがるちょっと前になってようやく、「昨日」とか「おととい」とか「あさって」とか「1週間後」という時間の流れがでてくる。だからこそ、小学1年生の長男が「進化」とは、「自分のひぃひぃひぃひぃ・・・・おばあちゃんが海のムシだった」ということになる。まだ、時間の単位に「歴史」が出てこない。

ここまでは、なが〜い前置き。

おとといの話。夕方、長男を学校に迎えに行ってから、保育園に迎えに行った。3人を連れて帰っていると、次男の新任の保育士が帰るところだったので、「これが、うちの3Boys全員集合です」と挨拶をした。
昨日は長男は先に家に帰ったので、保育園からは次男と三男だけだった。
その夜、次男が「せんせいに会ったよね」と言い出した。「え、いつ?」とうかつにも聞いてしまった。「保育園から来たとき!」「あ、昨日のこと?」これまた、うかつにも時期を断定してしまった。「違う、今日だよ!!」と言い張る次男。「え〜。昨日、にぃにぃと一緒に帰ってきたとき、先生にあったんじゃない?」さらに上塗り。「今日だもん!」と次男。あげくのはてに、
「誓いはちゃんと守ってよね!!」
と全く持って脈略のない怒られ方をしてしまった・・・。
まだ、「今日」だろうと「昨日」だろうと、「過去」は「過去」でしかない次男にはむずかしかったのかも。と反省した。でも、私はいったい何を誓ったんだろう・・・?

ことば の 成長

昨日の晩、長男がカルピスを飲みたいと、冷蔵庫から出して入れていた。すかさず、三男も
兄ちゃんに入れてもらっていた。次男は少し離れたところにいたので、しばらく気づかなかったが、テーブルのところに来たとき、
「あ、おれも カルピス 飲みたい」
とフツーに言ってのけた。
「ん?いま何て言った?」とわざととぼけると、
「カルピス!」(ルは限りなくリに近い発音だったが)
「ちゃんと言えたね」とほめると、
「だって、もう ぱんだぐみ(3歳児クラス)だもん!」と言っていた。
ちゃんと言えるようになったのは嬉しかったけれど、もう「カピリス!」は聞けないのかと思うと少し寂しくなった。

ところが、夜、ねしなに、
「おれさ、りすぐみ(1歳児クラス)のときと、うさぎぐみ(2歳児クラス)のときは『カピリス』って言ってたんだよね。でも、もうぱんだぐみ になったから、『カピリス』って言えるようになったんだ」と言い出した!
「ん??もっかい言ってみて?」
「カピリス。 あれ??」
笑ってしまった。
いいよ。急いで大人にならなくて!まだ、「カピリス」で十分。ちょっとほっとした。

いま、無口だった次男にくらべて、すっごいおしゃべりな三男も、赤ちゃん言葉がどんどん増えている。
「かんかんちぇん」=新幹線
「ぱんぱんぱん」=アンパンマン
「しゃい」=ください
「にゅうにゅ」=牛乳
くちぐせは「やぁよぉ」。口をとんがらせて言うので、なおおもしろい。

すでに赤ちゃん言葉は卒業した長男がおもしろくないかと言えば、嘘になる。
少し前、図工の課題が時間内に終わらなかったらしく、
「ぼくさ、『生き残り勉強』になっちゃった」
と言っていた。
う〜ん!生存競争は激しい?!

で、ママも相変わらず言い間違えたりしているので、ママにも
ことば の 成長 が必要かも?