お泊り保育

21日の金曜日から22日土曜日、長男はお泊り保育に出かけました。秩父で1泊、温泉にも入ってきたそうです。

ずいぶん前から、この「お泊り保育」のために、彼はいろいろとがんばっていました。一人で体や頭を洗って流せるようになり、300円分のお菓子を買うのに、どんな組み合わせで、いくらになるのか考えたり、いろんなものに記名をしたり・・・。とっても楽しみにして、当日を迎えました。
金曜日は朝から雨の中、出かけていきました。
次男は前日熱を出し、その日はもう下がっていたのですが、兄ちゃんがいないこともあり、保育園はお休みして1日家にいました。すると、兄ちゃんがいないことが気になるのか、何度も「にいにいは?」と聞いていました。

土曜日、次男は父さんとコンサートに出かけたので、昼過ぎ、三男とともに、池袋まで迎えに行きました。ひさびさの人ごみや都心に、なんだかわくわくするやら、隔世の感を感じるやら、なんだかなぁ、と思ってしまいました。しかも、10数年前は毎日通った池袋で迷ってしまったときには、ため息がでてしまいました。

お迎えは、西武池袋線の特急の出口。同じ電車に他の園の子どもも乗っているようで、そちらの保護者も集まっていて、結構な人だかりができていました。すると、その人だかりを見て、さらに勘違いをしたギャラリーが増え、芸能人か有名人を待っているかのようでした。何人か、制服を着た学生たちには、「有名人は来ませんよ」と教えてあげましたが、他のお母さんたちと、「ヨン様が来るって、とかウソ流しちゃおうか」などと笑っていました。
電車が到着し、子どもたちが降りてくると、ますます、手を振るやら携帯で写真を撮っているやら、有名人が降りてきたような雰囲気でした。

 帰りの電車の中では、長男は仲のいい女の子と一緒にずっと、キャンプファイヤーの際に覚えてきた歌を歌い続けていました。みなでファミレスへ行き、話を聞こうということになり、たくさんで押しかけると、子どもたちはお昼ご飯が少なかったようで、4時ごろだったのに、オムライスやうどんなどを頼んで、ぺろりと平らげていました。みな、疲れた様子も無く楽しそうにしていましたが、やはりだんだん疲れが出てきて、わがままになったり、ぐずったりしていました。
 雨だったので、川遊びはできなかったようですが、予定していたマスつかみや、スイカ割り、キャンプファイヤーを楽しんでいたようです。生き生きと話している子どもたちがいくらかたくましく見えたのは、きっと他のお母さん方も一緒だったと思います。

 この、お泊り保育、今年で終わりなのだそうです・・・。
理由は、園長にやる気がないから。
子どもたちがあんなに楽しそうにしていたのに・・・。残念でなりません。

渡辺美里


 今年も行って来ました、渡辺美里の野外コンサート。
昨年までは、西武球場で行われていましたが、今年は山中湖!
それにしても山中湖までコンサートに足を運ぶなんて、自分でも驚きです。
 昨年は、長男と一緒に行って、長男は、きれいなお姉さんのところへ行っては「ミサトー!」と声を張り上げていました。
 今年は、長男は保育園のお泊まり保育の日程と重なり、2歳の次男とはるばる山中湖へ行くことになりました。
 
 昔、15歳の時に行った西武球場では、きれいで、すてきなお姉さん達がたくさんいた気がするのですが、今は、「チョイヤバ」もしくは「もうあきらめています」という体型のおじさんおばさんがほとんど、若い人と言えば、連れてこられてしまった小学生達。
僕もその一人なんだと思うと、「はぁ」と、ため息をついてしまいます。 

 それにしても、山中湖に9000人も人を集めて、コンサートを開けるなんて、すでにオールド歌手と思われている節がありますが、すごいです。

 初恋は薬師丸ひろ子、そして渡辺美里。
いまだにどちらもスキなんです。妻には申し訳ないですが、、、

夏祭り

土曜日、保育園で「夏祭り」がありました。
長男は、年長組なので、自分たちで作ったおみこしを、そろいのはっぴを着て保育園から神社まで担いでいきました。次男はそれにくっついていったのですが、保育園で用意されたハチマキと鈴をつけて、なぜか後ろ手に腕を組んで歩いていました。
ちゃんと神社でお払いを受け、保育園にもどると、食べ物や遊びのコーナーで楽しみました。

二人とも、お祭りがとっても楽しみだったようで、金曜日、長男ははっぴとハチマキを、弟はハチマキと鈴をもらって帰ってくると、すぐ、身に着けていました。

お祭りが終わると、次男は保育園にいる間から昼寝をしてしまい、いつもより長く寝ていました。そして、夕方、買い物に出かけようとすると、ハチマキをしめ、小さなバッグをもって出かけました。スーパーで、祭のハチマキをしめて、くつしたに赤い靴でちっちゃなかばんを持ってフラフラとあるいている姿はちょっと笑えました。

長男は、夫の実家に「泊まりに行く」と、はりきって、駅まで父さんに送ってもらうと一人で電車に乗ってでかけました。
一人で電車に乗っていくなんて、ずいぶんお兄さんになったものだと感慨深いものがあります・・・。

命のエネルギー(植物編)

私たちがこの家を買う前に住んでいらした方は、庭先にぶどうの木を植えていました。長男は保育園でのお散歩時にそのぶどうを取らせていただいたことがありました。
私たちが買ったときには、そのぶどうの木は根元からばっさり切られてしまっていました。とっても残念に思っていたのですが、その年の夏はわきから出てきたつるが伸び放題伸びて、ジャングルのようになっていました。本当は主になる枝を残して他を切り、その枝を太くさせるべきだったそうなのですが、知識が無く、ただのジャングルになってしまっていました。

 今年は、春先から主になる枝を2・3本選んで他を伐採し、ベランダを改築したときにぶどう棚を作っていただきました。すると、今年は実をつけているんです!しかも、どんどん枝は伸びていて、気をつけていないとお隣に進出しようとしています。
買ったときの、切り取られていた根元は、みると痛々しいくらいだったのに、「復活!」といた感じです。ホント、エネルギーをもっているんだな、と感じます。
家にいる間は、ちょくちょくきったりすることができますが、仕事に復帰した後が大変そうです。ちゃんと気をつけなくっちゃ。でも、なんだか嬉しい心配です。

ちゃちゃりーちゃん

今朝、長男はDVDに撮ってあった「マジレンジャー」を見ていて遅刻しそうになりました。弟はそれを見て「ちゃちゃりーちゃんだ!」と喜んでいました・・・。

前にお昼のドラマに「仮面ライダー響鬼」の「ザンキ」役の俳優さんが主演していたことを書きました。先日は、日曜日「ウルルン〜」に「イブキ」役の俳優さんが出ていました。(そういえば、「ウルルン」のナレーションの下条アトムさんも「仮面ライダー響鬼」にでてました。)それをみて、ふと、思ったのですが、「元仮面ライダー○○」とか「元ウルトラマン○○」という俳優さんはよく見かけますが、「元○○レッド」とか、「元○○イエロー」というような、戦隊シリーズ出身の俳優さんてみないですね。
どうでも良いことですが・・・。

cronの設定

#毎時0分ごとに実行する
0 * * * * [ユーザー] [コマンド]
#5分おきに実行する
*/5 * * * * [ユーザー] [コマンド]
#1日1回,0時0分に実行する
0 0 * * * [ユーザー] [コマンド]
#0時から23時までの2時間おきに,毎23分ごとに実行する
23 0-23/2 * * *[ユーザー] [コマンド]
#1月と12月それぞれの1〜20日,23時0分に実行する
* 23 1-20 1,12 * [ユーザー] [コマンド]
#日曜日から土曜日まで1分おきに実行する
*/1 * * * 0-6 [ユーザー] [コマンド]
#火曜日だけ1分おきに実行する
*/1 * * * 2 [ユーザー] [コマンド]

日時を指定するために指定(ワイルドカード)が5つ並んでいますが,それぞれの意味は次のようになってます。

* * * * * [ユーザー] [コマンド]
1 2 3 4 5

■日時指定方法
左から
何番目 単位   指定方法
1    分   0から59,例:*/15
2    時   0から23,例:0-23
3    日(月)1から31,例:1-20
4    月   1から12(or names),例:1,6,12
5    日〜週 0から7,例:0-7(0の日曜から始まり、7が土曜に対応する)

ソフト麺

月曜日、長男の、小学校の給食体験に親も参加できるとのことで、一緒に行ってきました。
親たちは12時に保育園集合で、小学校に向かうと、子どもたちは先に出発しており、4時間目の授業を、1年生と一緒に受けていました。
 授業が終わるとランチルームへ。今どきは「ランチルーム」は特別ではないのでしょうね。第2次ベビーブーム世代、もしくは団塊ジュニア世代なので、時代を感じてしまいます・・・。

 メニューは、クリームシチュー・セサミトースト・メロン・牛乳でした。「セサミトースト」は初めて見たメニューでしたが、厚切りのパンにピーナツバターのゴマバージョンのようなペーストをぬってトーストしたものでした。大人には4枚切り1枚、子どもたちは4枚切りより厚めのパンの半分でした。ちょっと、みみの部分も厚すぎて子どもたちも苦戦していました。
大人たちは、その間、ずいぶん昔になってしまっている給食の話題でもりあがりました。その中で、「ソフト麺」が話題にあがり、5人中3人が、「あったよねぇ!」と言っていました。
私の記憶の中の「ソフト麺」は袋に入ったおうどんを、おつゆの中に入れて食べる、と言ったものなのですが、他の2人は、麺をお皿にいれてミートソースをかける、とおっしゃっていました。あれ?ちょっと違う・・・。私の記憶違いかしら?と不安になっています。
夜、夫に聞いてみても、「袋に入った麺をお皿にいれてミートソースをかける、スパゲティはあった」と言っていました。品川区と私の出身の世田谷区では違うのか、とも考えたのですが、他の2人のうち一人は品川区出身、一人は船橋出身だそうで、ますます、私の記憶が違うのかも・・・。と弱気になっています。スパゲティも確かにメニューにあったような気がするのですが、それは袋には入っていなかったし、「ソフト麺」はうどんつゆで食べたと記憶しているのですが・・・。
 う〜ん。何か気持ち悪い。

7月もマネークライシス?!

6月のマネークライシスを何とか乗り切って、7月を迎えたら、今月もまたピンチ!!がやってきました。
出産の費用を、カードで支払っていた、その引き落としがあり、社会保険から出る30万円が出るまでの間、立て替えておかなくてはならない分を捻出しました。
これで、何とかなったかと思いきや!月末に家族5人で教会のキャンプ(といっても泊まるのはキャビンだし、特に山登りをするわけではない、はず・・・)を予定して、もともとそれがかなりの高予算ではあったけれど、夫の実家に車を借りる予定でいたら、ちょうど同じ日に義父母も車で出かける予定があるとのこと!あちらは1日だけなので、義父母のためにレンタカーを借りることになってしまいました・・・。
義母は、「買い物」というととにかく多量に買う人なので、乗用車では乗らないからダメ!ということで、ワンボックスカーを借りることになりそうです・・・。
今月も我が家にはマネークライシスが襲ってきます・・・。ふぅ。

子ども語録

長男はもうすぐ6歳になるので、「赤ちゃん語」はなくなり、聞き違いから生まれる「おかしな言葉」がたまに出ます。
先日は、「ボウケンジャー」で、「ファースト・ギア イン!」と言っていたのを聞いていて、唐突に父さんの前で「ファースト・ビア イン!」と叫んでいました。それを聞いてビールが飲みたくなったのは、いうまでもありません・・・。

彼が言葉を覚え始めたころ、彼特有の「赤ちゃん語」がいくつかありました。
「み・み」=牛乳
「じゅーし」=チーズ
「あったう〜」=やだよ というような意味で使う。

今は、次男の赤ちゃん語の翻訳に、たまに頭を悩ませています。
「ばばけ」=おばけ
「まーまーちゅ」=いただきます
「まーまーでった」=ごちそうさまでした
などは、まだすぐ想像がつくのでよかったのですが、
「たお」=父さん
「ちゃちゃりも」=ここにも とか こっちも とか。
「ちゃちゃりーちゃん!」=ボウケンジャーもしくはマジレンジャー
こうなってくると、最初のうち、お互いに話が通じず、困りました。
「ちゃちゃりーちゃん みーたい!」といわれても、何のことやらわからず、彼の要求に応えてあげられませんでした。でも、次第に、「ちゃちゃりーちゃん!!」と叫びながらポーズをとってみせたり、テレビを指して「見たい」といったりするのをつなげていくと、「ちゃちゃりーちゃん」が戦隊物のテレビ番組だということに行き着くのです。

これから、もっと彼特有の赤ちゃん語が増えていくことでしょう。そして三男も、そのうちしゃべるようになると、また違った言葉を作り出すのだと思うと、ちょっと楽しみです。

おつきさまこんばんは

次男が言葉を覚え始めたころ、よく耳鼻科に通っていました。その耳鼻科の待合室においてあった本の中に、この絵本がありました。彼は、耳鼻科に行くとまずその本を選び出し、順番が来るまで何度も読み返し、診察が終わって、処方箋をもらうまでの間も、また、その本を取り出していました。他の子がその本を持っていってしまったりすると、大泣きしていました。
彼が初めて覚えた挨拶は、その本の影響で「こんばんは」でした。朝でも昼でも「わーわーわ」(こんばんは)とお辞儀をしていました。

とっても短くシンプルな内容なのですが、出てきたおつきさまが途中、隠れてしまったり、にこやかにまた出てきたり、ドラマチックに思えていたのかもしれません。
その後、しばらくその本から離れていたのですが、先日、生協でその本を扱っていたので、思わず購入してしまいました。
久しぶりに改めて読むと、次男は読んでいる私の顔を見つめながら、くもがおつきさまを隠しそうになるときに困った顔をしたり、でてきたおつきさまのように笑顔で読んだりするのを、楽しそうにマネをしていました。