アドヴェント

今年は11月27日からアドヴェントになりました。
アドヴェントとは、イエス・キリストの誕生を待ち望む
季節ということで、12月25日のクリスマスより4つ前の
日曜日から始まります。
ですので、毎年、始まりの日は異なります。教会では
まるいリースに4本のろうそくを飾り、日曜日ずつ
火をつけるろうそくの数が増えて行き、4つのろうそくに
火がついた週にクリスマスを迎えます。
これを、アドヴェントキャンドルといいます。
また、アドヴェントカレンダーはいくらか知られていると
思います。
こちらは、12月1日から始まっていますが、1日ずつ
窓を開けていくカレンダーです。
今年、我が家では、セサミストリートの
アドヴェントカレンダーを用意しました。1日ずつ開けて
いくと1つずつチョコレートがでてくるものです。
先週あたりに購入したのですが、上の子は、
「12月1日まで、ダメなの?」
と、待ちきれない様子でした。
去年は用意するのを忘れてしまっていましたし、一昨年は
まだ、上の子も小さく、すぐ忘れてしまうので、開けて
いない窓があったりしたのですが、今年は間違いなく、
すべて開くでしょう。
チョコレートを楽しみにするだけでなく、本来の
「アドヴェント」の意味も知ってほしいな。と親は
思っているのですが、それは、どこまで達せられるか、
親の宿題です。