vsftpd インストール

vsftpd インストール
make
make install

cp xinetd.d/vsftpd /etc/xinetd.d
cp RedHat/vsftpd.pam /etc/pam.d/ftp

vsftpd.conf の中身

anonymous_enable=no
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=002
dirmessage_enable=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
xferlog_std_format=YES

userlist_enable=YES
userlist_deny=YES

chroot_list_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
use_localtime=YES

vsftpd.chroot_list
ログインディレクトリより上位に移動させたいユーザーを登録する。

vsftpd.user_list
ログインさせたくないユーザーを登録する。
root
bin
daemon
adm
lp
sync
shutdown
halt
mail
news
uucp
operator
games
nobody

mysqlのインストール

miracleLinux 3.0
mysql-3.23.58

まずはrootで作業

ソースの展開
# tar zxvf mysql-3.23.58.tar.gz
# cd mysql-3.23.58/

グループとユーザーを追加する
# groupadd mysql
# useradd -g mysql -s /noexists -d /usr/local/ mysql

# ./configure –prefix=/usr/local/mysql –with-extra-charasets=all –with-charasets=ujis
# make
# make install

データベースの初期化
# scripts/mysql_install_db

mysqlのオーナーとパーミッションの変更
# chown -R mysql /usr/local/mysql
# chgrp -R mysql /usr/local/mysq

mysqlの起動
# /usr/local/mysql/bin/safe_mysqld –user=mysql &

動作確認
# /usr/local/mysql/bin/mysqladmin version

終了方法

# /usr/local/mysql/bin/mysqladmin shutdown

/etc/ld.so.conf に
/usr/local/mysql/bin を追加する
追加したら
# ldconfig
を実行して反映させる

linuxでDVD-RAM

linuxでDVD-RAM
miraclelinux3
linuxでDVD-RAMを使う

 IDE接続のDVD-RAMを起動時にscsiとして認識させる
 grub.confにパラメーターを追加
  kernel /vmlinuz-2.4.21-9.29AX ro root=LABEL=/ hdb=ide-scsi
  hdb=ide-scsiを追記する
 
 下記のコマンドで、ドライブが認識されているか確認する
 cat /proc/sys/dev/cdrom/info
 cat /proc/scsi/scsi
 
 領域の確保とフォーマットは、windowsで行ってもよい
 FDISKで、領域を確保する
 fdisk /dev/scd0
   領域のフォーマット
 mke2fs -b 2048 /dev/scd0
 
 マウント
 mount -t ext2 /dev/scd0 /mnt/dvdram/
 ext2でフォーマットされている場合はext2を
 windowsでFAT32でフォーマットされている場合は、vfatをタイプとして指定する。

postgreSQL8.0.4 インストール

postgreSQL8.0.4 インストール
MiracleLinux3.0
PostgreSQL 8.0.4

入手とインストール
http://www.postgresql.org/

ユーザーの追加
# adduser postgres
# passwd postgres
ソースの展開用およびインストール用ディレクトリの作成
# mkdir -p /usr/local/src/postgresql-8.0.4
# chown postgres /usr/local/src/postgresql-8.0.4
# mkdir -p /usr/local/pgsql
# chown postgres /usr/local/pgsql/

ここからはユーザーpostgresで作業を行う

# su – postgres

ソースの展開
# tar zxvf postgresql-8.0.4.tar.gz
# cd postgresql-8.0.4

コンパイルおよびインストール
# /configure
# make
# make install

環境設定
# vi /home/postgres/.bashrc

.bashrcに追加設定
PATH=”$PATH”:/usr/local/pgsql/bin
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH=”$MANPATH”:$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH=”$LD_LIBRARY_PATH”:”$PGLIB”

設定の反映
# source /home/postgres/.bashrc

データベースの初期化
# initdb –encoding=EUC_JP

postmasterの起動
# postmaster -S -i

rc.localを利用した自動起動の設定
/etc/rc.d/rc.localに追加する

POSTGRESDIR=/usr/local/pgsql
if [ -x $POSTGRESDIR/bin/postmaster -a -d $POSTGRESDIR/data ];then
rm -f /tmp/.s.PGSQL.5432
su – postgres -c “postmaster -S -i”
echo -n ‘postmaster ‘
fi

外部からのアクセス制御は、
/usr/local/pgsql/data/pg_hda.conf
に記述する.

apacheのインストール

apacheのインストール
MiracleLinux 3.0
apache 1.3.34

入手とインストール
http://www.apache.jp/

rootで作業

ソースの展開
# tar zxvf apache_1.3.34.tar.gz
# cd apache_1.3.34

コンパイル
# OPTIM=”-O2″ ./configure –enable-module=so
インストール
# make
# make install

apacheの起動
/usr/local/apache/bin/apachectl start

もちろん必要に応じて
/usr/local/apache/conf/httpd.conf
を適宜修正する

LinuxでスクリプトをシフトJISで保存し、シフトJISでブラウザへ出力ときの設定

LinuxでスクリプトをシフトJISで保存し、シフトJISでブラウザへ出力ときの設定
http://tsuttayo.sytes.net/

output_buffering = Off

magic_quotes_gpc = Off

default_charset = Shift_JIS

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = SJIS
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = SJIS
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none