地震とストレス・・・

3.11の地震当日は、仕事場にいた。
東京タワーのさきっぽが曲がってしまったことに驚いた。
家族が車で迎えに来てくれたのだが、普段20分の道のりが3時間半かかった。
その日以来、毎日、緊急地震速報は流れている。
もうじき2歳になる四男は、「ジチン ドンドン」としゃべっている。
「地震、震度2。20秒後」をまねているのだろう。

そんな中、次男は卒園した。
地震の翌週だったのだが、かなりばたばたとした中で迎えてしまった。
でも、というより、だからこそ、泣けてきた。
長男がいたから、いやがることなく保育園に行き、2つ下に弟がいるために何かと
後回しになってきていたように思う。
その上、震災のため、謝恩会を延期、思い出遠足は中止・・・。
今、給食には牛乳が出ていないらしい。「牛乳、命!」の次男なのに・・・。

我が家でも、牛乳が手に入りにくいのは堪える。朝、出勤時間を遅らせ、
「お一人様1本ずつ」の牛乳を夫と買いに行く。

三男は、かなりストレスがたまっている。その矛先は四男に向かう・・・。
ただ四男が見ていたというだけで四男を突き飛ばしたり、たたいたり・・・。

長男も、先週は「頭が痛い」と言いだした。診察を受けると「ストレスね」とのこと。

でも、見かけでなく誰よりもストレスをためているのは夫かもしれない。
阪神・淡路の震災の時、ボランティアを長期で行い、「被災地」の現場をしっている。
ボランティアとしてでなくても、現地に行きたいと思っているはずだけれど、私たちが
いるために、自由になるお金と時間がない。
かといって、今時、情報は溢れんばかりに押し寄せる。
その上原発。
子供を守るために、かなり多くの情報を集め、消化しようとしている。
ストレスになるのは、仕方ない。

私?幸いにも、あまり「知りたがり屋」ではないし、倍になった仕事量と
まとわりついてくる子どもたちのおかげで、地震によるストレスはないハズ。
私くらいは、脳天気にしていないと。

Like a singing… Like a dancing…

「不惑」へのカウントダウン


39歳になった。
「不惑」まであと1年・・・。
それにしても、誕生日当日も、
「早くご飯食べなさい!!」
「遅刻しないで学校行け!!」
「野菜も食べなさい!!」
「(お風呂からあがったら)裸のまま遊ぶな!!」
などなど、怒鳴りっぱなし・・・。
子供に振り回されてばかりで、「不惑」など遠すぎる・・・。

洗濯機の排水パイプが破け、修理するのに、子どもたちを実家に預け、
パイプを買いに島忠へ、誕生日デート??
その後他の買い物に、商店街へ出かけたら、大崎の教会の信徒さんに会い、立ち話。
その後八百屋さんで再会したら、「誕生日でしょう?」とその場でイチゴを買っていただく!
実家から帰ってきた二男・三男はプレゼントを作ってくれていた。
次男はおひな様と包み。三男はりぼんと箱。

中身は・・・。
お財布とお札!!
お札は10000 だったり、5000 だったり。
中には0005 というのもあった。
お金じゃないのかな?
三男は絵も描いてくれた。
「ひまわり」だそう。
あったか〜い気持ちになった。

運動会


保育園の運動会が終わった。
次男は、最後の運動会!「はじめのことば」を担当した。
兄ちゃんがいたので、0才で入園したときからあまり嫌がることなく過ごしてきた。
長男の卒園アルバムに、運動会の時の集合写真があるが、ちゃっかり写っている。
それが、来春は小学生!!
あっという間のできごとだった。

運動会は、3人保育園児だとかなり忙しかった。
その他、写真!ビデオ!保護者競技!!
それこそ、座る暇もないくらいだった。

運動会が終わると、キンモクセイの香りがしてきて、「秋」半ばとなる。
これから、遠足、保護者参観、就学前健診と続く。
あ、その前に予防接種も受けさせなきゃ・・・。
またまた、バタバタと1年は過ぎていく・・・。

最近のブーム??

あつ〜い!!
8月もそろそろ終わりに近づいているって言うのに!

この年まで、ビールをおいしいと思うことがなかった。
25を越えたあたりで一口目を「おいしい」と感じることがあっても、
その後、そのおいしさは続かなかった。
だからこそ、あまり「飲みたい」って思うことがなかった。

ところが、この暑さからか、ストレスがたまっているのか、
ココのところ、ビールがおいしい。
子どもたちが寝てしまった夜中、夫と「真夜中ビール」。
これが、けっこう心地良い。

あれぇ?ずっと味覚だけは子どものまま、だったんだけどな・・・。

体力に問題が・・・。

すごーく久しぶりに更新する。
前に書いたのは11月だから、その間、正月があり、
38歳になり、4男の保育園決定があり、進級・入園があり、
4男は1歳になり、父さんは39歳になり、3男は4歳になった。

仕事をして、帰れば父さんが食事の準備はしてくれている。
洗濯物も父さん担当。お風呂も結構な割合で父さんが4人を入れてくれている。

それなのに・・・。子どもたちを寝かしつけると自分も寝てしまう。
その後に起きて何かすることが出来ない。
3男までは、仕事と家事ほとんどが私の担当だった。
子どもを寝かしつけてから、終電あたりで帰ってくる父さんの食事に
つきあうこともできた。
今は、かなり負担は減っているはずなのに、できない。

寄る年波には勝てないって現実。キビシー!

ドタバタ松山旅行記 その1(準備編)

10月16日から18日まで、松山へ家族6人の大旅行をした。
思えば、1年以上前、私の弟が「結婚する」と言い出した。
相手はハタチ!父さん・母さんは心配し、「もう少し考えろ」と言ったらしい。
思うに、30越えたオトコが、ハタチの子と結婚すると言い出したのなら、「早くしちゃいなさい」
っていう方が、良いのではないか?それがハタチの子の親なら「もっとよく考えろ」
だけれど、30過ぎてようやく結婚する、しかも若い子と、っていうのなら、相手の
考えが変わらないウチにしたほうがいいと思うけど、どうなんだろう・・・?

ま、とにかく、弟は待たされながらも、今年の3月入籍をし、10月に結婚式をすることになった。
さて・・・。
相手は松山に住んでいる。そして弟は広島在住。出会ったのは松山。当然、結婚式も松山・・・。
9月、正式に招待状が届く。結婚式の日は連休でもない普通の土曜日・・・。
まずは、6人で参列すると返事を出す。
それからが大変!
まず、何で行く?荷物を考えると車が楽だが、10時間??
新幹線も、海を渡るので難しい。
宿は?チビがいるからベッドは無理。和室のあるところ??
夫が「ネットで調べたけど、6人だと30万くらいかかるよ」と言い出した!!
「うそ〜・・・・」頭がクラクラする・・・。
私が調べてみると、あれ?半分で収まりそう。
5月に3歳になった、すっごいおしゃべりの三男に、
「飛行機乗るときは2歳ね。」と言い聞かせ、大人二人、子ども二人、乳幼児二人で計算する。
羽田・松山往復、道後温泉のホテル2泊で申し込む。
ところが、金曜日午後5時の飛行機が満席。1時45分なら取れると言う。
とりあえず、そちらで申し込み、5時の便はキャンセル待ちにした。

次に、「衣装」。親族の結婚式だし、それなりの格好をしなければならない。
父さんは礼服。ママはおばあちゃんのお下がり。次男はシャツ・ズボン・ジャケット・靴
全部そろっている。長男はジャケットが無く、三男はシャツがない。Babyはこの際、なんでも有り。
身長130センチの男の子のジャケットって、あまり売っていない・・・。
結局、ランドマークタワーのH&Mへ行き、ジャケットではなくベストにし、三男のシャツもそろえた。

飛行機は、とうとうキャンセルが出ず、長男は金曜日、学校を休むことになってしまった。
家族6人の「衣装」と普段着。それだけで、大小のトランク2個、リュックサック、手持ちの鞄・
ベビーカー。ホントに大移動・・・。

着実に忍び寄る魔の手・・・

キャー!!!
インフルエンザの魔の手が・・・・。
長男のクラスが学級閉鎖!1クラスなのでイコール学年閉鎖。
先週金曜日にそのお達しが来て、土曜日から4日間、すなわち今日までの予定だった。
ところが、昼頃、「品川区緊急連絡」のメール・・・。
「今日現在、11名の感染者と2名の発熱している児童が確認されたため、12日まで
学級閉鎖を延長します」とのこと!!
確かに、隣の同級生も、前の同級生も、裏手に住む同級生も発症中・・・。
着実に近づいている・・・・。キャー!!!

4ヶ月健診+・・・(汗)

10月7日、四男の4ヶ月健診があった。
すでに5ヶ月と2日。まわりより、少し大きめ?

まず保健士の問診。
飽きさせないようにという配慮と、成長を見るために、すずをだしてくださる。
もう、欲しくて必死に追いかける四男。
「あら、もうこの子手が延びてくるのね。成長がいいわね」
と言われた。当然の動きだと親は思っていたので、ちょっと意外。
「お兄ちゃん3人いたら、頑張らないといけないもんね。」
と保健士も納得した様子・・・。
次に身体測定。
出生時、3640グラム51.2センチ。
1ヶ月で5470グラム57.0センチ。
今回は7640グラム66.4センチでした。
1ヶ月健診までは、特大級だったのが、普通クラスになった。母乳が足りないかな?
小児科医の診察。
「とっても元気だね」と太鼓判を押していただく。
でも、「肌は乾燥に弱いかもしれないよ」とのこと・・・。
確かに、ここのところ、顔を掻いてしまい、ひっかき傷が絶えない・・・。
最後にBCGの接種。
長男の時から、BCGの接種の時にいらっしゃるおばあちゃん先生が、してくださった。
体を固定されて泣き、針を刺されて大泣き!
その後、これからの生活についての講習があったが、4人目ということで、パスして帰った。

その夜・・・。
食事を終えた直後、抱っこしていた手がひっかかり、お茶碗を落として割ってしまった。
リビングの方に避難させていると、三男はペンに付いていたハンコで遊んでいる。
調子に乗って父さんも四男に緑色の渦巻きのハンコをほっぺに押していた・・・。
父さんがお風呂の準備をしている間に掃除機をかけていたら、「おぇっ!」という声がして、
三男が四男を見て慌てている・・・。
慌てて近づくと四男ののどに白いものが見えて、消えた!!
「何か飲んだ!!!」
逆立ち状態にして背中を叩くも、何も出てこない。
でも、まだのどにひっかかっているのか、むせこんでいる。
周りを見ると、前にIKEAに行ったとき持ってきた、紙のメジャーがちぎれている。
これだ!!
でも、どれだけの量を飲んだのかはわからない。
むせつづけていたので、父さんは昭和医大の救急に電話し、判断を仰ぐ。
「すぐに来てください」ということだったので、ほっぺについたインクもそのままで、
タクシーで連れて行った。
もう、病院に着いた頃には、むせかえることもなく、普通に戻っている・・・。
しばらく待って、呼ばれると、四男は、先生に向かって愛想良く笑っている・・・。
「大丈夫みたいですね」と言われてしまった。
それでも、一応、胸の音を聞いて、のどの奥もみていただいた。
「声帯の所まで見ましたが、引っかかっている様子もないので、2.3日で出てくるでしょう」
とのことだった。
「ほっぺの緑色はインクですよね」と聞かれたので、
「はい。お兄ちゃんにいたずらされました」と答えて置いた。ゴメンね兄ちゃん達・・・。

それから1週間。
紙は塊で出てくることはなく、いくらか、つぶつぶになって出てきていたようだった。

ちゃんと片づけをしなくちゃ!と思いつつ、夕方になると、散らかった部屋を見て
ため息をつくばかり、の母なのでした・・・。

いつのまに・・・?!


8月28日、長男は9歳になった。
私自身、「ママ歴9年」ということだ。
いつのまに・・・?!
Babyが生まれたことで、まだまだ「赤ちゃんのママ」
気分でいたけれど、
写真を見ると、まざまざと「1少年のママ」であることがわかる。
「年をとった」と言ってしまえばそれまでだけど、「年月の積み重ね」というだけじゃすまない試行錯誤がある。
特に長男は、「初めて」ということ「異性」ということ、
そして「自分自身の鏡」であることが一番強く感じ取られるので、彼が成長していくことは、
そのまま私が母親として成長していくこととイコールだと感じている。

さて、私はどんな「ママ」に成長したというのだろう?
毎日、怒鳴ったり、わめいたり、泣いたり・・・。頑張りが空回りすることも多い。
子どもたちが最近毎日「ママ、かわいいよ」なんて言ってくれると、逆に
「気をつかわせているのかな」と思ってしまう・・・。
もちろん、子どもたちも私の顔色を伺っているだけでなく、掛け値なく
そう感じているときもあるはず。

あと10年もすると、全員が今の長男を越えていく。
楽しみのような・・・恐いような・・・。

鼻カゼ(四男)

今日ホントは、「4ヶ月健診」というタイトルで、そのことを書く予定だった。
ところが昨日、朝と日中、2度も四男は吐いてしまった・・・。
急遽、保健所ではなく、お医者さんに行くことに。
朝から鼻水もひどく、くしゃみをするとダラ〜ンと出てしまう。(汚い話でゴメンナサイ)
やっぱり、「鼻カゼ」。セキはないので、抗生剤はなく、鼻水を止めるシロップをいただいた。
吐いてしまったのは、鼻水がのどまで行ってしまったからではないか、ということだった。

愛想のいい四男は、先生が聴診器を胸にあてると、ニコニコしている・・・。
でも、のどを見るとき、鼻水を吸うときは大泣き!
「はっきりしてるわね。」
と言われてしまった。

4ヶ月健診は、来月7日に延期。すでに5ヶ月になっているけど・・・。